エッチ体験談が11,000話を突破しました。

祭りの夜の宿屋で

PR

丸坊主最強さんから投稿頂いた「祭りの夜の宿屋で」。

K校一年の夏休み、家族旅行で温泉に行きました。
旅のメンバーは僕とパパとママ、パパの弟であるオジサン、オジサンの奥さんのゆり枝さん、そしてママのお母さんであるオバアチャンの六人でした。

宿屋で六人は「男部屋」「女部屋」とのふた部屋に分かれてました。

ちょうど温泉街はお祭りの最中で、僕たちみんな夕食後に街にくり出して見物してたのですが、僕は途中でみんなと離れ宿屋に戻りました。

僕は「女部屋」に入ると、テレビのリモコンを操作しました。

ブゥ━━━━……

低いノイズとともに、青い画面に白字で

『このチャンネルはご利用できません』

というメッセージが出てきました。
(やっぱりダメか……)僕はテレビのチャンネルを元通りにして、スイッチを切りました。
その時、

「『女部屋』に入って何してるのかな……?」声がしました。

ゆかた姿のゆり枝さんが立って、僕を見ていました。
僕は身体が固まってしまいました。

ゆり枝さんが言いました。
「こっち側にはオトナだけしかいないから、『エッチなチャンネル』が見られるって思ってたのかな……」
図星でした。

「まったく、マジメそうにしてても思春期のオトコなのね……」ゆり枝さんが僕から目をそらして言いました。「第一、エッチなチャンネルって言ったってモザイクしてるだろうし、それに……ここにホンモノがあるって言うのに。」

ゆり枝さんはゆかたの前をめくり上げました。

(……!)
僕は思わずゆり枝さんの前にひざをつきました。
ゆかたの下から、ゆり枝さんの言う「ホンモノ」が現れたのです。

ゆり枝さんの「ホンモノ」は、ワレメのすじにかすかに毛が生えている、キレイなところでした。

僕はゆり枝さんに手を引かれて、窓のそばに来ました。そこには小さな椅子と机がありました。
ゆり枝さんは椅子を下げて座りました。僕はゆり枝さんの前にしゃがみました。

ゆり枝さんは脚を広げました。窓はカーテンが閉まってますが、外のお祭りの明かりがカーテンを照らしていて、ゆり枝さんの「ホンモノ」が見えてきました。

ゆり枝さんは僕の手をとりました。
「ネットなんかで知ってるでしょ。ここはなあに?」
「……クリトリス。」
「ちょっと下のここには何がある?」
「……オシッコの出るところ……」
「ずっと この下の穴は?」
「ウンコの出るところ……」
「じゃあ、ここは?」

ゆり枝さんが僕の指を導いたところは、僕の指をじんわり濡らしてきました。
僕は、ゆり枝さんに嫌われないような名前を、あれこれ考えながら苦しまぎれに言いました。

「チツのアナ」

ゆり枝さんはクスクス笑って、
「何、その おすもうさんみたいな名前は……」
と言うと、手をのばして僕のゆかたの奥のチンチンを軽くつかみました。

「ゆり枝さん、何するの?」
「だってキミに『チツのアナ』触られて感じちゃったんだもん。」
「ダメ…… そんな触りかたしたら、僕 漏らしちゃうよ……」
「じゃ、早く漏らしなさい。オバアチャン達が もう帰ってくるかも知れないのよ。」
「そんな……」
「ほら、目をちゃんと開けてこっちを見るの!」

僕がゆり枝さんの方を見ると、ゆり枝さんは僕の指先を グッと『チツのアナ』に差し込んで、揺り動かしてるのです。

「ああん…… 私、レイプされてる…… エッチな男のコに、犯されてる……」

そんな事言われながらチンチンを触られてると、ゆり枝さんのチツのアナに入っていくのが、指ではなく僕のチンチンそのものであるような気がして来ました。

「ゆり枝さん…… ごめんなさい……」

僕の指が根元までゆり枝さんの『チツのアナ』に入りこんだ瞬間、僕はゆり枝さんの手の中に 耐えきれず漏らしてしまったのです。
だけど僕は、まるでゆり枝さんに中出ししたような、征服感を得ていました……。

しばらくして、あと始末をすませた僕とゆり枝さんは、もう一度お祭りを見に行くことにしました。
だけど、二人いっしょに宿屋を出るのもマズイので、別々に時間差をつけて出ることにしました。

ところが、
「じゃあ、先に行きます。」
と言って一歩踏みだした僕を、ゆり枝さんが後ろからギュッと抱きしめて来たのです。

戸惑っている僕に、ゆり枝さんは耳の後ろから ささやきました。
「なりゆきじゃないからね。好きだから、したんだからね。」

19+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR