エッチ体験談が11,000話を突破しました。

待望のJCと♪ ②

PR

エロおやじさんから投稿頂いた「待望のJCと♪ ②」。

ミキがシャワーから出てくると私がシャワーしている間に制服に着替えるよう言いました。

シャワーから出るとミキはじっとソファに座ってるました。
バイアグラが効くまでもう少しかかるのでテレビを点け二人でジュースを飲みながらお喋りしました。

私:さっきはどうだった?ミキ:お父さんに舐めてもらったの気持ち良かった。
私:フェラした時に無理やり根元まで押し込んだのはイマラチオって言うんだよ。
ミキ:すごく苦しかった
私:ザーメンは?
ミキ:変な匂いだし変な味した
私:朝まで何回もヤルからね
ミキ:コクン
私:オマンコの中にザーメン出すからね
ミキ:コクン

母親の話しを聞くと31才で美人らしい、まぁ、ミキも可愛らしいから納得。
ミキと違いグラマーで尻も大きいらしい、「じゃあミキもグラマーになるね」と話す。

一度だけ母親が寝室でオナニーしてるのを見てしまったらしい。
母親が気持ち良さそうにしてるのを見てミキも部屋でオナニーしたらしい。
「お母さんの写メある?」と見せてもらうと、ミキが言った通り美形で男好きする顔立ち。
唇がプクッとしていてフェラが好きそうで上手そうな感じだった。
「ミキのお母さんとヤリたいなぁ」と言うと黙ってうつ向いたので話題を変えた。

そうこうしているとチンポがウズウズしてバイアグラが効いてきたのでミキを抱き寄せキス。
舌を絡ませ長時間キスしながら制服の上から微乳を揉み乳首を弄ると制服の上からでもコリコリになったのが解った♪

腰に巻いたバスタオルをはだけさせミキの手をチンポまで導くとミキは自分から扱き始めました。
バイアグラの効きで見る見る勃起したチンポは最初より硬く太くなりドクンドクンと脈打つのが解りました♪

ブラウスのボタンを外していくと薄いピンクのブラ♪
ブラを上にずらして露出した乳首に吸い付くと「あ」と声を上げチンポをギュッと握りました。
左右の乳首をコリコリに勃起させながらスカートの中に手を忍び込ませパンティの上から指先でなぞるようにオマンコを弄ってると段々締めってきました。

そしてソファに四つん這いにさせると後ろからスカートを捲り上げるとパンティには染みができてました。
そのまま顔をミキの股間に押し付け匂いを嗅ぎながら鼻先でオマンコを刺激♪
鼻先でも徐々にパンティが湿っていくのが解りました。

そのままの体勢でパンティを膝まで下ろすと今度は生オマンコにしゃぶりました。
やはりどんどんマン汁が溢れてきてオマンコはキレイなピンクに光ってました♪
その光景に堪らず「ミキ…どうしてほしい?」とわざと聞くと「お父さんのチンポ…ミキのオマンコに…入れて…」ともう教える事なく淫語を交えて口にするようになりました。

ミキの後ろに立つとチンポをオマンコに擦り付けながらマン汁でチンポをヌルヌルに濡らし、そして亀頭を入り口に充てるとゆっくりと挿入しました。
オマンコはかなりキツかったものの濡れ濡れだったのですんなり根元まで挿入♪
ミキは「あ!おっきい!あ!ん!」と大きな声を上げました。

小ぶりな尻を両手で鷲掴みすると私の手でミキの尻は隠れてました。
でも弾力があり張りもある尻♪
ギュウギュウと握り、尻を左右に拡げるようにゆっくり突きながら感触と光景を楽しみました。

「どう?気持ちいい?」そう聞くと「あ!ん!ん!気持ち!いい!」と突きの動きに合わせて答えました。
少しずつ動きを早め最終的にはバチンッ!バチンッ!と尻に腰を打ち付けると「や!すごい!すごい!あ!あ!あー!」と声を上げました。

二回目という事とバイアグラの効きでまだまだ逝く気がしなかったので、そこで一度チンポを抜くとこちらを向かせフェラさせました。
「ミキのオマンコすごく気持ちいいよ…ミキはどうだった?」と聞くと「おっきくてビックリしたけど気持ち良かった…」とマン汁でヌルヌルになったチンポを舐めながら言いました。
「じゃあベッドに行こうか」とその場でパンティとスカートを脱がせてベッドへ移動。

ベッドでは私が仰向けで大の字になり股の間でフェラさせました。
「こっちを見ながらしゃぶって」と私を見ながらフェラさせ「美味しい?」と聞くと「はぁ…お父さんのチンポ…美味しい…」と私を見ながら言いました。
でも口に咥えるとギュッと目を閉じたので「ほら、こっち見て」そう言うと目を開けて私を見ながら咥えました。
「俺も舐めてあげるよ」とミキの腰を引き寄せるとお互いに舐め合い、ミキはチンポを咥えながら「ふぅん…ん…んん…」と鼻から息を漏らしながら喘ぎました。

「ミキ…どうしてほしい?」と聞くと「はぁ」とチンポから口を離すと「ミキのオマンコにお父さんのチンポ入れてほしい」「ザーメンは中に出すけどいい?」「いいよ…オマンコに出して…」♪
ミキを仰向けにすると正常位で挿入♪
ゆっくり腰を振りながらブラウスのボタンを下の方まで外し両手のひらで微乳を揉みました。
揉みながら指の間で乳首を挟み弄ると再びコリコリに勃起♪

それからミキを抱き起こすと騎乗位に♪
自分で動くように言うと慣れない腰つきでぎこちなく腰を振りました。
私に抱きつかせ尻を鷲掴みして下から激しく突き上げると「あ!すごい!あぁ!すごい!」と目の前で喘ぎ顔を見せました。
少し体を離し突き上げながらコリコリの乳首に吸い付き転がし軽く噛むと「いや!また!ダメ!ダメ!ダメー!」と私の上に崩れて逝きました♪

逝く時のオマンコの締め付けは凄かったです♪
動きを止め「はぁ…はぁ…」言ってるミキにキスして舌を絡め気を戻すのを待ちました。
気を戻したミキは「すごく気持ち良かった…」と目を半開きにしてトロンとした表情で言いました。

ブラウスも脱がせ全裸にすると四つん這いで尻を突き出させおねだりさせました。
「バックでハメて…オマンコ…突いて…激しくチンポで突いて…」そして指でオマンコを拡げさせました。
マン汁で濡れ濡れになったピンクのオマンコ♪
四つん這いで尻を突き出したエロい光景♪
激しく突きまくりました♪

突いてる最中ミキは「すごい!気持ちいい!」を連呼しました。
腰から手を伸ばしクリトリスを弄ると「いやー!」と叫びミキは逝きました♪
チンポを抜き尻から手を離すとうつ伏せでミキは崩れました。
今度は気を戻すのを待たずに仰向けにして正常位で挿入♪
オマンコを突いていると「ぁ…あ…あ!あ!」と少しずつ気を戻しました。

ミキの腰辺りで両手首を掴み激しく突きまくると柔らかい微乳がプルプルと震え、ミキは顔を左右に振りながら喘ぎまくりました。
ミキの締まりいいパイパンオマンコで抜き差しを繰り返すチンポ♪
段々と高揚してくるミキの体♪
全ての光景が興奮の材料でした♪
普段はバイアグラを服用した二回目はもっと長持ちするのが、その光景と締まり良く気持ちいいオマンコに絶頂が近づいてきました。

体をミキに密着させ首に腕を回すと激しいキスをしました。
激しく舌を絡ませながら「ミキ!逝きそうだよ!中に出すよ!」ミキは「あぁ!中に!オマンコの中に!ザーメンちょーだい!あ!あー!」と叫びました。
ずっとキスしながら「ミキ!逝くぞ!逝くぞ!逝く!逝く!逝く!逝…く!」♪
激しく突きながらクリトリスに擦り付けてたのもありミキも私とほぼ同時に逝きました♪

物凄い絶頂感でしばらく動けませんでした。

過去に何度か経験あったのですが、バイアグラを服用した直後のセックスでは逝った後、調子がいいと全く萎えず、萎えないどころかギンギンのままという事があります。
が、この時はあまりの絶頂感だったからか射精後に挿入したまま少しずつ萎えてきました。

しばらくして柔らかくなったチンポを抜くと脱力しているミキの口に充ててキレイに舐めさせました。

それからは
ホテルで食事を注文してゆっくり休憩してから三回戦♪
眠たそうにしているミキをよそに風呂場でハメたりトイレでハメたり♪
洗面台の鏡の前で立ちバックでハメたり♪
軽いミキだからできた駅弁でハメたり♪
三回戦の後でバイアグラを再び服用して朝までで五回戦しました♪

ドンピシャ好みのJCをゲップが出るぐらい堪能しました♪♪♪

そして明後日の日曜に実はミキの母親とヤル予定になってます♪

12+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR