エッチ体験談が10000話を突破しました。

三人の女子に囲まれて

けいじさんから投稿頂いた「三人の女子に囲まれて」。

中学生の時、僕には、大好きな人が二人いた。
一人は、ななみ。
僕と同い年で、小柄で、スリムで、とても美人だった。
もう一人は、りんな。
僕より一つ年上で、大人っぽく上品な感じの人(こちらもかなりの美人)だった。

どっちが好きなの?と、言われても、どちらも僕にとって、完璧な女性で、選べない。

そんな贅沢なことを言っている僕はというと、イケメンではないし、運動音痴だ。
自慢できるのは、体型だけで、クラスの男子の中でも、僕はインキャラだった。

ーーーーーーーーーーーーーー
ある日、いつものように学校に行く。
普通に時間が過ぎ、放課後になった。
すると、珍しく先生に呼び出された。

先生「ちょっと来なさい!」
僕「はい!どうしたんですか?」
先生「あなた、やってくれたわね」

ここまでは、怒っていると思っていた。しかし…
先生「あなた、この前の写真、入賞したわ!金賞!」
僕は、夏休みに、写真のコンクールに応募していた。

そのときに応募した写真が、入賞し、金賞(一位)だったようだ。
全国の中学生の応募した写真約1万枚から、僕のが金賞に選ばれたのだ。

僕「本当ですか!?」
先生「うん。間違いなくあなたが金賞!」

ーーーーーーーーーーーーーー

翌日、学校に行くとみんなから「金賞おめでとう!」と声をかけられた。

そして、数日後には、学校全体に広まり、後日開かれる朝会で、表彰されることになった。

ーーーーーーーーーーーーーー

後日、朝会が開会した。

僕は、表彰式の準備のためにステージ裏で待っていた。
校長の開会の挨拶、校歌斉唱が終わり、いよいよ表彰式だ。

僕の名前が呼ばれ、ステージに向かう。
ステージに出ると、僕は賞状を受け取り、みんなの前で、気持ちを話した。

そしてその日の放課後、事件がおきた。

僕が帰ろうとすると、廊下で後ろからだれかに呼ばれた。僕は振り返った。
すると、そこには、ななみが、立っていた。
そして、その隣にもう一人いる。なんと、りんなだった。

僕の好きな女の子が二人揃っていたので、少し緊張したが…

僕「どうしたんですか?」と、きく。すると、
ななみ「けいじすごい!金賞おめでとう」
りんな「けいじくんすごいね」と、言ってくれた。

そしてしばらく三人でお話しをしたが、また誰かに呼ばれた。
三人揃ってそちらを見ると、そこには一つ年下のまなみがいた。

僕「どうしたの?まなみさん」
まなみ「あの…」

まなみは、少ししてから、

まなみ「私、けいじ先輩のことが大好きです」と、いきなり告白してきた。

僕「えっっ」

ななみ「わあ」
りんな「あら…」

まなみ「先輩は、私のことどう思ってますか」
僕「うっ…」

僕は、好きな人の前で、他の人に告白されたので非常に困った。
でも、まなみは決して悪い後輩じゃない。

まなみ「すみませんでした。私なんかダメですよね。それでは…」
と、言ってまなみは帰ろうとしたが、まなみが可愛そうになり引き止めた。

そして僕は言った。
僕「LINE交換しよう」
頭の中が複雑になっていたのでそれしか言えなかった。

まなみ「ありがとうございます」

まなみは喜んでくれた。
すると、また驚くべきことが起きた。

ななみ「ごめんね。今まで黙ってたけど、 私もけいじが大好き。」
りんな「今だから言うけど、私もけいじくんが大好き。」

と、告白され、なんかもう、どう対応していいのかわからない状態になった。

とりあえず、三人とはLINEを交換し、その日は何もなかったかの様に家に帰った。

この日は三人に告白された。
しかもそのうち二人は、僕の大好きな人。

ーーーーーーーーーーーー
次の日、あの三人と放課後に体育館の裏に集合し、話しあった。

まなみ「昨日は、驚かしてしまいすみませんでした」

僕「大丈夫。すごい嬉しいよ」

ななみ「私もごめん」

りんな「けいじくん。ごめんね」

こんな感じで話し合いが始まった。
しばらく話し合っていると、なぜか僕の体の話しになった。

ななみ「けいじの体って、すごいセクシーだね。」
僕「あっ…そう…」

ななみ「ちょっと失礼」

ななみは、いきなり僕のズボンを脱がして、人が来ない女子トイレの個室に連れ込んだ。
りんなとまなみもついてきた。

すると、

ななみ「私をみて」

ななみは、スカートとパンツを下ろして、僕に見せてきた。
僕の目の前に少し毛の生えたマ●コがあった。
初めて見た女の子のあそこに僕は興奮した。
それを見た他の二人も、スカートとパンツを下ろした。

まなみは、毛のないツルツルマ●コ
りんなは、毛がななみより少し多いマ●コだった。

僕の息子は、元気にたっている。

ななみ「あなたのそのおチンチン私のマ●コに入れて」

僕は、言われた通り、ななみのあそこに息子を突っ込み、腰を揺らした。
すごい気持ちいい。

りんな「私もお願い。けいじくん」

まなみ「私もお願いします!」

そして、三人と、セッ●スした。

もう僕も、情緒不安定になり、つい…

僕「おしっこかけてください」と、いい、僕は裸になった。

三人とも僕めがけてたくさん出してくれた。

ーーーーーーーーーーーーーー

その日以降、三人とは、更に仲良くなり、女の子三人も、お互い、仲良くしている。

ーーーーーーーーーーーーーー

一カ月後、今度は、その四人でホテルに行くことになった。
もちろん目的は…

ホテルに集まるとすぐ、皆、裸になり、セッ●スしまくる。
時々女の子同士でセッ●スしている。

僕は、変態なので、あらかじめ用意しておいた3個の容器それぞれに、一人ずつおしっこを入れてもらい、持ち帰って、オナ●ーのおかずに保存することに決めた。

ななみは、僕の息子を自分のマ●コの中に入れ「おしっこ中にして」と、膣内放尿を求めてきた。

りんなは、大人しく、僕の息子を舐めたり、他の人のおしっこを飲んでいた。

まなみは、僕の息子から出た白い液体を興味深そうに見ていた。

ーーーーーーーーーーーーーー

それから数年後、僕が18の時に、四人でずっと生活して行くことに決めた。

僕の職場は、医師。
ななみは、主婦。
りんなは、会社員。
まなみは、飲食店でアルバイトしている。

今、僕は幸せです!

16+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!