エッチ体験談が11,000話を突破しました。

タクシーの運転手さんと

PR

綾子さんから投稿頂いた「タクシーの運転手さんと」。

33歳既婚です。
先日タクシーに乗った時の話です。

実は私、運転手さんにパンツを見せてしまいました。

と言っても別にわざとではありません。

夜、会社から自宅までの帰り道の車内で、つい、眠ってしまったんです。

前の日あまり眠れなかったし、精神的に疲れていたせいもありました。

はっと目を開けた時、ありえない光景を目にしました。

私、タイトスカートを履いていたのですが、我ながら情けなくなるぐらい、だらしなく足を開いていたのです。

そしてその運転手さん、じっくりと私の両足の間をガン見していたのです。
しかも、すでに私の自宅に着いていたのに、 起こそうともせず、 天井のライトをつけて、しっかりと観察していたのです。

それほど短いスカートではなかったものの、 下着は見られていたと思います。
私と目が合うと、運転手さんは慌てて精算を始めましたが、さすがにまずいと思ったのでしょう。お釣りを渡す手が震えていて、動揺しているのは明らかでした。

足を開いていた私も悪いけど、だからといって覗いていいという理屈にはなりません。

少し腹立たしくなり、「今スカートの中見てましたよね? そんなことしていいと思ってるんですか?会社に言いましょうか?」とちょっとお説教したのです。

蒼白になった運転手さん、「申し訳ありません、申し訳ありません」と何度も謝ってきました。

「貴方が綺麗な人だったので、つい???」とか、

「この事は会社にだけは言わないでください」とも言ってきました。

その慌てた態度が何だか情けなくて、正直、怒る気が失せてしまいました。

「 脚を開いて寝ていた私も悪いので、この事は水に流します。訴えたりしませんから大丈夫ですよ。」 

そう言ってそのまま降りようとした時、 運転手さんがとんでもないことを言い出したのです。

「 あの、もう一度(パンツ)見せてくれませんか?」

???一瞬固まりました。

このオヤジ何言ってんだろうと思いました。

でも私が怒るより先に、 彼が自分の身の上話を始めたのです。

その話を聞いていくうちに、 彼のこれまでの人生があまりにも可哀想で、特に47歳で童貞だったのにはさすがに驚きました。

だからといって、私が下着を見せる義務はありません。 散々断りましたが、彼の「 あなたにしか頼めない」とか、「 あなたに断られたらもう生きていけない」の言葉に押し切られてしまい、 一切体には触れないことを条件に、下着を見せることを承諾してしまったのです。

車の中じゃ暗くて見えづらいし、私の自宅に招くのは抵抗があったので、場所を近所の公園の公衆トイレに移しました。

公衆トイレは不衛生なイメージでしたが、そこのトイレは思っていたより綺麗だったので安心しました。

そして彼に言われるがまま、スカートめくってパンツを見せたのです。

こんなことなら勝負下着にしとけばよかったと 後悔しましたが、彼は十分興奮していたようでした。

前から後ろから、じっくりと観察されていくうちに、私もだんだん変な気分になってきます。

パンツだけという約束だったのに、 胸も見てみたいと言われ、 躊躇しながらも、生のおっぱいを露出しました。
体には触れないという約束も、結局守られず、 気がつけばおっぱいを吸われたり、あそこを弄られたりしてました。

童貞だけにテクニックはイマイチでしたが、その一生懸命な感じには好感が持てました。

ここまで来ると私も使命感が湧いてきて、気がつけば自分から彼のズボンを下ろし、彼のイチモツを咥えていました。

彼のモノは、夫のよりもずっと立派でたくましく、思わず尊敬してしまいました。

最後は勢いで、壁に手をついてお尻をつき出し、 バックで彼を受け入れ、中出しまで許してしまいました。

めでたく彼は童貞喪失となったわけですが、今でも関係は続いています。

身体の相性の良さに、今では私の方が彼に夢中になってしまい、完全に彼の性奴隷と化してしまってます。

夫に悪いと思いつつも、当分はこの関係を辞めるつもりはありません。

35+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR