エッチ体験談が11,000話を突破しました。

初めての人はSNSで知り合った遠距離のおじさんです

PR

しほさんから投稿頂いた「初めての人はSNSで知り合った遠距離のおじさんです」。

しほ(仮名)20歳です。
わたしが中学3年の時の話です。

わたしはクラスの中でも比較的大人しく目立たない性格でした。それに背も低く胸も目立たないくらいでした。
友達は居ましたが特にエッチな話やオナニーの話になるとついていけないくらいの奥手でした。

でも友達に遅れたくなく少しでも話しについていきたくてスマホでエッチなサイトを覗いていました。
いろいろと見ているうちにツーショットのサイトを知り、18歳以下はダメなのを承知で年齢を嘘をついて入室していました。

最初は年齢の若い人と話していましたが、何日かすると47歳でロリ好きのおじさんを見つけ入室してみました。(おじさんは九州でわたしは関東です)
おじさんは何歳の質問にロリ好きなので正直に「14歳です」と答えてみました。

おじさんはとても嬉しそうにいろいろと質問してきました。
1時間くらいチャットしてその日は別れました。

そして次の日、おじさんの名前で「しほちゃん待ち」ってあったんです。わたしは昨日のおじさんだと思い入室しました。
おじさんはとても喜んでいました。
こんな感じで何日も話しているうちにおじさんとは仲良くなりチャットで楽しく話すようになってきました。そして一週間が過ぎた頃おじさんからエッチな話になってきました。

「しほちゃんは処女?」
「オナニーはしたことある?」
「おじさんはしほちやんと話してるとおちんちんが大きくなってきたよ」
とか平気で言うようになってきました。わたしはおじさんの言うことに大人の会話と思い込み、それと今までエッチな会話に奥手だったのでいろいろと知りたくついつい答えていました。

そしておじさんが「チャットで一緒にオナニーしようか」って言ってきた時、わたしもクラスのみんなみたいになりたいと思い「いいよ」って返事してしまいました。

ベッドの中でパジャマのズボンを膝まで下ろして、おじさんの言う通りに触り始めました。
「しほちゃん綺麗だよ」とか「しほちゃんのおまんこ美味しいよ」とか言われたのを覚えています。

そして一ヶ月した頃、おじさんとラインの交換をしてラインでいつも会うようになりました。画像を送りあったり、電話で会話をするようになってきました。

そんな感じでおじさんと性を教えてもらいながらあっという間に中学を卒業する日が来ました。

卒業して高校の入学式までの休みの日におじさんが「今度しほちゃんに会いに行くよ」ってラインが来たんです。
遠距離で会うことは無いと思っていましたが実際に会いに来るって言われた時は少し嬉しかったです。

そしておじさんと会う当日、約束の駅で待ち合わせをしました。わたしが先に駅にいると大きなカバンを引きづりながらおじさんが「しほちゃんだよね?こんにちは」と話しかけられました。

そしておじさんと二人でマクドナルドに行って少し話しをしていましたが、周りには親子にしか見えなかったと思います。
ホテルのチェックインまで三時間くらいありましたので、駅前のデパートに行き卒業お祝いにお財布を買ってもらいました。

そしてホテルのチェックインの時間になりおじさんの部屋に入りました。

おじさんはいきなりわたしを抱きしめキスをしてきました。わたしのファーストキスです。
おじさんは何度も会いたかったと言い強く抱きしめてきました。
わたしはおじさんとチャットやラインで一緒にオナニーをしていたので不思議と抵抗はなくおじさんを受け入れていました。

ベッドに横になっておじさんは
「今からおじさんはしほちゃんとひとつになるよ。いいね。」と念を押され、わたしは無言で頷いていました。
ベッドの上でおじさんは一枚ずつ丁寧にわたしの洋服を脱がせ下着だけになってしまいました。

おじさんも自分でパンツ一枚になりとうとう二人が全裸になっていました。
写メでおじさんのおちんちんは何度も見ていましたが、実際に見るのは初めてで、それに間近で見て大きくてびっくりしたのを覚えています。心の中でこんなに大きいのがしほの中に入るの?と思っていました。

おじさんはわたしの全身を愛撫してくれました。わたしは恥ずかしさもありましたが少しずつ声が出てしまい、「しほちゃん恥ずかしがる事はないから、気持ち良かったらいっぱい声を出してね」って言われたんです。その一言でわたしは感じる毎に声を出していました。

そしておじさんが「しほちゃん舐めてみようか」と言われ頷いて初めてのフェラチオをしました。
おじさんは「しほちゃん上手だよ。とても気持ちいいよ」と優しく声をかけてくれていました。

そしておじさんが「しほちゃんとひとつになりたい」と言ってきたのでわたしは仰向けになりおじさんと正常位でひとつになろうとしています。しかしおじさんが入れようとすると痛いので腰を引いてしまいなかなかひとつになれませんでした。
おじさんは優しく「今日は初めてだからここまででいいよ」と言ってくれました。でもわたしは「おじさん大丈夫だからひとつになりたい」と言いました。

少し休憩をして、おじさんは念入りにわたしを濡らしてくれました。
そしてとうとうおじさんとひとつになる事が出来、最初の痛さは徐々になくなり、わたしは気持ち良くなっていました。

その日おじさんは「泊まれない?」と言われましたが断り家に帰りました。
おじさんと次の日も会いエッチをしました。

わたしが初めてエッチしたのは父よりも年上のSNSで出会ったおじさんでした。

20+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR