エッチ体験談が10000話を突破しました。

友人の娘はアグレッシブ「始まり編」

ネリネさんから投稿頂いた「友人の娘はアグレッシブ「始まり編」」。

友人の娘さんと関係を持ってしまいました。その体験を書きます。
関係を持って一年ずっと体の関係を続けてます。娘さん(仮称:凛、◎学4)が性に興味が出だして当時一人エッチもしてた。何故ならさわっていい声出してるの見ました。何時かは凛を抱いてみたいとの欲望もありました。

ある日、友人の家に泊まる事になり、お風呂に入ろうかなと思ってたら、奥さんが
「お風呂どうぞ。何なら凛も一緒に入ったら?」 
と言って来ました。凛は
「お兄ちゃん、お風呂に入ったら洗いっこしよ」
と言って来ました。俺はその時に悪戯心で乳首や豆触ってたら・・感じるのかな?ちとためしてみるか・・・と実践したんです。

洗い場の椅子に座らせて洗いだしました。洗う時に乳首をさりげなく弄ってたらだんだん固くなってきて俺は「気持ちいい?」と聞くと
「うん、お兄ちゃん洗うと気持ちいいね。」と言って来ました。 
更に今度は足を洗う時にそっと豆を弄ってやろうと辺りに到達したら水とは違うヌルッとしてるから、濡れてるのかな?と思って豆を弄ってたらだんだんヌルッと感が増してきた。

凛の顔を見たら、少し息づかいが荒く、「どうしたのかな?」と聞くと、「お兄ちゃんに体洗って貰うと夜にお母さんに内緒でお又触ってると気持ち良くなってくるのと同じ位気持ちいい。」
と言ってくるから、俺は「もっと気持ちいい事しよ。」と言って凛はを抱えて湯船に入り、対面に座らせて逸物をアソコにあてがったら凛は「おちんちん当たってるよ」と言ってくるから、俺は「大丈夫。気持ちいい事するんだよ。」と言って聞かせていざ挿入。

濡れてるとは言っても俺の逸物は太さ5センチ、長さ15センチ以上のモノを若いつぼみに入れるのだからすんなりとはいえ入らない。凛は痛いと言ってくるから「慣れたら凄く気持ちいいんだよ。」と誤魔化しながら入口を責めたらスルッと奥まで入りました。俺はあまりの締まりのよさにピストンできずにいました。凛は「痛いぬのなおってきてだんだん気持ちいいよ。」と言いながら逆ピストンされて・・・中だしをしてしまいました。

凛は「何か来る~あ~」とイってしまいました。おまけに感じすぎて放尿までしてしまう始末。処女喪失、中だし、いい経験をしました。絶対にお母さんに内緒。絶対言ったらダメと言い聞かせたら、「お母さんに内緒でまたしよ。」と言ってくるから「いいよ。今度は違う場所で」と言ったら「たのしみ~」と言ってました。

その一件以来、関係はつづいてます。セックスだと解ってるし、中だしも意味を教えて理解した上で関係はつづいてます。

16+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!