エッチ体験談が10000話を突破しました。

恋人のハメ撮りを見てしまった思い出

元彼さんから投稿頂いた「恋人のハメ撮りを見てしまった思い出」。

大学生の時に付き合ってた女子大生の彼女のPCに、元彼とのハメ撮り動画を見つけてしまったことがあります。
彼女が買い物に出かけている間、ちょっとHDDを覗いて見つけてしまいました。
いつの間にか買い物から帰ってきた彼女が後ろに立っていて、
「それ・・・見ちゃったんだ・・・そう言えば、消してなかったやつがあったんだ・・・」

彼女はホンワカして可愛い女の子でしたが、処女ではなかったから元彼がいたのは分かっていたけれど、実際見てしまうとかなりショックでした。

データの日付を見ると1年前、彼女が2年生の夏のハメ撮りでした。
素っ裸の彼女がが横になるところから始まり、足を開くと既に濡れたオマンコがクパァ、そこに元彼のペニスが生のままズブリ・・・彼女がウットリとした表情になりました。
挿入部分がアップになり、ゆっくり出し入れされるペニスに引っ張られるように、彼女のオマンコがめくれました。
「ああ・・・ああん・・・」
彼女が感じ始めたところで画面が切れると、急に場面が変わりました。

今度はカメラが三脚に固定され、斜め上から撮影されていました。
彼女をクンニする時、元彼の顔が映りました。
女誑しで有名なお金持ちのボンボンの先輩でした。
クンニからペニスを挿入され、腰を振り、彼女が乳房を揺らして喘いで元彼がお腹に射精するまで約5分、結合部もチラチラ映り、それなりに興奮する内容でした。

次のデータは夏休みが終わった直後の日付で、彼女は高校時代の夏の白いセーラー服を着ていて、とてもよく似合っていました。
元彼に言われて、夏休みに帰省した時に持ち帰ったようです。
ホンワカした可愛い彼女がセーラー服着ていると、本物の女子高生みたいでした。
セーラー服を着たまま、仰向けの元彼のペニスをフェラ、そして彼女がセーラー服のスカートを脱ぐとノーパンで、彼女は跨りながら元彼のペニスを持ってオマンコに入れながら、ゆっくりと腰を落としました。
「ああん・・・」
と、とても虚ろな表情になり、腰をクインクインと回し始めました。
元彼の胸に手を突いて腰を回す彼女のセーラー服のスカーフが、元彼の目の前で揺れていました。
やがて元彼は下から突き上げはじめると、彼女はたまらず仰け反り、元彼がつきあげるたびにセーラー服の襟がパタパタと羽ばたきました。

元彼は、カメラの方に結合部が映るように、彼女を跨らせたままゆっくりと回転しました。
そして彼女を抱き寄せると、結合部がカメラの前に丸晒しになり、彼氏が突きあげるたびにペニスが彼女のオマンコに出し入れさ、愛液が白濁してゆくのが映っていました。
夏の白いセーラー服の襟は紺色で、その襟に白い線が二本、騎乗位の後ろからの撮影は、そんなセーラー服の清楚な襟の白いラインと結合部の取り合わせが妙に淫らでした。
すると、ズンッ!と大きく腰を突き上げると、彼女は、
「あああ~~~だめぇ~~」
と大きな声をあげたと思ったら、元彼のペニスが萎えて彼女のオマンコからニュルンと飛び出し、彼女のオマンコから元彼の精液がコポコポと泡と共に流れ出ました。

中出し・・・元彼の精液が彼女のオマンコに・・・絶望的な場面に肩を落としたとき、後ろから彼女の声がしたのです。
「それ・・・見ちゃったんだ・・・そう言えば、消してなかったやつがあったんだ・・・」
「ごめんよ・・・勝手に見て・・・」
「ううん、忘れてた私が悪いんだし・・・」
「あの先輩と付き合ってたんだね。知らなかったよ。」
「うん・・・先輩が卒業しちゃって別れたんだ・・・あの・・・そんなの見ちゃったら、もう、付き合えないよね・・・」
「そんなことないよ・・・俺も、セーラー服着て欲しくなったよ・・・」
「わかった・・・着てあげる・・・でも、撮影は・・・」
ハメ撮りはさせてもらえませんでしたが、その後、卒業するまでの1年半、彼女には夏物と冬物のセーラー服を着てもらって、セックスを楽しみました。

結婚が決まったので、婚約者には見られたくない写真を整理していたら、セーラー服姿の大学時代の元カノの写真が出てきたので、つい、思い出して書いてみました。

27+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!