エッチ体験談が9900話を突破しました。

年下の彼氏に好き放題されて…

みさとさんから投稿頂いた「年下の彼氏に好き放題されて…」。

私は今大学に通っている女子大生です。
実は私は高校生の時にとてもエッチなことをされました。

私が高校二年の時、一年の男の子と付き合い始めました。

彼はサッカー部でとても人気がありました。私は自分では思いませんが、周りからはとても可愛いと言われ、ネットでは何人も会いたいと言う人はいました。

ある日の帰り、一緒に帰っていると突然彼が私の耳にフッと息を吹きかけてきました。

実は耳がとても弱い私、突然のことに「キャッ」と声を上げ腰の力が抜けてしまいました。

昔から弱く、少し息を吹きかけられたり、触られたりするとすぐ腰が抜けちゃうくらい弱いんです。

突然のことに驚いた彼、でもすぐに私の耳をスッと触ってきました。
「やんっ」と反応してしまうと私の耳を触りながら人気のない神社に連れていかされました。

そのまま境内で膝の上に座らせられると彼のいじわるが始まりました。

後ろから私の弱点や、弱いことを聞かれ答えないと耳たぶを一撫で。私は耐えられず、耳、首筋、脇腹、お尻、言葉責め、と全て答えさせられました。

それを聞くと彼は首筋を舐めながら脇腹をくすぐってきました。
私はくすぐったさと感じる両方の刺激に「んふ、あぁん、やっ、あははははっ」と彼の膝の上でクネクネしながら反応してました。
そして万歳させられ「手を下ろしたら罰ゲームだよ」といい脇をくすぐってきました。
当然耐えられるわけもなく1秒で手を下ろしてしまい罰ゲーム。立ち上がらせてお尻を突き出すような格好にさせられお尻のラインをなぞるようにして触り始めてきました。
私は「んっ、やぁん」と感じてしまい手をどかそうとしても手を掴まれ片方の手で撫でられ続けました。

そして急にヒラッとスカートをめくってお尻を晒しました。

たまたま今日は苺パンツを履いていて、彼から「先輩はこんないやらしい下着履いているんですね」と言われ直接触られました。

普段は2人きりの時は名前で呼ぶため、先輩と呼ばれるとより私は反応してしまい、お尻をビクッと反応させてしまいました。

やがて私のアソコが濡れているのが分かると下着の上からギュッと押してきました。
「ひゃぁん」と恥ずかしい声を上げると彼は我慢できなくなってしまったのか、「先輩の初めて、俺にください」と言い下着を下ろして直接触り始めました。

やがて手を掴んでいた手もお尻とアソコを一緒に触りはじめ、私は「あんっ、あっ、だめっ」と言いながらも腰をくねらせて感じてしまいました。

そしてついに後ろでガチャガチャっと音がするとアソコに彼のオチ○ポ
が当たっているのがわかり、ゆっくりと入ってきました。

その時初めてだったのでとても痛かったので、悲鳴をあげながらも受け入れました。

そしてゆっくりと彼が腰を振り始めると最初は痛かったものの、すでに濡れている私の中はどんどん受け入れやすくなっていました。

五分もすると私は「ぁんっ、ぁんっ」と声を上げながら感じていました。

後ろから突かれるたびに打ち付ける音が響き渡りさらに感じてしまいました。

やがて彼のピストン運動に耐えきれなくなり、私は脚をガクガクさせながら崩れ落ちてしまいそのままいってかしまいました。

しかし彼はまだ満足していないようで私を抱き抱えて対面座位のような格好にさせられ再び腰を振り始めました。

今度は下からの刺激に耐え切れずトロンとした顔で感じてしまいました。
すると私の耳元で「先輩はこんなに感じてしまうんですね」と言われ、私は「はぃ」とだらしない返事をしながら反応してしまいました。

そのまま彼は私の耳を舐めながら腰を振り続け、「もう、我慢できない」といってどんどん腰を振る速度を早くしていきました。
私は、されるがままでついに逝ってしまった彼の精子を中に出されてしまいました。

彼は謝りながら抜きましたが、大丈夫と言って私は腰が抜け落ちてしまいました。

今はもう別れてしまいましたが、こんなに弱いのは彼のせいですね笑

19+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!