エッチ体験談が11,000話を突破しました。

サイトで出会った彼女との濃厚エッチ

PR

久志さんから投稿頂いた「サイトで出会った彼女との濃厚エッチ」

先日会った彼女とのHを事実のままできるだけ(プライバシーに関わること以外は)リアルに書いてみます。

前段として、彼女との出会いを紹介します。
彼女(仮に「愛」とします)とは1年ほどまえにサイトを通じて知り合いました。ぼくが掲示板に書き込んだのを見て、彼女がメールしてきたのです。彼女のプロフを見ると業者らしさは無く、30代後半と年齢も近く優しそうな感じがしたので後日、会う約束をしました。

事前に分かっていたことですが、愛は日本人と台湾人のハーフで20歳を過ぎて来日したため、会話をすると中国語の訛りがあります。ただ、日本語は堪能で、会話にもメールのやりとりにも不自由は感じません。たまに間違った言い回しなんかをしますが、かえって「可愛いな」と感じるくらいです。バツイチで一人娘がいるようですが、その娘は全寮制の学校に通っていて離れて暮らしているそうです。

見た目は年齢より若く、可愛らしい感じです。身長が150㎝ぐらいしかないために、一層そう感じさせるのかもしれません。顔は台湾人とのハーフらしく少し濃いめで、目はぱっちりした感じではないですが二重瞼、鼻は高くはなく少し丸みをおびた可愛らしいかたち、口は少し大きめです。体型は普通体型ですが、本人はお腹周りを少し気にしています。髪は胸あたりまであるストレート、胸はCカップで掌におさまる揉みごこちのよい胸をしています。

愛とは初回を除いて、毎回ホテルの駐車場で待ち合わせている。約束の9時半より前に駐車場に車を入れると、愛がすでに軽自動車を駐車場にとめて待っていた。愛はぼくを見つけると、車の中から笑顔で手を振った。ぼくも笑顔で手を振り返し、車を降りた。
「おはよう、今日は早いね」と声をかけると、
「おはよう、さっき着いたばかり」と伏し目がちに応えた。

愛は白のTシャツにジーンズ、少しかかとの高いサンダルという姿だった。少しぴったりとしたTシャツの下のふくらみがまぶしい。Cカップながら良いかたちをしている。そして、そのふくらみの頂きにはぷっくりと膨らんだ乳首が透けて見えた。
「約束どおり、ノーブラで来てくれたんだね」
恥ずかしそうにうなずく愛…途中の車の中でブラを外したのではなく、家を出るときから外してきてドキドキしたとのことだった。そう聞いてぼくは興奮した。
二人はホテルの入り口をくぐり、2階の受付へ行くためエレベーターに乗った。

エレベーターに乗るとぼくは後ろから愛の胸を優しく触った。愛は嫌がることもなくぼくの愛撫に身をまかせた。Tシャツの上から乳首を擦りながら、親指と人差し指で乳首をつまむと愛は「あっ」と小さく声をあげた。
愛は受け身なだけの女性ではない。
愛の胸を愛撫してすっかり興奮したぼくの股間に愛は右手を這わせてきた。ズボンの上からでも分かるほどぼくの股間は膨らんでいた。愛は下からぼくの股間を擦りあげるようにしてきたかと思うと、ズボンの上からぼくの「モノ」を掴んだ。

「ギンギンだ」上目遣いに愛が言う。
「愛がエロいからこんなになっちゃうんだよ」ぼくは言った。
突然、エレベーターのドアが開いた。(2階に着いたのだ)
目の前にカップルが立っている。慌てて二人は手を引っ込めてエレベーターを降り、二人で顔を赤らめた。
月曜の朝にもかかわらず、部屋は2階の1室しか空いていなかった。二人はエレベーターに乗ることなく、2階の奥の部屋に入った。先ほどの気まずさからか、愛は「お風呂の準備するね」と言い、浴槽に湯をはり始めた。暑かったので、ぼくは二人分の飲み物を準備した。

ソファにかけて待っていると愛が戻ってきたので、二人並んでソファにかけて冷たい飲み物を飲んだ。お互い少し落ち着いたが、ぼくの目線はどうしても愛の胸へいってしまう。その視線を感じて愛ははにかんだ笑いを見せた。
そのまま見つめ合いながらお互い顔を寄せゆっくりと唇を重ねた。身体を寄せ合いしっかりと抱き合いながら、徐々にお互いの舌をからませた。舌先と舌先で触れ合い、奥で絡み合った。そっと唇を離すと愛の顔は、上気してほんのり赤らんでいた。
ぼくは右手を愛の左胸に、左手を愛の右胸に服の上からそっとのせ、ゆっくりと撫でまわした。すると、服のふくらみの先がぷっくりと膨れあがり、乳首が浮き出てくるのが分かった。ぼくはあえて乳首に触れないようにしながら、愛の胸を下から揉んだ。いまやピンと勃った乳首のかたちが服の上からでもはっきりと分かる。

