バツイチ同士で…

PR

ナオユキさんから投稿頂いた「バツイチ同士で…」。

オレ44歳 ナオユキ 妹 40歳 リサコ
親はとっくに他界している。2人とも子供無しのバツイチ。
不思議にお互いに結婚は懲り懲りと思ってる。嫌な別れ方してるからだろう。共通して浮気され、それが本気になり去っていった。
他人なぞ信用出来ない、そう感じていた。

オレが先に離婚し、妹はその1年後に別れた。
妹が別れる時には、知恵を授け慰謝料もキチンと払われた。
「ねぇ、お兄ちゃんと一緒に住んだらダメかな?」
断る理由は無かった。まだまだ仕事してるし、家事をやってくれるのは有難い。

「すぐおいで」
マンションの部屋が少し賑やかになった。
妹はアルバイトを始めて、家事の一切をこなしてくれた。
ある土曜の夜に、たまには外食しようと誘い高めのレストランに向かった。出張帰りで向かった現地に、オシャレした妹を見てドキッとした。
「お疲れさま!」
「ああっ…いやぁ、みちがえるな!」
「ちょっと恥ずかしいわ…こんな服久しぶりに着るもの。おかしくない?」
「いや、似合ってるよ」
「ホント?えへへっ…」
コースを頼み、ワインも楽しんだ。

「なんかお兄ちゃんとの生活も楽しい」
「そーだなぁ…リサコとこの歳で生活するとは思わなかったが、気心知れてるから気を使わなくていいよ」
「なんか夫婦みたいだね!」
「周りはそう見てるだろーな」
「そうね、ふふっ」
「なぁ、正直さ。再婚する気あるか?」
「うーん…もういいかなぁ。なんか他人と暮らすのは疲れるし、また一から始める気も起きないわ。お兄ちゃんは?」
「以下同文…」
「だよね?」
そんな会話から始まって、子供の頃の笑い話なんかツマミにした。

妹が思い出したように話した。
「ねぇ、私のファーストキスってお兄ちゃんなの覚えてる?」
「えっ?そうだっけ?」
「小1の頃に、まだお兄ちゃんのお嫁さんになる、なんて思ってた時よ。じゃあ約束だってキスされたのよ」
覚えてない。まぁ、他愛もない子供の行動だ。
「そりゃマセてたな」
「なんか思い出しちゃった…懐かしいなぁ、あの頃が」
「そうだな、オヤジも母さんもいたしな!」
帰り道。
駅から酔い覚ましに歩いた。夏前の涼しい風が心地良かった。

ふいに妹が腕組みをしてきた。
「おい、なんだ?」
「たまにはいいじゃない?こんないい女に腕組みされて、光栄に思いなさい!」
「はいはい…」
公園に入った。
「公園なんて久しぶりだよね」
「あの頃は大きく見えたけど、大人になると小さいもんだな」
コンビニで買った缶コーヒーを開けて、ベンチに座った。
少しの会話の後、沈黙が流れた。
妹のオレンジ色の口紅が、通りの街灯で光っていた。

妹がふとオレを見つめた。
「どした?」
「ねぇ…お兄ちゃんのお嫁さんになるって話だけど、あの時本気だったのよ…」
「ハハッ。そうか」
「ん」
妹は目を瞑って唇を少し出した。
「えっ?おい」
「私のファーストキスを奪った責任取って!」
「バカ!兄妹だぞ、あれは子供の話だぞ」
「…して」
なんか収まりそうになくて、軽く触れる程度なら、と思いサッと済ませた。

「ダメェ!もっとちゃんとして!」
「いや、ムリだよ」
「じゃあ5秒我慢してね」
それなら何とか…と思い、また触れた。
確信犯の妹はとたんに、頭に腕を回し舌を入れてきた。
「ううっ…ん!」
「ん…んっ…ぅん」
中々離れない。やっと離れた。
「こら!オマエ、いい加減に…」
妹は抱きついた。髪の匂いがいい。
「おい!リサコ…」
「ふふふっ…私、ブラコンみたい」

「えっ?」
「なんかね、お兄ちゃんと暮らしてから、あの小1の時が蘇ったみたいなのよ」
「いや、でもちゃんと結婚してたろう?」
「うん、だから忘れてた…でも、すごく心地いいの」
そして妹は耳元で驚く発言をした。
「ねぇ…私、お兄ちゃんの奥さんになろうかなぁ…」
「あのさ、分かってるんだろうな!奥さんって昼も夜も共になるんだぞ!」
「うん…お兄ちゃんならいい。お兄ちゃんは私じゃイヤ?妹はダメ?」
「いや、倫理っつーか、モラルっつーか…」
「あん、そーじゃなくてリサコを見てよ」
この展開には正気を保つのが精一杯だった。妹は突然何を言い出してるのだろう?離婚がよほどショックだった?おかしくなった?
そんな事1ミリも考えてなかったオレは、答えられなかった。
その日はそのまま帰った。

1週間が過ぎた。あれからリサコとも普通に生活している。
(諦めたかな)そう思ってオレも何も言わなかった。
土曜の夜。
いつも通り風呂から晩飯となり、お互いの部屋に捌けた。
ちょっと眠れる気がしないので、本を読んでいた。
[コンコン]
「お兄ちゃん、寝た?」
妹が顔を出した。
「ん?いや、どーした?」
「なんか寝付けなくて…」
妹はタンクトップにショートパンツ姿で入ってきた。

「そっか、酒でも飲むか?」
「実は…」と後ろから缶ビールが出てきた。
「なんだ、用意してるのか!」
「ヘヘッ…一緒に飲も」
ベッドに座り、グイっと飲む。
ふと、妹の姿をマジマジと見てしまった。
胸の膨らみは少し足りないが、ウェストもあるし足もスラっとしている。髪をアップにしてたが、うなじもキレイな方だろう。
口から少し漏れたビールの液が、鎖骨に向かって垂れた。

(バカ!何を見惚れてるんだ…)
「ねぇ、少し肩揉んでくれる?」
「あー、いいよ」
肩揉みを始めると、時々、タンクトップが浮いて乳房と乳首が見え隠れする。
小ぶりだが、垂れてはいない感じだ。
(ヤバイ)ドキドキしていた。妹の作戦なのは薄々分かっていた。
だが、皆さんもお分かりだろうが、一旦、性欲に炎が灯ると男の本能が大きくなり、理性が隅っこに追いやられる。
妹なのに、オレは性欲を感じてしまった。まぁ、離婚してからまともな性欲処理もしていない。女の肌には定期的に触れたくなる。
しかし、この前のキスで跳ね除けたオレが今さら出来るか?なんて思いもある。

「あっ…そこ気持ちいい」
この何気ない言葉に理性が飛んだ。タイミングだろう。オレの欲望を爆発させる絶好のタイミングだった…と思う。
妹を後ろから抱きしめてしまった。
「ひゃ!」と驚いたが、それから黙って腕を掴んできた。
振り向かせ強引なキスをする。
抵抗しない。妹と兄の舌のもつれ合いが始まった。
時々漏れる荒い息。そして妹のかすかに出る声。
オレの部屋は男女の空気に変わっていた。
首筋を舐め、胸を揉んだ。ちょうど手の平サイズだ。

「ハァッ…あっ…あぁん…お兄ちゃん…」
タンクトップの裾から手を忍ばせた。
乳首をつまんでコリコリした。
「あぁん…それ、あっあっ!」
普通の女と違うのは、「妹」の夜に興味が沸いたという事だ。
どんな声を出すのか?フェラは上手い?下手?あそこの感触は?
そりゃ、女だから他人と同じなんでしょうが、身内のセックスなんて言わないし、知らないもんだから基本から興味があるもんです。
(乳首感じるのか、脇もダメなんだ)
ショートパンツの中に指を入れた。薄いパンツの生地が分かる。

もうすごく濡れてた。
性として見ない妹の反応は新鮮だった。もちろんほかの女と変わりはないのだが、逆にそそられた。
「あぁっ…あん、そこぉ…あっあっ、お兄ちゃん」
固くなったクリを指で弄り、イクまで楽しんだ。
「あっ、あぁん…いっちゃう…いく、いく、あーいくいく!」
ビクビクした体が腕の中でぐったりした。
(イキやすいのかな…)
パンツも全部下ろして、何十年ぶりに妹の全裸を見た。
当たり前だが、均整のとれた大人の体だ。
足を広げた。
「あっ!恥ずかしいわ、ねぇ」
「バカ言え!お前が悪いんだぞ」
そう言ってクンニを始めた。

「だってお兄ちゃんが!」
「うるさい!」構わず舐めた。妹を舐めつくした。
止まらぬ喘ぎ声、捻れる体。全身で感じていた。
またすぐにイった。
今度は四つん這いにさせた。アナルまで垂れたリサコの愛液とオレのヨダレが光っていた。
「あぁん、お兄ちゃん!もう…」
「ダメだ!」また指を入れる。一本、二本、三本…
「あっ、いや!いや、お兄ちゃん、そんなコト」
中でバタバタさせると、体がビクビクする。
「だ、ダメェ!いやいや!あっ、あっ」
オレは特にSとかMとかないつもりでいた。しかし、妹を相手にしたオレは〈攻め〉好きになっていた。
アナルも舐めた。まさか妹のアナルを舐めるとは驚き。

「お兄ちゃん!そんな汚いわ、やめてぇ!」
舌に力を入れてグイっと攻める。
「あぁぁぁっ…あっ、は、恥ずかしい!あっ、イヤ!あん」
アナルとクリとGスポを同時に攻めて、妹はまた果てた。
「ハァッハァッ…」
ダメだ…もっと攻めたい…
「さぁ、舐めるんだ」
オレの肉棒を眼前に出す。
妹はゆっくり含んだ。
吸い付くフェラは興奮した。
妹はオレを見た。頭を掴んで肉棒を喉奥に。
「んっんんっ…ぅん!」
何度もピストンして妹の少し残ってた理性を壊した。

「リサコ、もらうぞ」
押し倒してゆっくり挿入する。
年の割に閉まる膣は、果てるぐらい気持ち良かった。
「ん?」何か液体が溢れてる。
ダラダラと潮を吹いていた。まぁ、流れていたという感じだ。
それから色々な体位で攻めた。
ピストンしているところを見せた。
「どうだ?分かるか?」
「あっあっ…ぅん!あぁん、あぁぁっ!入って…る」
「ゴムなんてつけないからな!」
「あっあっあっ!あうっ…ん、うん!」
そして兄妹が同時に果てた。
妹の子宮に放った兄の精子。
「ああっ!熱い…あぁぁぁっ…」

腕枕をしながら、妹は何度もキスを求めてきた。
「お兄ちゃんて、いつもあんなイジワルなの?…」
「いや、リサコだからいじめた…」
「もう、すごく恥ずかしかったわ…」
「オレは楽しかった!」
「何よ!あんなに拒否してたくせに」
「だから不思議なんだ!初めてセックスが楽しいと思えた…」
「へぇ…そうなんだ」
「あっ…」
「どーした?」
「お兄ちゃんの精子が…」
「ねぇ…デキたらどうする?」
「そのときは産めばいいさ…オレが守るから!」
それからのオレ達は普段と変わらず生活している。
妹との肉欲も毎晩している。
可愛いほど従順になってる。Mっけはあるようだ。
これから死ぬまで2人で暮らすだろう。
「やっと子供の頃の夢が叶ったな…」
妹は微笑んでキスしてきた。

他に読まれているエッチ体験談

  • 妖怪人間に似た40代半ばの女教師に逆セクハラされ…性欲に負けて乗ってしまった!! もう時効と思うので書きます。 高校の時、同じ学校に遠い親戚のバツイチ独身の40代半ばの女教師がいました。 […]
  • しくじり…変なおっさんと彼女のアソコ ぞうさんさんから投稿頂いた「しくじり」。 俺が夜勤が終わった後、よく公園の駐車場で昼食をして昼寝をする場所があった。人通りもほとんどないひっそりした場所。 俺はその日彼女の美伽と一緒に連れて行き、俺はいつものよ […]
  • 昼休みに 外で ○○商事 営業マンさんから投稿頂いた「昼休みに 外で」。 俺は40歳で外回りの仕事をしてます。 よく昼メシ食いに止まるドライブインの廃墟でその日も休んでいた。 そこは […]
  • 昭和40年代の性に目覚めた少年少女のエッチな体験 俺には同い年の女のいとこがいる。 今では三人の子持ちのいい母親だが、これは子供の頃の話しだ。 彼女の家は地方都市の海辺にあったので、小学校の頃までは毎年夏休みになると、 俺はひとりで泊りがけで遊びに行っていた。  […]
  • 興奮しちゃった…とチンポを握ってくるバツイチ独身の40代女教師 もう時効と思うので書きます。大学の時、出会い系でバツイチ独身の40代半ばの女教師と出会いました。 顔は真矢ミキに似ていて、顔つきはきりりととした感じ。その日の格好は俺が頼んで普段の仕事服に。その日彼女はパンティー […]
  • 40歳前後の熟妻のマンコや乳首を責めながら映画鑑賞 つい最近の出来事です仕事中に通りかかった、池袋のサンシャイン通りの映画館の前あたりに1人で映画館に入ろうとしている40歳前後くらいの熟妻をみつけました。まだAM10:00すぎくらいの早い時間で、急ぎの用事もなかったので […]
  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2302記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。