エッチ体験談が10000話を突破しました。

非常に残念な中で

あさんから投稿頂いた「非常に残念な中で」。

最近は気温が下がってきたせいで、みな服装が厚めになってきてしまった。

そんな中で、いつものあの娘。
どうにかズリネタをと見てしまう。

ポロシャツにベストを着て、その上から薄手のカーディガンを羽織っている。
だが。そのカーディガンは彼女の豊かな胸を覆い切れず。。
羽織ったカーディガンの生地は、彼女の豊満な膨らみで左右に開いたまま。胸がかなりあるので普段から彼女の腕は、腕を動かすとき胸の膨らみの端をぷるんっと引っ掛けている時があるほど。

しかも細身な彼女だ。胸以外、肩幅やウエストラインは細い。
胸のサイズが合わずに、カーディガンは当然巨乳が邪魔をして、前があわず、胸がその生地を胸元で大きく左右に押しのけていた!

凄い光景だな。

おれはその巨乳強調の彼女に釘付けだ。
歩くたびに、やはり相変わらず豊満なバストは、ベストごとぷるるんっとゆれているのがはっきり確認できた。
ベストのボタンも一番上は胸がキツイのかボタンがかなり左右に引っ張られていた。

そんなおれの舐め回す視線に気づいているのかいないのか。
彼女がおれの隣の席でパソコンを使った。
そのとき、彼女の太ももをみた。

無防備なのか。

彼女の制服はかなり上にまくれ上がり、太ももが露わに。

ストッキングを履いている。

が、白いその太もも。

ムッチリとして、ストッキングの上からでも肌がキレイとわかる。

手を伸ばして撫で回したい。
そして、視線を上にあげ。横乳をみた。

カーディガンから、そしてベストを押しのけてこれでもかと、つんっとしてぷるんっと音が聞こえそうな、バスト。間近で見ると、ほんとにエロい。

ポロシャツの胸元から、ブラか谷間が見れるかと期待したが、だめだボタンがきっちりされて、ボタンの間からもむりだ。

だが、それでも隠し切れないほどの膨らみがますます欲望を掻き立てる。

手を伸ばせば、すぐそこにあるその豊かな胸を揉める。
そのむちむちな太ももを撫でまわせる。

ムラムラした。

彼女のきれいな横顔をちらみした。
今日はどんなブラでその乳をささえてるんだろうか。
パンツは何色だろうか。

ここから妄想した。
彼女の横顔をみて。手を伸ばして胸を鷲掴みにした。驚いてこっちをみた。
パンストのうえから太ももを撫で回す。資料室に来るように言って。
資料室にはいるなり、ベストとカーディガンを一気に開き袖口へ降ろす!
白いポロシャツの上から両手で揉む。

ポロシャツと、インナーを一気に捲り上げ、ぷるるんっとブラに包まれた美巨乳が。
谷間に顔をうずめ。ブラから乳首を引っ張り出してむしゃぶりつき下は制服のファスナーを下げて、ずり下げる。パンストのうえから膣をこねまわす。パンストをひきちぎる。

ポロシャツも頭から脱がせて、ブラもホックを外す。上は裸に。
下はひきちぎったパンストからパンティをずらして、直に刺激。
立ちバックでペニスを突き刺す。

胸を揉みしだきながら激しくつきまくる。
また、彼女の写真をみながら抜く。

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!