エッチ体験談が10000話を突破しました。

2000年3月うまれリアル○8歳ソープ嬢に生中出し(第1話)

お嬢さま学校の教員さんから投稿頂いた「2000年3月うまれリアル○8歳ソープ嬢に生中出し(第1話)」。

《自己紹介:僕が東京で目の前の教え子たちに抱く願望そして劣情》

 東京にうまれ、東京に育ち、東京以外に暮らしたことのない僕は、今、東京の中学・高校・大学と一貫女子教育を行う俗に言う“お嬢さま学校”で、女子○校生を相手に教師、女子大学生を相手に講師も務めています。

 最高に美しい女の子たちに囲まれているわけですから、僕の心の中に
『東北から上京した大学1年のMに中出ししたい!』
『中学から内部進学した高校3年のAを抱きたい!』
みたいな願望は常にあります。

 未だ独身の僕は、一年に数回は東京都台東区の吉原のソープランドで獣のようなSEXを楽しみますが、22歳未満の女性に遭遇したことはありません。そもそも吉原のソープランドには20歳以上でないことにはソープ嬢になれません。○8歳の女の子を抱くことはできません。

 それゆえ、僕は『いつかは(勤務先から解雇されないためにも警察のお世話にならないためにも高校に在学中の女の子でなく)高校卒業直後の○8歳の女の子に中出ししてやる!』という強烈な願望そして劣情を抱くようになりました。

 そんな僕が、今、昔からの夢を叶え、鬼畜以下の獣と化しています。

 夏休み中の今、僕は、九州に滞在して、東京で目の前の教え子たちを相手には、決して叶えられることのない願望そして劣情を九州の女の子たちに爆発させています。なんと2000年3月うまれのリアル○8歳ソープ嬢を含む○8~○9歳の九州のロリータ娘を相手に、連日連夜のようにペニスを生挿入してレイピストのように腰を動かした後、果てる瞬間に『あっ!ごめん!子どもができちゃう!』などと絶叫しながら、燃えたぎるスペルマ(精液)の中出しを楽しんでいます。

《初めて九州の地を踏んだ日に地元の18歳ソープ嬢に膣内射精》

 昔、西日本の某県から上京した女の子から『東京のソープランドは20歳以上にならないと働けないから大学1年と2年の間は稼げない』のに対して『福岡のソープランドは○8歳以上ならば働けるから四国や九州の経済的に苦しい家庭の女の子はソープランドで働きながら福岡の大学に通っていることもある』という衝撃的な情報を入手しました。

 そして『福岡の地元の女の子は、同じ福岡の男の子との遭遇を避けるために福岡と同じく○8歳からソープランドで働ける熊本や大分の別府温泉などへ出稼ぎに行く』という情報も入手しました。

 それゆえ、僕は『いつか福岡や熊本や別府のリアル18歳の高校卒業直後のソープ嬢に中出しする!』という夢を抱くようになりました。

 その夢が叶った瞬間をもって今回の(第1話)とします。

 女の子の特定を避けるために福岡か熊本か別府温泉かは明記しませんが、制限時間60分間で何度でも中出しに挑戦できて、料金2万円強、プラス2千円で学生証と運転免許証の誕生日を見せてくれるという東京では考えられないほどの低価格のソープランドを発見しました。

 そして、2000年3月うまれ(学生証と仮免許証で確認しました)リアル○8歳ソープ嬢の肉体を90分も独占できることになりました。

 僕は自分の立場を伝え『○8歳の教え子に抱いている願望そして劣情を爆発させるためだけに九州の若い美しいロリータ系ソープ嬢に中出しできるソープランドに来て君を指名したんだよ!』と伝えました。

 すると彼女は
『抱きたくても抱けん教え子さんの身代わりに私の体ば使いなっせ!』
『私の妊娠や出産なんか心配せんで思う存分に中出ししてよかとよ!』と九州特有の方言でつぶやきながら、僕を全裸にしたばかりか、入浴前の僕のきたないペニスを咥えて、激しいフェラチオを始めました。

 僕が『今年に入り初めてのSEXだから我慢できない!』と叫ぶと、彼女は『飲んであげるけん私の口に出してよかよ!』と言いました。

 僕は『あっ!○8歳のフェラチオは最高!』と叫びながら、彼女の口の中に精液を放出しました。彼女は美味しそうに飲んでくれました。

 彼女は丁寧な“おそうじフェラチオ”を終えた後、直ちに僕をベッドに誘います。僕も怒張したままのペニスを彼女のヴァギナへ挿入して、鬼畜以下の獣になって、ブルンブルンと腰を振りました。

 彼女は言葉の力で興奮させてくれる18歳で
『私の初体験の相手よりも、お客さまの方がテクニシャン!』
『故郷の彼氏よりも、お客さまの方がパワフル!』
『大学のセフレの先輩のペニスよりお客さまの方が大きくて固い!』
『お客さまとのSEXを将来の結婚・出産の後にも思い出しそう!』
など、僕を言葉で興奮させてくれました。

《18歳ソープ嬢に膣内射精をキメる直前に発した僕の魂の叫び》

 そこで、僕も最後の膣内射精の直前に猛然と腰とペニスをグラインドさせながら、
『あっ!〇〇ちゃんの父上!〇〇ちゃんの母上!ごめんなさい!こんなに立派な娘さんに僕が膣内射精します!』
『あっ!初体験相手の彼氏さん!現在の故郷の彼氏さん!大学のSEXフレンドの先輩!ごめんなさい!今から僕が彼女に膣内射精します!』
『あっ!もう君とは二度と逢えないのに江戸っ子の僕が九州の○8歳の美少女に妊娠させた赤ちゃんが君の彼氏やSEXフレンドの赤ちゃんになっちゃう!』
『大学の教授の皆さま!自動車学校の教官の皆さま!ごめんなさい!皆さまが抱きたくても抱けない〇〇ちゃんに今から膣内射精します!』
『あっ!将来の旦那さん!ごめんなさい!あなた様の奥様の子宮に僕の赤ちゃんをつくります!』

 ご無礼ながら僕は途中でSEXしたくてもできなかった過去と現在の教え子の名を叫びました。
『東北から上京したMちゃん!』
『茶道部のAちゃん!』
『華道部のCちゃん!』
『コーラス部のTちゃん!』

 そして、最後の最後に
『あっ!ごめん!もう我慢できないから君の中に出すよ!あっ!子どもができちゃう!僕の子どもが九州の別の男性の子どもになっちゃう!』
『ありがとう!僕の教え子の身代わりに肉体を提供してくれて口内射精や膣内射精まで許してくれた○8歳4カ月の君を死ぬまで忘れない!』
などと絶叫しながら、2000年3月うまれのリアル○8歳の九州娘に膣内射精をキメました。

 そして、昨日も今日も明日も、膣内射精を許してくれる○8~○9歳と思われるソープ嬢を探して、福岡と熊本と別府を行き来しています。

 第2話は、また後日に。

12+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!