エッチ体験談が11,000話を突破しました。

娘との関係

PR

ももたろうさんから投稿頂いた「娘との関係」。

俺は娘と男と女の関係になって5年を迎えた。
最初は、娘が○学5年の時だった。
そのころ妻を事故で亡くし、娘も寂しがりお風呂入るのも寝るのも一緒だった。

娘の下にも5歳の娘がいる。
上の娘の名はあいり、下の娘はあいな。
ある日、いつもは三人でお風呂入ってるのにあいなが夕飯食べてすぐに寝ちゃった。

あいりと二人でお風呂入った。
あいりは5年生にしては発育よくおっぱいも膨らんできてた。
一緒に体洗って、いつもはあいなが俺の膝の上に座ってるからあいりはいつも寂しそうにお風呂入ってたから
俺・あいりここのおいでと言った。
あいり・嬉しい、いつもあいなが座ってるから
俺・そうだな、あいりはママが死んでから本当に頑張ったよな
洗濯や掃除、茶わん洗い、あいなの面倒とパパはいつも助かってるよと言ったらあいりが泣き出した。

俺・あいりどうした
あいり・ママ死んじゃって本当に辛くて寂しかった、でもパパも頑張ってるから私も少しでも手伝わないと思って頑張ったよ
俺・そっかあいりが一番辛かっただなと言って後ろから抱きしめてあげた。
その時にたまたま手のひらがあいりのおっぱいにあたった。

俺・あいりごめん
あいり・パパいいよ
俺・ありがとう
俺は、遊び半分でおっぱいを揉んだ。
あいり・パパ何するの
俺・ごめん
あいり・あいりはママじゃないだよ
俺・そうだったなごめんね
あいり・いいよ、でもなんか変な気持ち
俺・そうか、それはあいりが大人に近づいてきたという証拠だよ
あいり・そうなんだ、パパはよくママのおっぱいもんでたもんねと言い出してビックリした

俺・あいり知ってるのか
あいり・うん何回かパパとママが裸でなんかしてるの見た、ママが死んじゃった前の日もしてたよね
俺・うん
暑くなってきたからお風呂あがって俺はリビングでビール飲みながら野球見てた
あいり・パパ
俺・なに
あいり・ママと裸でいつも何してたのと言いだした

だから俺は正直に話した。
俺・パパとママはいつも裸でセックスと言って愛し合ってだよ
ママとパパが愛し合ってたからあいりとあいながパパ達のところに生まれてきてくれだよ。と話した。
あいり・そうなんだ、あれがセックスって言うだ。
俺・知ってるのと聞いた
あいり・うん、学校で男の子達がよく話してるよ
俺・そうなのかとかまぁ色々と話してあいりはソファでウトウトしてきた。

俺・あいり眠たいならベット行って寝なさい
あいり・うんパパも
俺・わかった
あいりは俺と一緒に寝ないと寝れなくなった。
ベット入ってあいりが
あいり・パパさっきみたいに後ろから抱きしめてといつもは言わないのに甘えてきた。

だから抱きしめてあげた、そしたらしばらくしたらあいりは夢の中へ。
俺は、あいりのおっぱいを触りだした。
その日は、そのまま抱きしめて寝た。
しばらくは毎日抱きしめてあいりが寝たらおっぱい触ってた。

ある晩、俺はついに我慢出来ずにあいりのおっぱいを舐めてしまった。
そしたらあいりの寝息が少し荒くなってあいりが起きた。
あいり・パパどうしたの
俺・あいりごめんね
あいり・なんかきもちいいと言うか変な感じだよと言うから舐め続けた。
あいり・パパきもちいいと何度も繰り返し言うようになった。
俺・そうか、あいりはママにそっくりだなママもおっぱい感じてたよ
あいり・そうなんだ
その日はそれで終わりまた抱きしめて寝た。

次の日も舐めた。
俺・あいりもっと気持ちよくしてあげるかと言ってみた
あいり・小さい声でうんと言った
俺・じゅあパンツ脱いで
あいりは無言のまま脱いだ。
そしてあいりのあそこを舐めた。
あいり・パパすごくきもちいいと言って体がピクピクしてきた。
俺・気持ちいいだろう、ママもすごく気持ちいいって言ってたよ
ちなみにあいなは一度寝たら起こすまで起きたことないから安心してた。
それが寝る前の日課になった。

しばらくして
俺・あいりパパも気持ちよくしてほしいなと言ってみた。
あいり・パパのチンチン舐めるでしょう、ママ舐めてたもんね、どうやって舐めるの言うから隠してあった裏DVDを見せて教えた。
最初は歯が当たって痛かったけど凄く気持ちよくてすぐにあいりの口の中に果ててしまった。
俺・あいりごめん、すごく気持ちよくて
あいり・マズイ、パパこれ何
俺・この白ぽっいのが赤ちゃんを作る種なんだよ
あいり・そうなんだ
俺・もっと気持ちよくなるかと
あいり・うん
俺・あいな起きたら大変だからあいりの部屋行こうと言ってあいりの部屋に布団ひいた。

俺・あいりこれからあいりのここにパパのチンチン入れるから最初はすごく痛いけど我慢してよ
あいり・うん
あいりのあそこを舐めだした日からいつかはこうなると思ってローションとゴムを買っといたから
あいりのあそこにローションたっぷり塗った。
俺・あいり入れるぞ
あいり・うん
でもやっぱり中々入らない少し強めに押し込んだ。

あいり・パパ痛い、痛いよ
と言うから少し辞めたじばらくしてまた動いた。
俺・あいりどうだ
あいり・痛いと言いながら目から涙出てたから
俺・辞めるかい
あいり・大丈夫さっきからみたら痛いのおさまったから
半分も入らなかったけど、正常位でゆっくり動いた。

あいりはしばらくして可愛い喘ぎ声も出てきた。
一旦抜いてゴムつけてまた入れて最後はそのまま果てた。
あいり・パパ痛かったけど少し気持ちよかった。
あいりの処女をもらったのは6年生の春休みだった。
俺・あいりパパとしたことは学校の先生やお友達やじいちゃん達に話したらダメだよ
もし話したらパパと一緒に住めなくなるからね
あいり・パパと離れるの嫌だから絶対話さない
俺・わかった、ご褒美に明日休みだから何か欲しいものないかい
あいり・〇〇ちゃんねパソコン持ってるの私も欲しい

〇〇ちゅんとは幼稚園の時からの一番の仲良し
俺・わかったじゃあ明日買いに行こう
あいり・うん
あいりはものすごく嬉しそうに服着て寝室に戻った。
それから毎晩、あいなの部屋でエッチして寝るようになったあれから5年。
あいりは○校1年、あいなは○0歳
あいりとは生理以外の日は今もエッチしてる。

生理の日はフェラで抜いてくれる。
あいりには彼氏ができて彼氏ともエッチしてるらしいけどパパのほうが一番いいと言ってる。
この前あいりとエッチしてたらあいなに見つかった。
あいな・パパとお姉ちゃん何してると
あいなにも正直にはなした。

今は、あいなのあそこを舐めるだけだけどあいなの処女もらうのも時間の問題。
これからが楽しみです。

15+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR