エッチ体験談が11,000話を突破しました。

本番をOKしてくれたデリのみくるちゃん

PR

アキラさんから投稿頂いた「本番をOKしてくれたデリのみくるちゃん」。

たまには風俗体験も投稿します。

今から7年くらい前
デリへルのサイトで見つけたのが『みくるちゃん』

サイトにはツインテールにJKの制服を着てペたんと床に座ってる写真が掲載されており、ある程度パネマジを覚悟してたけど、ホテルの部屋にやってきた子は写真修正一切無しで、なんなら写真よりも可愛い女の子。

サイトには20歳とかいてあったが、肌も綺麗で本当のJKにも見えるぐらい。
みくるちゃんは入って来るなり、床に跪いて俺のペニスを取り出すと即尺。
まだシャワーに入ってない俺のモノを本当に美味しそうにしゃぶってくれた。

簡単にお喋りもしたが、明るくて話も楽しく、シャワーの最中も丁寧に身体中を洗ってくれた。

ベッドに移ってからは騎乗位素股が始まったが、この素股が本当に凄かった。
みくるちゃんの肉ビラとローションを付けた手でシゴいてくれるのだが、まるで本当に挿入しているような感覚で、何度も『ホントに入ってないよね?』と確認してしまったぐらい。

この日はあっという間にイカされて終了。
『また呼ぶね』と言ってバイバイした。

翌月再度みくるちゃんを指名
ホテルの玄関で再会すると、みくるちゃんも『また呼んでくれてアリガト』と熱烈なディープキスをしてくれた。

前回は終始みくるちゃんに責められて、あっという間にイカされてしまったので、この日は俺から責める事に。
かなり気合を入れて乳首責めとクンニをすると、みくるちゃんのアソコは大洪水になってくれた。

最後はもちろんみくるちゃんの騎乗位素股だったが、どうしてもみくるちゃんとしたくなった俺は、本番を持ちかけてみた。
みくるちゃんは『えー、本番はダメだよー』となかなかOKしてくれなかったが、寝バックてお尻の割れ目を使った素股に持ち込み、事故を装って先端を軽く挿入。

みくるちゃんは『ダメっ!』って軽く腰を浮かしたが、その動きのせいで余計に挿入されてしまった。

俺『お願い』
みくる『えー、お店の決まりでダメなことになってるんだけど……』
俺『内緒にしとくからさ』

そう言って俺はゆっくり根元まで差し込み、後ろからみくるちゃんを抱きしめた。
そこからみくるちゃんも何も言わなくなり、俺のされるがままになった。
みくるちゃんの中はかなりキツく、後で聞くと一年以上彼氏無しで、エッチもしていなかったそうだ。
みくるちゃんは何度も『内緒にしてね。今回だけだからね』と繰り返していたが、フィニッシュは俺と一緒にイッてくれた。

少し時間をオーバーしてしまったが、みくるちゃんの綺麗な背中に大量の精液をぶちまけて終了。

そのまた翌月みくるちゃんを指名
前回みくるちゃんから『今回だけだからね』と何度も言われていたため、大人しく騎乗位素股で我慢していたが、真っ暗闇の中で素股とは違うキツい締まりを先端に感じた。

俺『もしかして先っぽ入った?』
みくる『入ってないよー。』

しかしその後も何度か先端に素股とは違う締まりを感じる。

俺『やっぱり入ってるよね?』
みくる『入ってないよー……入れるって言うのは……こういうこと』

そう言うとみくるちゃんが深く腰を沈める
携帯のライトを照らすと俺のモノがみくるちゃんの中にずっぽり収まっている。

みくる『えへへ、今日はしないのかなーと思って』

俺はそのまま突き上げようとしたが、みくるちゃんはアッサリ引き抜いてしまうと『今日はゴムつけてね』と可愛く笑った。

ゴムが破れるんじゃないかってくらいキツいみくるちゃんのマンコの中で大量発射
みくるちゃんはゴムを外してお掃除フェラもしてれた。

それからもみくるちゃんを何度か指名したが、ある日を境にサイトから名前が消えてしまった。
やめちゃう前にもう一度呼びたかったなぁ

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR