エッチ体験談が10000話を突破しました。

最低で最悪の宝物

ko-さんから投稿頂いた「最低で最悪の宝物」。

初めて会ったのは夏だった。
彼女は長い髪を結って、桃色の浴衣を着ていたのを今でも覚えている。
当時知り合って間もない友達の紹介だったけど、彼女と少し話して感じたのは、丁寧で、上品な印象だった。
化粧も薄く、控えめな佇まい。
僕は「お嬢様なのかな?」と思ったのだが、後で知ったけど、200坪もある日本家屋に住む、本当のお嬢様だった。

その日はとりあえず連絡先を交換してみただけで、当たり障りのない挨拶で別れた。

それから何度か会う機会があって、よく会話をするようになったけど、僕は彼女にいつも、ところどころに緊張を帯びたような気配を感じとっていた。
どうやら人と話すのが……特に男性とは、あまり慣れていないというか、不得意なのだという。
僕は彼女ともう少し仲良くなりたくなって、頑張って会話の話題を探りながら接していた。
ちょっと経ってから知ったのだが、僕より少しだけ年上だった。

好きだと思い始めたのは割とすぐのことだった。
会って2年ちょっとぐらいの冬の日、思い切って告白した。
「考えさせてほしい……」
そう言われて1週間後、彼女は
「宜しくお願いします」
と言ってくれた。

男の人と付き合うのは初めてだから、リードしてほしい、と。
上手く付き合えなかったらごめんなさい、とも。
僕は「全然大丈夫だよ」と言って、受けてくれてありがとう、と頭を下げた。

それから一緒に色々出掛けた。手も繋いだりした。
一度仲良くなってみると、人と接するのが苦手だとは思えないくらい心を開いてくれた。
最初は正直、あまり笑わない人だと思っていたけど、僕にはよく笑顔を見せてくれるようになった。
変なところで笑うし泣くし、意外と天然だったりと、可愛らしい一面も見て取れた。

デートはいつも、美術館によく行った。
若者らしくイルミネーションに行ったりしたこともあった。
雪の降る中、彼女の好きなクラシックのコンサートを聴きに行ったりもした。
春になると桜を見に行った。
風が吹いて花びらが舞う中で、彼女は遠くまで広がる桜の風景を眺めていた。
その鼻筋のとおった横顔と、長い天然のまつ毛が、陽の光に照らされて輝いていた。

付き合っている僕が言うと自慢のようだが、こんなに綺麗な人が本当にいるのかと思った。
彼女はその景色の中でふいにこちらを振り向いて、何も言わずに微笑んだ。
……僕は見とれていた。
彼女の、腰まである長い綺麗な髪と、お洒落で清楚な洋服が、いつもきらきらと眩しくて、僕の日常を染め上げていった。

初めて家に遊びに来てくれた時、良い雰囲気になって、キスをした。
初めてのキスだったからか、長く感じた。いや、実際長かったと思う。
僕は興奮してしまって、キスしながら、彼女の胸を触ってしまった。
嫌そうな素振りはなかったので、そのままずっと揉み続けた。
キスが終わって、今さら恥ずかしくなって謝った。
彼女は笑っていた。

また次に家に来た時もキスをした。
今度は抱きしめながらしたけど、彼女の唇の感触にまた興奮してしまい、気づけば僕は勃起していた。
抑えられなくて、抱きしめていた手を片方離し、そっとチャックを下ろしてぺニスを露出させた。
彼女は気づかずに、目を閉じてキスを続けている。
僕はそのまま彼女の細い手をとり、自分の勃起したぺニスへと誘導した。

握らせた瞬間、彼女は驚いたように目を開けた。
キスをやめそうな気がしたので、少しだけ強引に続けると、彼女はまたゆっくりと目を閉じて僕のぺニスを優しくしごき始めてくれた。
それがあまりに気持ちよすぎて驚いた。
女の人の手でぺニスを触ってもらうことがこんなに気持ちいいなんて……。
意図せず大量に分泌された汁が、瞬く間に全体に広がる。

僕より少し体温が低いのか、少し冷たいような彼女の細い指が、ぬるぬると僕のぺニスをしごき続ける。
キスが終わって顔を離すと、彼女は自分の手に握られた僕のぺニスをじっと見下ろす。
そして先端から指を着けたり離したりして分泌液の糸を引かせながら
「どうしたらいいのかな……」
と、目を逸らして少し困ったように聞いてきた。
僕は答えた。
「口でしてほしい」
彼女は久しぶりに緊張したような表情を僕に見せたが、それでも勇気を振り絞るように頷いた。

