エッチ体験談が11,000話を突破しました。

登山サークルで体験した目隠しエッチ

PR

三太郎くんさんから投稿頂いた「登山サークルで体験した目隠しエッチ」。

3年ほど前に登山サークルに参加した。16人ほどいて初心者用の山をゆっくり登って大きなテントをいくつか作ってそこで寝ていました。深夜になりトイレに行く時に隣のテントから『いや、やめて。やだ』と聞こえてきましたが僕は我慢できずトイレに急ぎました。帰りに気になって覗いてみるとおっさんが女の子を押さえつけてキスを楽しんでいました。

16人中若い女性は3人だったんで服装ですぐに25歳の保育士のリエだとわかりました。エリは小柄で高梨沙羅に似てて押しに弱そうな感じでした。おっさんはSMが趣味らしくエリの服を脱がして持参のロープで手を後ろ手に縛り足を片方ずつ縛りテントに繋げて目隠ししてこれからモノを出そうとしてました。

『助けて』と震えるエリにおっさんが『ムダだ。他のメンバーには金を渡して他のテントに行ってもらった。助けはこないよ』と聞いて『しめた』と思いそっとテントに入りすばやくおっさんを後ろから首を絞め落とし下半身丸出しで外に放り出しました。

そして目隠しされて手足を縛られたエリに舌をからめてキスをして、指2本で手マンしました。Cカップの白い肌の胸を舐め、薄ピンクの乳首に吸い付きます。唾まみれです。エリは『ん、ん、やあ、だめ、そこ、やばい』とピクンピクン感じておもらしをしている。その濡れたまんこにフル勃起したモノをゆっくりとグリグリ押し込むと『はあああん!かたい!奥まで当たるう!』とかすれた声で叫び力強く抱きつきいてきた。

こちらも吸い付くアツい中が気持ちよくて、小柄な身体を抱きながらリズムよく突き上げる。エリは美乳をゆさゆさ揺らしながら『ん!ん!んん!だめ!い・・く!いくうう!』と耐えるようにあえいでは潮をじょろじょろ垂れ流した。

その度に締まりが良くなっていくまんこにこちらもイキたくなりおもいっきり中に流し込んだ。『ああ、だめ。いっぱいドクドク出てるよお』と呟いていた。エリをそのままにすぐにテントを出ると服装を整えて開けっ放しのテントの中に『どうかしましたか?』エリを見つけたフリをして『大丈夫か?』と目隠しやロープをほどき服を着せた。

自分のテントから持ってきたタオルケットを渡して服を着せて少し離れた場所で2人で話ながら、主宰者に言うか聞くと誰にも言わないでと泣きつかれてその場でセックスをしました。その子とは山を降りても1年ほど続きましたが自然消滅。いい身体を堪能できました。

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR