エッチ体験談が10000話を突破しました。

中学時代の同級生女が俺が寝ているときに触ってきた・・エッチな体験談(続編)

中学時代の同級生女が俺が寝ているときに触ってきた・・エッチな体験談 続編
この前、元同級生の家に再び泊まりに行きました。
彼女も僕も、週末で疲れ気味でしたが、それでも楽しく過ごせたように思います
彼女とカルボナーラを作って食べた後、軽く晩酌程度に酒を飲みました。
グダグダと雑談を話しましたが、この前の一件には触れず。
ただまぁ、彼女がすごい楽しそうにしてるのが印象的でした。
一段落して、僕はお風呂に入りました。
ちょうどシャンプーが終わったくらいの時に、彼女がお風呂のドアを開けてきました。
「お背中流しましょうか?」
すごい顔を真っ赤にしてて、あーやっぱ無理してんのかなぁって思いました


僕が返答に困ってると、なんか恥ずかしくて冗談っぽくしたかったんだろう。
女性が祭りの時に着るように、タオルで鉢巻きとかして、「よし!」とか一人で言ってた。
彼女は服を着てたから、
「それは嬉しいけど、服濡れるよ?」
って返したら、あっ、て言って服を見て考えだしてた。
「よし!」と再び気合いを入れると(祭りの格好良い女を演じたかったみたい、パニくってたのかも)、
風呂の電気を消して、彼女は脱衣所で服を脱ぎだした。
真っ暗にされた僕は何がどこにあるか分からず、とりあえず髪をタオルで拭いていた。
風呂場に入ってきた彼女は思った以上の暗さだったらしく、手探りでシャワーを探してた。
その時に、一瞬彼女の乳首が僕の頬に当たって興奮しました。冷たくて気持ち良かった
ようやくシャワーとボディーソープを手にした彼女は僕の背中を流してくれました。 あとの体は僕は自分で洗い、湯槽に浸かりました。
その日の夜は寒かったから、実は彼女が脱いでくる間かなり寒かったのです。
僕が湯槽に浸かってる間に、彼女は髪と体を洗ってました。なんとなく会話は出来ませんでした。
体洗い終わってようやく、彼女から話し掛けてきてくれました。
会話の内容自体は、他愛の無い話でした。昔、一回だけ何故かデートして、プラネタリウムに行った話なんかを笑いながら話しました。
しばらくして、彼女が寒そうにしだしたので、
「湯槽浸かったら?俺もう出るから」
というと、
「もうちょっと話したいから。その代わり、寒いから入れてください。お邪魔します」
と言って、湯槽に入ってきた。
彼女の家の湯槽は一人暮らしだから、かなり狭い。
本当に向き合って密着するような体勢になった。
分かりやすく言うと、対面座位のような感じ。
彼女が腰を降ろす時、すごい良い匂いがした。
彼女が倒れないように、僕は彼女の腰あたりをつかんで、彼女は僕の首に手を回した。
彼女の胸は僕の鎖骨にひっついていた。
僕の大きくなったものは、彼女の穴一帯のどこかに当たっているようだった。
時折、「んっ」と彼女が声を洩らすと、恥ずかしそうにこっちを見て笑ってた。
僕が、彼女の腰の位置をずらして彼女の中に入れようとすると、彼女はそれをうまく交わしてアソコで僕のものを押さえつけた。
それを前後に動かして、僕が気持ち良さと歯痒さを感じていると、彼女は
「○○くんは可愛いよね」って言ってキスをしてくれた。
「今の嬉しかったから、もう一回して」
って僕が言うと彼女は、今度は長めのキスをしながら、腰を動かしてくれた。
一度、クリに良い感じで当たったらしく、キスしたまま僕をギュッと強く掴んで必死に声を殺してた。
ちょっとさすがにやばくなってきた、ちょうどその時に彼女は「先に上がるね」って言って湯槽から立ち上がった。
マジかよ、って思っていると、「はい、以上で風俗未経験の○○くんスペシャルパックを終わります」
と言って、僕の手を掴んで立ち上がらせた。
「でも、さすがに可愛そうだから」
と言って、僕の前に跪きくわえてくれた。
しばらく舐めてくれていると、
「はい、これで終わり」
と言ってフェラをやめた。
「えー」と言うと
「もう今日は早く寝るつもりだったのだ」と行って、脱衣所に出ていった。
僕はこの爆発したものを沈めようと、再び湯槽に浸かった。
だが、しばらくしても全然収まる気配は無かった。それからしばらくは一人でしてみたり、でもこの子の風呂場で精子を出すのはマズイかと悩んでいた。
結局、彼女が出てから15分後くらいに僕は風呂を出た。脱衣所に替えのトランクスが無かった。
もう踏んだり蹴ったりだと、僕はちょっとへこみながら着替えた
風呂から上がると、彼女はパジャマに着替えてもう寝ていた。
この前みたいなことを期待していた僕はさらにガッカリした。
彼女を起こさないように、僕はタバコを吸ったり、彼女が学生時代から(美大出身)大事に使ってる物凄く細い筆やえんぴつなどを見ていた。
彼女の絵が見たくて電球を豆球にした。
僕は絵心なんて無いけど、うまいもんだなー、と思った。大したもんだと思って、ちょっと悪戯心込めて彼女にタバコの煙を吐き出したら、煙が溶けていく向こうに彼女の胸が1/3ほど見えていた。
彼女はシャツを着てなかったようだった
僕は逆襲してやりたい気持ちになり、彼女の布団をひっぺがした。確かに、彼女の胸あたりは少しはだけていた。
僕は彼女のパジャマのボタンを全部外すと、両サイドにパジャマを広げた。
先程は暗くて見えなかったが、今回はくっきりと彼女の綺麗な胸の形が見えた。
すぐに襲いたくなったが、悪戯心が働き、彼女が持ってる物凄い細い筆を手にして胸の回りに円を描いた。
円はだんだんと狭まり、乳輪を何周も描いた。彼女の寝息が目立つようになってきた
乳首に対して筆を立てた時、彼女は小さく声を出した。細い毛先が彼女の毛穴に入り込んだようだった
その後、僕は彼女の胸に吸い付いた。舌を転がした。彼女は逃げるように寝相を変えたけど、その体勢はパジャマのズボンを脱がしやすい体勢だった。
ズボンを脱がしたら、彼女は僕のトランクスを履いていた。
この時点で僕は彼女の狙いが分かった。
トランクスの腿との隙間から、僕は覗き込んだ。暗くてよく見えなかった。
隙間から、先程の筆を差し込みくすぐった。彼女は足を広げた。
僕は彼女の開いた足の間にしゃがみ、トランクスの窓を開けた。そこには確かに、彼女の円があった。
僕はその円をなぞるように再び筆を走らせた。
僕は、さらに窓を大きく広げ、鼻を突っ込んでくんくんと匂いをかいだ。鼻がクリに当たり、彼女がビクンとした。僕は少し吹き出してしまった。
だんだん、あそこが濡れてきたので、それを墨汁のようにして筆をつけ、円やクリを何回もなぞった。
彼女は何回も声を上げたが、決して起きることはなかった。
僕が舐めだしたら、どんどん溢れてきて、トランクスに染みていった。
それでも彼女は起きなかった。
僕は下半身裸になると小声で
「ありがとうな」と言い、
窓の中の穴にモノをあてがい、何周かゆっくりとなぞった。それに敏感に反応する彼女を見ながら、ゆっくりと中に挿入していった
奥に到達すると、彼女はすでに痙攣をし始めていた。それを収まるのを待ってから、僕は腰を動かした。
彼女は体の反応も声も隠しはしなかったが、目だけは絶対に開けなかった。
彼女をうつぶせにさせ、バックから突いても起きることはしなかった。
結局、僕は正常位に戻り、彼女の両手をつかみ、キスをしたまま彼女の中に出した。彼女は痙攣を始め、その様子と中から出てくる液を僕は見ていた。
さすがに可愛そうになり、後処理と布団をかけてあげた。
すると、僕の手をつかんで布団に引きずり込むと、
「これでおあいこね」
って言って笑った。
目はまだちゃんと閉じていた

3+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!