ソファへと誘導され、仰向けに寝そべるように腰かけた僕の下半身に、彼女は不器用そうに顔をうずめた。
すぐさま、温かい、ぬめり気のあるものがぺニスを包み込み、思わず「あっ」と声が漏れた。
構わず彼女の頭は上下する。
その度に声が漏れ、腰がびくついた。
口元で音をたてながら、彼女の動きは繰り返される。
その一回一回が、死にそうなくらい気持ちよかった。良い意味で、生きた心地がしなかったのだ。

あ、ヤバイ……
そう思ったときにはもう、僕は耐えられずに精子を出していた。
もちろん彼女の口の中にだ。
出ている時間が長い。量もいつもより多い気がした。
彼女は、僕が全部出し切るのを待ってから、ようやく口を離した。そして、目を閉じてその味をじっくり確かめているようだった。
やがて上品な手つきでハンカチで口元を拭き、いつもみたいなおしとやかな表情で
「ご馳走さまでした」
と言って僕に頭を下げた。

帰りしな、彼女は僕に
「今日は心の距離がよりいっそう縮まった気がして、嬉しかった」
と言った。
またいい? と聞いてきたので、僕は思い切って頼んだ。
「今度は、全部したい」
彼女は目をまるくして
「全部って、セックスのこと?」
と聞いてきた。
彼女の口からそんな言葉が容易く出てきたことに驚きながら、僕は、「ダメ?」と恐る恐る聞いた。
彼女は、「じゃあ、今度しよっか……」と、少し顔を赤らめながらも、誘いには喜んでいるようだった。

その次に会った時、カフェでしばらくお茶した後、そのまま昼間からホテルに入った。
ドキドキしながら建物のエレベータに乗ると、僕のぺニスはすでにはち切れそうなくらいに固くなっていた。
部屋に入った瞬間に、僕はチャックを下ろしてまたぺニスを露出させ、先に入った彼女を呼び止めた。
振り向いた彼女の視線がすぐさま僕の下半身に向き、あっと口元を押さえて驚いていた。
一瞬顔を逸らしたが、すぐさま僕の顔を見て
「すぐお風呂に入ろ?」
と優しく微笑んだ。

一緒にお風呂に入り、またぺニスをしごかれながら、僕は初めて見る彼女の裸に見入っていた。
白く澄んだ肌に、細い体つき。それでいて胸はけっこう大きさがあって、最初に触った時にいだいたイメージ通り、美しい形をしていた。
僕はおもむろに少し屈んで、何も言わずにただ乳首を吸い始めた。

ちょっと固くなっていて、僕はそれを舌で転がしたり、音を立てて思い切り吸ったりを繰り返す。
彼女は、「ちょっと、もう……」なんて言って、僕の頭を撫でて「困った子なんだから……」と呟いた。
風呂から出てベッドに行ったら、しばらく話をした後で、彼女は「そろそろ……」と言ってきた。
舌をからめながらキスをして、それをいつもより長く続けてから、彼女はゆっくりと横たわった。

初めてだから優しくしてほしいという言葉に、僕も初めてだと言うと
「本当?」
と喜んで、じゃあ、お願いしますと目を閉じた。
僕が彼女の両脚を優しく開くと、彼女は急に恥ずかしくなったようで、両手で顔を覆って「はあああ……」と小さな声を上げた。
彼女のおまんこはとても綺麗で、何にも汚されていない、清らかなものに見えた。
触ってみると熱くて、まだキスしかしてないのにすでにもう透明な液体が溢れ出ていた。
口を近づけて舌を這わすと、いい香りがした。

むかし友達から聞いていた知識と全然違った。
それをそのまま告げると彼女は意外と冷静に
「いつも綺麗にしてるから……」
と言いながら、続きを催促するように両手の指でおまんこを広げてみせた。
ドキドキしながら観察してみると、広げられたその中心にある穴が、ひくひくと小さく開いたり閉じたりしていた。
ここにこれから挿れるんだと思うと、ときめきが止まらなかった。

一頻り舌でその味を楽しんだあと、僕は自分の勃起したぺニスに用意してあった一番薄いゴムを付けて、彼女のおまんこにあてがった。
ゆっくりと、差し込む。
じわりと先端から暖かくなっていく感覚。
包み込まれていく……。
ゆっくり、ゆっくり。
やがて根本まで……。
ああ、入っちゃった。
ついに……、ついに彼女に挿入したんだ……。
僕は嬉しくなって彼女に覆い被さり、抱きしめた。

彼女はまた僕の頭を撫でて
「ついにやっちゃったね」
と甘い声で囁いた。
僕はそれを聞いて俄然興奮し、すぐに再び上体を起こして腰を動かし始めた。
彼女のおまんこに出し入れされる、僕の勃起したぺニス。
それを見下ろしながら、夢のような時間を過ごした。
時には抱きしめ合って密着しながら、時には挿したまま何気ない話をしたりして、結局その日は一日中ホテルに籠って3回もセックスしたのだった。

それからというもの、僕らは会う日会う日をよくセックスで過ごすようになった。
どちらからともなく誘い、誘われ、1回始めたら止まらず長ければ一日中、出し入れを繰り返す。
フェラもあれから何度かしてくれたし、ある時なんか僕が
「精子が出る瞬間を見ていてほしい」
と頼んで、水を掬うときのように彼女に両手でお皿を作らせ、その上で自らぺニスをしごいた。
彼女は真剣に顔を寄せて、わずか15cmぐらいの至近距離で、観察するように僕のぺニスを見つめていた。

僕は出そうになっても何も告げず、構わずいきなり彼女の両手に精子を注いだ。
すると、わあっと彼女の小さな歓声があがり、続いて
「すごいすごい!」
と喜ぶ声。
彼女は手のひらの上の僕の精子をひとしきり観察した後、それに口を寄せて、じゅるじゅると吸って飲み始めた。
そして暫く口の中でころがして味わってから、ゆっくりと飲み込んだ。
僕はそれがすごく幸せで、彼女のためならどれだけでも精子が出るんじゃないかと思った。

またある時は、部屋で僕がうたた寝をしてしまった日。
妙な感覚がして目が覚めると、彼女がいつのまにか僕のぺニスを出してしゃぶっていた。
驚いたけど寝たふりをしてたのだが、最後に腰をひくひくさせて精子を出したのでバレてしまった。
「起こしちゃってごめんなさい……。どうしても飲みたくなって……」
彼女は僕の精子を飲み込んでからそう謝ってきた。
僕が
「嬉しかった、いつでも好きなときにしてほしい」
と答えると、彼女は幸せそうに頷いて、早速またすぐにしゃぶり始めた。
「え!?」と思いはしたが、僕もたった今出したばっかりなのにすぐに勃起していて、また彼女に好きなだけ飲まれてしまうのだった。

僕らの日々は、綺麗な花と、季節の風と、景色に包まれながら、
キスと、フェラと、セックスで出来ていた。
僕は彼女のおまんこで。
彼女は、僕のペニスと精子で。
そしてお互いの愛情と思いやりの心で、それぞれ満たされた時間を送っていた。

僕は、大好きな彼女に、一生をかけてすべてを捧げてしまうつもりだった。
正直、妊娠させたかった。
早く生で挿れて彼女のおまんこの一番奥に精子を流し込みたかった。
まだゴム無しでの挿入は、したことはなかったのだ。

ある日、結婚の話を申し込んだ。
彼女は泣きながら喜んで、両親に報告しに行ったのだが、そこから僕らの幸せは一変した。
彼女の両親の返答は、NOだった。
彼女は猛抗議して、まず僕と会ってもらうように何度も交渉したが
「会うつもりもない!」
という返事が帰ってくるばかりだという。
僕がアポなし凸を提案したが、彼女は首を横に振った。
「それは絶対止めたほうがいい。なんとか交渉するから待って……」
と。
ある夜、彼女と電話で話をしていると、彼女のお母さんの怒号が電話ごしに聞こえた。
「誰と電話してるの! その人はダメって言ってるでしょ!」
彼女はお母さんに反論した後、泣きながら僕に謝り、電話を切った。
僕らの戦いは数ヶ月に及んだ。
その間、いつしか僕らの楽しみは行われなくなっていった。

やがて決着の時は唐突に訪れた。
彼女が折れたのだ。
考えてみれば厳格な両親のもと育てられた彼女なのだ。逆らえないと悟ったのだろう。
……僕らの敗北だ。
そうして僕は、彼女に別れを告げられた。
最後の会話は電話だった。
すごく長電話になった。
僕が諦めたくなかったからだ。
でもその電話が長く続けば続くほど、僕の心も折れていった。

僕と彼女はその電話を最後に、恋人同士をやめた。
2日後、「ちょっとだけ話がしたい」と彼女からまた電話があった。
時間も経って少しは気持ちの切り替えが出来はじめていた僕は、可能なら会話はしないほうがいいような気がしたが、とりあえず応じた。
とりとめのない話から始まって、思い出話もした。
初めて会った時の話。
桜を見に行った時や、美術館に行った時のことも。

やがてだんだんと会話内容が下の内容になってきたのをきっかけに、僕はなんとなく付き合っていたころ聞けなかったことを、今だからこそと聞いてみた。
「最初セックスしたとき、初めてだって言ってたけど、あれウソじゃなかった……?」
そう聞くと彼女は暫く黙った後、
「……うん」
と言った。
バレてたんだ、とも。
僕は少しショックを受けながら、そっか、と返事をした。
「ごめん……」
小さな声が帰ってくる。
そして新たな疑問が浮かんでまた訊ねた。

「男の人と付き合ったことないってのもウソ?」
彼女は答えた。
「ううん、それは本当……」
「じゃあ付き合ってない人とセックスしたことがあったんだ」
また彼女はちょっと黙って
「ごめんなさい、嫌われたくなくて言えなかった」
と、過去の話を少しだけ語りだした。
聞けば色々と経験済みだった。
フェラも昔はよくしていたらしい。セックスも。
もちろん、そういう水商売的な仕事をしてたわけではないという。

ただ交遊関係上、そういう知り合いがたまにいただけだそうだ。
「そうだったんだ……」
と残念そうに呟くと、彼女は泣き出してしまった。「嫌いになったよね?」と。
僕は否定した。
これからも好きな気持ち自体は消えないと思う。
どれだけ自分では気持ちの切り替えが出来たと思っていても、心の奥底では……。
彼女は電話の最後で、これからのことを語った。
今度、両親の勧めで婚活パーティーに行くことになった。
これからはそういうので結婚相手を選んでいくらしい。

僕は婚活パーティー以下なのか。
とは言わなかった。
代わりに僕の何がダメだと言っていたのか聞いた。
どうして会ってもくれなかったのかも……。
理由は、「僕のほうが年下だったから」だそうだ。
会えない理由は、「きっといい人だから、会ったら結婚を許してしまう。だから会いたくなかった……」
……とか。
なんだよそれ。
とも言わずにその話を聞いていた。
色々と心がモヤモヤしたまま、電話は終わった。
それから何ヵ月も、僕と彼女は連絡を断った。

季節がいくつか過ぎたころ、唐突に彼女からメールが入っていた。
報告したいことがあるから今夜電話したいそうだ。
夜、久しぶりに彼女と電話をした。
報告内容は、新しい恋人が出来たことだった。
予測出来ていたとはいえ、ショックは大きかった。
しかしそれでも、久しぶりに彼女の声を聞けたことで、僕はとても嬉しくって泣きそうになっていた。
また思い出したのだ。
初めて会った日を。
あの桃色の浴衣姿を。
桜の景色の中、振り返る彼女の微笑みを……。
「そっちはどう?」
という問いに僕は「全然だよ」と返事した。

「そうなんだ……」と、彼女。
少しの沈黙の後、僕は訊ねた。
「前に言ってた、婚活パーティーで会った人?」
彼女は違うよ~と照れ笑いのような口調で答えた。
聞けば婚活パーティーは結局いい人がいなくて諦めたようで、その後、知り合いの紹介で今の人と会い、付き合い始めたらしい。
僕はドキドキしながら、勇気を出してあることを聞いた。
「その人とは、その……、もう、したの……?」
彼女は押し黙った後、「……なんで?」と聞き返してきた。
ちょっと静かで、冷たい声だった。
僕はばつが悪くなったようにどもって
「いや、別になんていうか……」
と言い訳を考えていると、彼女が答えた。

「うん……もうした」
その答えを聞いた瞬間、急速に僕の鼓動が高鳴った。自分でも聞き取れるくらいに。
この動悸は、後悔なのか何なのか。
わけがわからないまま、とりあえず確認した。
「えっと、何の話かわかってる……よね?」
彼女は突然吹き出しながら
「わかってるよ、セックスでしょう? もうしたよ、した。何回か」
僕は、
何故か、
勃起していた。
電話を手に握りながら、反対の手でチャックを下ろし、むかし彼女の前でよくしていたようにぺニスを露出させ、気づけばそれを握ってゆっくりしごき始めていた。

「そっか、そうだよね……。付き合ってるんだもんね……」
焦ったような変な口調で言うと、彼女はまた冷静な口調に戻り
「ごめんなさい、違う人としちゃって……」
と申し訳なさそうに言ってきた。
あぁ、あれから今日までの、いつかどこかの日に、何回か……。彼女は僕の知らない人と、知らない間に、セックスしてたんだ。
びくんびくんと、勃起したぺニスが今までにないくらい、痛いくらい、硬くいきり勃っていた。
透明な分泌液も容赦なくにじみ出て、床にぱたぱたと雫をたらす。
彼女のあの、いい匂いのする綺麗なおまんこには、今は違う人が勃起したぺニスを挿し込んでいるんだ。

そして勢いよく出し挿れを繰り返して彼女を気持ちよくさせているんだ。
想像してしまう。
そしてそれが想像でなく、現実に行われたことだと頭の中で再確認すればするほど、いても立ってもいられない気持ちになってくる。
なんだこの気持ちは……。
これは……。
「……その話、もっと聞かせて?」
僕はぺニスを思いきりしごきながら、電話の向こうの彼女にせがんだ。
彼女は最初「えー……」と困ったようにしぶっていたものの、やがて照れるような口調でのろけ話をし始めた。
その話は、要約すると僕の頭をおかしくするものの連続だった。

「口でもよくする」
「精子も飲ませてもらってる」
「この前は顔にもかけてもらった」
「けっこうセックスしてる」
「割といつもやってる」
「会えばやってる」
「本当は付き合い始める前からやってた」
「一昨日もやった」
「昨日もやった」
「実は今日もやってた」
「いつも生で挿入される」
「いつも中に出される」
「でも正直気持ちいいと思う」
「そういえば生でしたことなかったよね、ごめんね」
「そうそう、今日も生でしたんだけど……」
彼女の言葉を聞きながら、僕は引き出しから、むかし撮った彼女の顔写真を探し出していた。

当時部屋に飾るためにプリントしたものだった。
この時は僕のために微笑んでくれていた彼女が……、
僕の一番大切な、この人が……、
今は違う人の勃起したぺニスをしゃぶって、
精子を飲んで、
顔にかけられて、
生のペニスをおまんこに出し挿れさせて、
悦んでる。
そう。
僕は出来なかったのに、
今は生挿入も中出しもされてる。
それを許してる。

それも何回も何回も!
僕の大切な彼女が!
知らない人と!
何回も何回も!
昨日も、
今日もしてた!
生で!
中に!

「……ああ!!」

僕は、思わず声を出しながら、彼女の顔写真に精子をぶっかけた。
彼女の笑顔が、僕の精子でいっぱいになった。
でも写真だった。
本物の彼女は……、本物の彼女の笑顔は、
もう、僕の知らない誰かの精子でいつも満たされているのだ。
……電話の向こうで、僕の声に驚いた彼女がぽかんとしているのが容易に想像できた。
案の定、「……どうしたの? 大丈夫?」と聞いてくるので、正直に今やったことを話した。
「聞いてたら勃起してきちゃって……、聞きながら手でしごいて、君の顔写真に精子をかけた」
と。

「悔しくてたまらなくて、でも今の自分にはそれしか出来ない」
と、そう泣きながら訴えた。
彼女は少しだけ黙った後、同じように泣いているようだった。
そして泣き声のまま、「悔しがってくれて嬉しい」と言った。
「まだ私を好きでいてくれてありがとう」と。
そして
「お礼にいいものあげるよ……」
それじゃあね、そう最後に言った後、彼女はすぐに電話を切ってしまった。
放心状態でどうしたのかと考えていると、ちょっと経ってから彼女からのメールが何通か届いた。
どれも文章はなかったけど、それぞれ添付されているものがあったので開いた。

全部、彼女のハメ撮り動画だった。
全部、生だった。
全部、中に出されてた。
彼女がこんなものを撮るのを許しているのがショックだったと同時に、また妙な興奮と絶望的な悲壮感が一緒になって襲ってきた。
おまんこから溢れた誰かの精子を自分でかき入れてるシーンもあった。
誰かのペニスを美味しそうにフェラしてる動画もあった。
僕はひとしきりそれを見終わった後、メールをそっと閉じた。
そしてさらに精子まみれになった顔写真を眺める。
きっとこうしていれば彼女はいずれ、この人の精子で受精して妊娠するんだろう。

そして結婚だって当然するんだ。
嫌だった。
そんなのは絶対に。
でも僕がどれだけ嫌でも、もうとっくにどうしようもなくなっていた。
ひとすじの涙が、精子の海に落ちていった。
僕も生で挿れたかった……。
中に出したかった……。
僕が、妊娠させたかった……。
僕が、彼女と結婚したかった……。

メールの動画はすべて保存した。
大切に、PCにも移して。
だってこれが、彼女と交わした最後のやりとりだったから。
あれからもう二度と、会うことも、声を聞くこともなくなった。
人づての噂すら聞かない。
もう本当に知らない人になってしまった。
まるで、最初からそんな人とは知り合っていなかったように。
だから、他の人とセックスしているところを見せられるこのメールが、本当に最後の、彼女との思い出となった……。
今でもそれは、僕にとって最低で最悪の宝物になっている。

17+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!