エッチ体験談が11,000話を突破しました。

夫には絶対秘密の恥辱で淫乱な過去

PR

美智子さんから投稿頂いた「夫には絶対秘密の恥辱で淫乱な過去」。

結婚して12年、38歳の主婦です。
私には、今から16~17年前、大学3~4年にかけて、とても夫には言えない淫らな過去があります。
当時、失恋して落ち込んでいた私の心の隙を突いた9歳年上の男性に、不思議な魔法をかけられてしまいました。
とても優しくされて、つい、身体を許してしまったのですが、数か月後にはメロメロにされていました。

それは、凌辱される羞恥に潤んでしまうマゾの魔法でした。
少しずつ手懐けられて、目覚めさせられたマゾの快楽に悶え泣くようになっていました。

身体を縛られ、クリキャップで吸い出されたクリトリスをローターで責められ、切なく身を捩りました。
快感に耐えて収縮する肛門にはアナルボールを入れられ、引き抜かれるたびに嗚咽していました。
頑なったペニスで激しく突かれ、悶えて全身に精液を浴びていました。
吸い出されて赤く熱して剥れたクリトリスは、ローター責めに大量の潮を噴かされ、執拗なバイブ責めで蕩け出したアソコからは、中で射精された精液を垂れ流していました。
吸い出されたクリトリスには、先端にリングがぶら下ったピアスが通されました。
そして、それらの様子は撮影され、投稿雑誌に数回掲載されました。

大学を卒業して東京を離れる時、最後の夜は恥辱行為は無く、ピアスは外され、
「楽しかったよ。本当は君を失いたくない。今までの行為は、僕の愛情表現だったんだよ。愛してるよ・・・」
と言われて優しく抱かれたら、翌朝にはマゾの魔法が解けていました。

地元に戻って就職しましたが、なかなか恋愛に踏み出せませんでした。
男女の関係になって、アソコを見られたとき、赤く剥れたクリトリスはまだしも、そこに穴が開いているのを見られたら、それが何を意味するか知られることが怖かったのです。
それでも、人を好きになることは止められず、24歳の時に夫に恋してしまいました。
どうしようもない葛藤の中、思いを堪えていましたが、半年後、夫から告白を受けてしまい、もう、それ以上我慢はできませんでした。
何度もベッドに誘われましたが、のらりくらり、でも結局、ピアスを外して2年後に夫に抱かれました。
夫にクンニされているとき、クリトリスの穴が見つかりませんようにと願いつつ、吸われて赤く剥れたクリトリスは敏感なので、のた打ち回るほど感じてしまいました。
「クリトリス、綺麗に剥けてて敏感なんだね。」
と言われた時は、心臓がバクバクしました。

26歳で結婚して12年、先日、古本屋さんの男性誌コーナーの前を通り過ぎたとき、昔、私の痴態が掲載されたことのある投稿誌を目にして、ドキッとしました。
まさか、16年前の雑誌が・・・いくら目線入りでも、夫が見たら私の裸は・・・もう一度戻ってさりげなく見たら、10年前のものでした。
でも、あの時の記憶が蘇って、疼いて濡れてしまって、その夜、夫を求めてしまいました。
「お前から誘うなんて、珍しいな。そうかそうか、俺のが欲しいか。」
夫に抱かれながら、あの恥辱の快楽を思い出して、すっかり乱れてしまった私でした。

30+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR