エッチ体験談が10000話を突破しました。

彼女と別れようと嫌がらせしてたら更になつかれた ②

芋ケンピさんから投稿頂いた「彼女と別れようと嫌がらせしてたら更になつかれた ②」。

朝彼女のアパートに行った。
玄関でいきなりちんぽ出すと一瞬驚いた顔してニコッと笑い座り込み口開けてフェラしようとしたとき、おしっこした。
『飲め』
ガボガボと溢しながらも飲んでた。

ごほごほと咳き込みながら『いきなりするんだもん、ビックリした』
服びしょ濡れになったので脱いだ。
下も脱げと言って全裸にした。
腹へった、何かないか?
食パンとコーヒー、目玉焼き作ってくれた。
『どうぞ』皿に乗せてテーブルに持ってきた。

四つん這いになれ
はいと言って四つん這いになる
熱々の目玉焼きを背中に乗せた
『熱い』身体ビクッとなる
落とすなよ
うんと言って我慢してる
コーヒーを背中に垂らす
『ぎゃっ、熱い』
起きあがり全部落とした
落とすなって言っただろ
『ごめんなさい』と謝る
もったいないから食べろ
手で拾おうとしたから手使わず犬みたいに食え

プルプル震えながら食べてる。
『食べました』
また目玉焼き作らせお前もちゃんと食べろと言って一緒に食べる
食事済ませ少し休んでフェラさせる。
最初はゆっくりしてたが頭押さえ奥まで突っ込んでイラマチオ
ずんずん突っ込んでるとげぼっと吐く
ボタボタ吐きながらフェラ続けた
口に出すと飲んだけどすぐに吐き出す
自分で後始末しろよ
くつろいでるとおしっこしたいと言った
これにしろとコップ渡す
ええっと戸惑いながらコップ取り座り込み股に当てる
チョロチョロといっぱい出した。
それ飲めと言うと嫌そうな顔
早くしろと急かすと『うん』ごくごくと一気に飲んだ
旨いか?
『美味しくないよ』
洗い物してこっちに戻ってきた
『次は何する?』
毛剃れ
『ええっ剃るの?』
そうだ、やれよ
分かったよ、剃刀でゾリゾリ剃った。
まんこ触った
んふっと気持ちいい声出す
両手を突っ込んでガバッと拡げた
『んっちょっと痛い』
ぐいっと更に拡げる
『痛いやめて』
うにょうにょ動いてる
彼女はハアハアと息苦しそう
手離すとジワジワと閉じてくる。
休んでるとうんちしたいと言った。
『また出すとこ見るの?』
部屋ですると臭いから外でしよう
『外ってこのままで出るの?』
遠くに行けないから玄関で
やだ、誰かにみられちゃうよ
素早くすれば大丈夫だろ

新聞紙もって玄関に行って辺り見る
今なら誰もいないな
新聞紙敷き腰少し浮かして屈む
むにゅむにゅ、ぼとんとうんちした
素早く新聞紙丸め部屋に戻る。
『誰も来なくて良かった』
んっ、俺もしたくなった
『あたしにも見せて』
できるか、『ずるい』
うるせえ、トイレに行って糞した
尻拭かずトイレから出て彼女に近づき寝かせる。
顔に跨がり舐めて綺麗にしろと言った。
えええっと驚いてる
顔に押し付けるとペロペロ舐める。
尻離すと口回りにべったり付いてる。
洗ってこいと言って顔洗わせた。
こんなことされても服従するなんてよっぽど別れたくない
のか?
彼女の携帯が鳴る
なんか話して『妹が遊びに来たいって言ってるけどいいかな?』
ああいいけど
電話切る
妹いくつだ?
12才少六
なんかおもしろい事できそうだ

7+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!