「乳首勃ってるね」と言うと照れた表情で首を横に振る愛…
ぼくが人差し指で乳首に触れると愛の身体がビクッと反応した。ぼくは愛の胸を揉みながら、人差し指と親指で乳首をつまむ。
「あっ」愛の口から声が漏れた。
その口に唇を重ねつつ、服の上から愛の胸を揉みしだいた。指で乳首をつまんだり擦ったり、刺激しながら…ぼくもすっかり興奮していて、ズボンの上からでも分かるくらいに股間は大きく膨らんでいた。いつの間にか愛の左手が伸び、ズボンの上からぼくの股間を擦っていた。ズボンの上からでも浮き出て分かるペニスのかたちに沿って愛は掴むようにぼくの股間を愛撫した。
気持ちいい…
興奮したぼくは愛のTシャツの裾を捲り上げ、おっぱいを剥き出しにした。剥き出しになったおっぱいを両手で揉みながら、ツンと立った乳首に舌を這わせる。
「ああっ」愛が声をあげる。

その声に興奮を高めたぼくは愛の乳首を左右交互に吸い舐めた。乳首の先端を舌先でつつくようにしたり、口に含んで舌でころがしたり、乳輪のまわりを這うように舐めまわしたり…愛の反応をみながら。
 ぼくはソファの前に跪き左手と舌先で愛の胸を愛撫しながら右手は愛の股間を撫で始めた。
身をよじる愛…
ぴったりとしたジーンズの上からでも感じているようだ。声も小刻みに早くなる。
「あっ、あっ、あっ、あっ…」可愛い表情で喘いでいる。

我慢できなくなったぼくは愛のジーンズのボタンを外し、ジッパーをおろした。そして、ゆっくりとジーンズを脱がせていった。そしてぼく自身もボクサーパンツ1枚の姿になった。薄いメッシュ生地のパンツは異様なかたちに隆起していた。
胸まで捲りあげられたTシャツとサテン生地のように光沢のある黒のショーツ(レースが付いていて可愛いうえにエロい)姿は、ぼくを暴走させるに十分だった。愛の露わになった白い太腿に手を添えて、ぼくはそっと愛の股を開かせるとその中心を掌で覆った。ぼくは愛の股間を掌で包むように撫でた。時々、クリトリスの辺りを指先で刺激しながら、胸は左手と舌先が再び愛撫を続ける…愛の股間はショーツの上からでもしっとりと湿っているのが分かった。
「あぁぁっ、うっ」愛の喘ぎ声がさらに大きくなった。

「いやらしい声だね」
「ああもう気持ちいい。まん汁出た」こういう時の愛の表現はストレートだ。
「見てあげるね」ぼくは股間部分の黒い生地を半分ずらして、愛の陰部を露出させた。そっと指先で触れる。全体が十分すぎるほど濡れている。
「ぬるぬるだよ」
「恥ずかしい…まん汁いっぱい」
「すごく綺麗だよ」と言いながらぼくは愛の股間に顔を埋めた。舌先で愛のクリトリスをそっと舐める。

「ああっ!」ゆっくりと丁寧にぼくは愛のおまんこを舐めていった。愛はぼくが舐めやすいようにずらしたショーツをいつの間にか自分の手で持っていた。会い始めて1年近くになるが、今まで浴室で洗ってからでないと決して舐めさせてくれなかったのに…ぼくは内心とても嬉しくなった。
ぼくは愛の股間を夢中で舐めた。いまや空いた両手で愛の胸を激しく揉みしだきながら!溢れる愛液とぼくのだ液が混じって愛の股間に溢れていた。
「あっ、あっ、あっ、うっ、うっ…あー気もち(良)すぎるっ!あーイっちゃう、待って」の言葉にぼくは動きを緩めた。ゆっくりと舐め続けるぼくに向かって愛は言った。
「お風呂入ってからいっぱいしよっ」ぼくは頷いた。

身体を離すとお互い身に着けていたものをすべて脱いだ。愛が一足先に浴室前の洗面所の鏡の前に一糸まとわぬ姿で立った。後から浴室へ向かったぼくは洗面所の鏡に映る愛の裸を見つめた。微笑む愛に近づくと真後ろに立った。ぼくは両手を愛の胸にまわした。鏡に映った愛を見ながら、その胸を揉んでいく。微笑んでいた愛の表情がだんだんと恍惚の表情に変わる。先ほどの興奮が残っているのか、早くも息遣いが激しくなる。鏡に映った愛の姿にぼくも興奮する。その証拠にぼくの硬くなったペニスは真上にそそり立っている。硬直した肉棒を愛のお尻に擦りつけながら胸を揉み続ける。
「カチコチだ」お尻に感じた感触を愛が口にした。

「愛がいやらしすぎるから、ぼくのがはちきれそうになっちゃてるよ」ぼくは少し身体を少し横にずらし、硬直して屹立しているぼくのものが鏡に映るようにした。
愛はいやらしい笑みを浮かべると
「ちんちんギンギンだ。」と言いながらぼくのペニスを掴んだ。愛は握ったぼくのペニスを上下にシゴきだした。亀頭は大きく膨れあがり、赤く充血していた。
お互い鏡に映った相手と見つめ合う。女は男に胸を揉まれながら男の硬直したモノを握りシゴていた。男は女の胸を揉みながら女に硬直したモノを握られシゴかれていた。鏡越しに見る自分たちは、あまりにエロく興奮を倍加させた。
「硬い。今日はよろしくね」と言って、愛はぼくの亀頭を優しく撫でた。

「こちらこそよろしく。あとでお邪魔するね」と言って、愛液が溢れかえっている愛のおまんこを優しく撫で返した。
浴室に入るとぼくらはお互いの身体を隅々まで洗いあった。特に下半身は丁寧に…
浴槽ではお互いの身体を確認するように触り合った。ぼくが愛の胸を触り乳首を弄ぶと愛はぼくの乳首を擦った。愛の股間を手のひらで転がすように撫でると愛はぼくの睾丸を優しく揉んだ。ぼくの肉棒は再びフル勃起していた。
湯船に浸かりながら愛を後ろ向きにして抱きしめた。首筋や耳たぶを舐めながら左手で胸を愛撫し、右手で開いた股間を円を描くように撫でた。愛は乳棒のように固くなったぼくのペニスを握ったままぼくの愛撫に応えた。再び喘ぎ声が漏れ始めた半ば開かれた口を口で塞ぎ、舌を絡め合った。興奮が高まり二人の額には大粒の汗が浮かび始めた。

どちらともなく…
「熱いね。そろそろ出ようか」と声をかけあい、浴室を後にした。
先に濡れた身体を拭いて、腰にタオルを巻いた姿でぼくはソファに腰かけ、愛が身体を拭いて脱衣室から出てくるのを待った。熱くなった身体にエアコンの風が心地よく、興奮も鎮めてくれる。
しばらくすると、愛も脱衣室から出てきてタオルを巻いた姿でぼくの傍らに腰を下ろした。冷えたミネラルウォーターを二人並んで飲んだ。
「よろしくね」微笑みながら愛は言った。彼女はいつも丁寧だ。
「こちらこそ」ぼくは答えた。

「今度は私が舐めるね」愛はぼくに正対すると軽くキスをし、跪くとぼくの乳首を舐め始めた。ぼくの乳首を口に含み舌でころがす…気持ちいい。彼女にされるまでぼくは乳首で感じることが無かった。右も左も丁寧に舐めてくれる。
「気持ちいいよ」とぼくが言うと、愛はいたずらっぽい笑みを浮かべながらぼくの身体じゅうに軽いキスの雨を降らせた。胸から腹部へ…彼女のキスはついに下腹部に到達した。腰に巻いたタオルは、すでにテントが張られたようになっている。彼女は優しくぼくの腰に巻かれたタオルを取り去った。
剥き出しになったぼくのペニスはさらに硬さを増し天井に向かって直立していた。愛はぼくのペニスの先をゆっくりと咥えた。何度か出し入れした後、舌先でペロペロとぼくの亀頭を愛おしむように舐め始めた。

「気持ちいい」ぼくは声に出して言った。
彼女はニコリとして僕の竿を片手で持ち、もう一方の掌にタマをのせて、今度はタマの付け根部分をゆっくりと舐め始めた。口の中にタマを含んで執拗に舐めまわす。
「そんなところまで…」
「もっと舐めてあげるね」と言うと、愛はぼくの竿の部分を付け根からペロペロと右に左に丁寧に舐め始めた。再び頂点までくるとぼくのモノをすっぽりと咥えこんだ。はちきれそうなぼくのちんこが彼女の口内にすっぽりと包みこまれている。愛はゆっくりとピストン運動を始めた。初めのうちはゆっくりと、そしてだんだん早く…
ジュパジュパ音をさせながらぼくのちんぽを激しくしゃぶる愛。

「ああ、気持ちいい。上手だよ」と言うと彼女はぼくの肉棒を咥えることを一旦やめ、
「おいしい」とひとこと言い、再びぼくを口に含んだ。
その姿と表情はあまりに愛おしくエロチックだった。
「かわいい、かわいい」とフェラチオをする愛の頭を撫でながらぼくは言い続けた。ぼくは気持ちよさで後頭部がジーンと痺れるような感覚を味わった。
彼女はさらに激しく貪るように顔を前後に振りながらぼくのペニスをしゃぶり出した。これ以上ないくらいにぼくのモノは彼女の口の中で膨張していた。気持ちよすぎて頭が真っ白だ。これ以上は…イッてしまう。
「ヤバい、ヤバい」ぼくは声をあげた。同時に愛は咥えるのを止めた。

「ヤバい、ヤバい」彼女も同調する。
「ガマン汁いっぱい出たね」と笑っている。ぼくは苦笑するしかない。
「今度はぼくが舐めるね」と言うと愛は頷いた。
「じゃあ、ベッドで」と言う愛を途中で引き留め、
「少しだけ後ろから舐めたいな」と言うと傍らの鏡台を示した。愛は巻いていたタオルを自ら取ると、素直にお尻を突き出すように鏡台に手をついた。その姿に興奮を抑えきれず、お尻を両手で掴み横に押し開くと、愛の陰部が露わになった。ぼくは文字どおり愛のおまんこに音を立ててしゃぶりついた。
「ああ、ああっ」愛は大きな声をあげた。

「愛のおまんこおいしいよ」ぼくは溢れる愛液を浴びながら、愛の中に舌を出し入れする。可愛いアナルも愛液で濡れて光っている。陰唇を舐めながら、下方から掴むようにおっぱいも揉んだ。
「ああ、もうダメ…」愛は床に膝をついた。立っていられなくなったのだ。
「続きはベッドで」と言いながらぼくは愛をベッドへ誘導した。
愛をベッドに横たえるとぼくは彼女の上に覆いかぶさり、小さな身体を抱きしめながら唇を重ねた。舌先と舌先で愛撫し合うように長いキスをした。ぼくは唇を離すと彼女の首筋から胸をゆっくりと舐めていった。乳首は舌先で丁寧にペロペロと舐め、口に含んで吸った。再び愛の息遣いが乱れ始めた。

おっぱいは両手に任せて、ぼくの舌は愛の下腹部へ降りていった。おへその辺りを舐めた後、再び愛の股間と対峙した。腿にそっと触れ、愛の股を大きく開かせると、薄い陰毛に覆われた陰部の周辺を外側から内側へぼくは丁寧に舐めた。
「あー」彼女は再び気持ちよさそうな声をあげる。
陰唇からクリトリスを舌先でゆっくりとそのかたちを確かめるように舐めていく。クリトリスにキスをし、口に含んで舌先でころがす。
「あっ、あっ、あー」愛の口からテンポの良い喘ぎ声が聞こえる。

ぼくは舌先をクリトリスからヴァギナのほうへ…音を立ててしゃぶるように舐めた。両手は愛の胸を揉みながら、指先は乳首を摘まんだり擦ったりするのを忘れない。愛液とだ液にまみれた愛のおまんこ…綺麗な色とかたちをしている。あまりの愛おしさにぼくは愛のおまんこを口に含んだ。ぼくの口内は愛液とだ液の海だ。口の中で愛のおまんこを泳がせながら舌先でクリトリスやヴァギナを刺激していく。
「あー、あー、あっ、あっ、気持ち(良)すぎる!」愛は大きな声で言った。

ぼくは口撃の手を緩めない。口に含んだ愛のおまんこを舌や歯を使って執拗に刺激する。時には舌先を愛のおまんこの中に出し入れしながら…同時に愛のピンピンに勃った乳首を指先で弄ぶ。
「おまんこ気持ち(良)すぎるぅ、あっ、あっ、あー、イクぅー!」愛は大きな声で叫ぶと同時に身の仰け反らせた。
「あー、あー、あー、いっちゃった」と言いながら愛の息遣いはハァハァとまだ荒い。ぼくは愛おしむように愛のおまんこを舌で撫で続けた。
「今度は私が舐めるね」と言うと愛はおもむろに起き上がり、ぼくをベッドに仰向けになるよう促した。彼女に促されるまま仰向けになると、すでに直立しているぼくのペニスを愛はゆっくりと口に含んだ。ぼくの方に目線を向けながら舌先でチロチロと亀頭を舐める。

すごく可愛い…気持ちいい。ぼくは彼女の行為に身をゆだねた。
ジュパジュパ凄い音を立てながら愛は血管が浮き出て硬直したモノを吸っている。だ液まみれのぼくのちんぽは彼女のいいように弄ばれている。
「あー気持ちいい、気持ちいいー」と言うと愛はさらに強くぼくのちんぽを吸い、手でシゴきながらしゃぶり出した。ぼくのペニスはすっかり彼女のおもちゃだ。
「ああ、もうヤバい。イくイきそう!」とぼくが言うと愛はゆっくりと咥えていたぼくのペニスを離した。彼女の口からはだ液が糸を引いて、だ液まみれのぼくの完全勃起体に繋がっている。

「挿れたい」と愛はにっこり頷き、ぼくのだ液まみれになったペニスをティッシュで綺麗に拭いた。
再びベッドに横たわった愛をゆっくりと愛撫していく。挿入に向けて十分に愛のまんこを潤そうと軽くクンニを始めるが、そこは十分に愛液で溢れていた。
「それじゃあ、挿れるね」ぼくは硬直したペニスにゴムを着けながら言う。愛は頷き、自ら大きく股を開いた。ぼくの屹立したペニスがゆっくりと愛の中へ入っていく。太く硬くなっている亀頭もスルリと入った。ぼくの太く硬直したものが愛の奥深くを貫いた。
「あぁ」愛の口から声が漏れる。

「挿れてるだけで気持ちいいね」挿入の満足感を味わいながら、先ほどまでぼくのペニスを咥えていた愛の口に舌を入れる。上下で繋がった二人はお互いを貪り合った。舌を絡ませ合い、下半身で奥深く繋がったまま強く激しく抱き合った。しばらく抱き合いお互いの身体を味わった後、ぼくは上半身を彼女から離し、両胸を揉みながらゆっくりと腰を動かした。
「あっ、あっ、あっ、うーっ、あっ、あっ、」彼女は再び喘ぎ始めた。
ぼくは腰を動かすテンポを速めつつ、愛の乳首に吸い付いた。愛のCカップの胸はぼくの手のひらに丁度よく収まり、揉み心地がいい。ぼくは舌と指先を駆使して乳首を責めた。

「あぁ、あー気持ちいい」
「ぼくも気持ちいいよ。愛のおまんこの中、あったかい」
再び激しくキスをしながら舌を絡め合い、白く柔らかい愛の胸を揉む。
ハァハァハァハァ、お互いの激しい息遣いと下半身が擦れるときのビチャビチャという音にさらに興奮が増す。ぼくは両手をベッドについて自身の身体を支えながらさらに激しく腰を動かした。愛の喘ぐ表情がとても可愛い。彼女の中で最大に大きく硬くなったぼくのペニスは彼女の中をかき回すように暴れまわる。ピストン運動はさらに激しさを増す。興奮のボルテージが高まる。

「あああああっ!気持ち(良)すぎる。イきそう、ああ、イっちゃう!」
ハァハァ
「ああ、ぼくもイきそうだよ。イッていい?」
ハァハァ
「一緒にイこっ、あっ、あっ」
ハァハァ、ハァハァ 二人は興奮の坩堝に達している。
「ああああああああああっ!!イクぅ~っ!」愛は身体を仰け反らせた。

「あああああ、気持ちっ、あっ、イクっ、うっ」ぼくは愛をしっかり抱きしめるように突っ伏した。ドピュッ!絶頂の中勢いよく射精した。
ドクドクドクドクっ…大量の精液がペニスの先から放出されているのを感じる。愛はビクビクと恍惚の表情で身体を震わせている。
お互いしばらく抱き合ったままキスをした。ゆっくりと愛の中からペニスを抜くとゴムの中には大量の精液が溜まっていた。
「いっぱい出た」愛はそれを手にとり言った。
「愛がエッチだからいっぱい出たんだよ」とぼくは言った。

こんな感じで1回のセックスで1時間半から2時間ぐらいかけて濃厚な時間を楽しんでいます。

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR