姉が変態で困る

PR

公仁さんから投稿頂いた「姉が変態で困る」。

僕はお姉ちゃんの奴隷です。
お姉ちゃんの汚れたパンツの臭いを嗅いでオナニーしている所を見られて、「バラされたくなかったら私の命令に逆らうな」と脅されたからです。

最初はおやつを取り上げられたり、使いっ走りにされるだけでした。
でも逆らうと親とか友達にバラされるから我慢するしかないんです。

それに、何回かに一回はご褒美として脱ぎ立てのパンツを貸してくれるんです。
その代わりに目の前でオナニーをさせられます。
脱ぎたてのお姉ちゃんの濃い臭いを嗅げるので、恥ずかしいけどオナニーをしてしまいます。

ある日、いきなりお姉ちゃんにトイレに連れ込まれました。
何をされるのか、何をさせられるのか分からなくて不安でした。

僕を立たせたまま、お姉ちゃんはパンツを脱いで便座に座りオシッコをし始めました。
ショワ~っと音を立てて勢い良くオシッコをするお姉ちゃんを見て、僕はチンチンが大きくなってしまいました。

「何アソコを膨らませてんの?」
そう言ってお姉ちゃんが僕を睨んできます。
「勝手に勃たせた罰として、お姉ちゃんのアソコを綺麗にしなさい。」
オシッコをし終わったお姉ちゃんが立ち上がって両脚を開いて仁王立ちします。

僕がトイレットペーパーに手を伸ばすと、その手をパシッ!と叩いて怒ります。
「舐めて綺麗にするのよ。」
僕は正座してオシッコで汚れたお姉ちゃんのアソコを舐めさせられました。
しょっぱいような苦いような変な味が口の中いっぱいに広がります。

直に口をつけているからパンツよりも濃い臭いで頭がクラクラしました。
「今日からウォシュレットの代わりもしなさい。」
僕はまたオシッコを舐めさせられるんだと思いました。
だけどそれは僕の勘違いでした。

その日の夜、またトイレに連れ込まれました。
便座に座ったお姉ちゃんはオシッコと一緒にウンチまでし始めました。
出し終わると少し前屈みの姿勢で立ち上がり、クルッと回って僕に向かってお尻を突き出しました。

「何をボケッとしてるのよ。早く綺麗にしなさい!」
お姉ちゃんは【ウォシュレット】の代わりになれと命令したんです。
つまり…僕はオシッコだけじゃなく、ウンチの時も舐めて綺麗にしなければいけなかったんです。

まずはオシッコを舐めで汚れたアソコを舐めさせられるんですが、その時にどうしても鼻先がお尻の穴に近づいてしまいます。
強烈な便臭を吸い込みながらアソコを舐めなければなりません。
アソコを綺麗にしたら続けてお尻の穴を舐めなければなりません。
臭くて苦いのを我慢しながらペロペロと舐めてると、「ちゃんと広げて中まで綺麗にしなさいよ」と命令されました。

お尻の穴を広げて舌を入れます。
「お姉ちゃん、綺麗になったよ」
僕がそう言うといきなり僕の顔にお尻を押し付け、上から下に向かってお尻を擦り付けてきました。
「舐め残しは無いみたいね。」
僕の顔にウンチが付いてないのを見て満足したみたいです。

お姉ちゃんが部屋に戻ってすぐに、僕は泣きながら歯磨きしてイソジンでうがいをしました。
ウンチまで舐めさせられて嫌だったはずなのに、チンチンが大きくなっているのがショックでした。
何日か過ぎたある日、「ちょっとマッサージしなさい」と言われました。

ベッドの上でうつ伏せになったお姉ちゃんの腰をマッサージします。
お姉ちゃんを跨いでたので、たまにお尻にチンチンが触ってしまってパンツの中で大きくなってしまいました。
「勝手にアソコを擦り付けて大きくしてんじゃないわよ!マッサージも満足に出来ないの?」
お姉ちゃんが膝を曲げて足で僕のお尻を蹴ってきます。

「わざとじゃないよぉ…。」
蹴られた反動でお姉ちゃんのお尻に何度も強くチンチンを押し付けてしまいます。
「まったく、そんなに硬くして恥ずかしくないの?仕方ないから優しいお姉ちゃんがお尻を使わせてあげるわ。」
マッサージは満足してもらえなかったけど、ご褒美にお尻にチンチンを擦り付けて良いと言われました。
大きくなったチンチンを出して、お姉ちゃんのお尻にパンツの上から擦り付けました。

「パンツ越しで満足?直接擦り付けても良いわよ?」
パンツの横から指を入れてずらし、チンチンをお尻の割れ目に挟みました。
気持ち良くて我慢出来なくて、お尻にチンチンを挟んだまま射精してしまいました。
それからご褒美の種類が増えていきました。
トイレの時以外でもアソコやお尻の穴を舐めさせてくれたり、チンチンを擦り付けさせてくれるようになりました。

僕はお姉ちゃんのどんな命令でも、ご褒美が欲しくて頑張るようになりました。
「今日はマッサージ終わったら太腿に挟んであげるから真面目にやりなさいよ。」
始める前からご褒美を宣言してきたのは初めてだったから一生懸命頑張りました。
約束通りうつ伏せのままのお姉ちゃんの太腿にチンチンを挟もうとスカートをめくったら、お姉ちゃんはパンツを履いていませんでした。
「直接アソコにチンチン擦り付けられるのよ。嬉しくないの?」
いつものパンツ越しだと思ってたから驚きました。

お姉ちゃんの気が変わらない内に…と急いでチンチンを出して太腿の間に挟みました。
気持ち良い…。
擦ってる内にお姉ちゃんのアソコも濡れてきて擦るたびにニチャニチャと音がします。
その時、お母さんの足音が部屋に近づいてきました。
この時家には僕とお姉ちゃん以外にはお母さんしか居なかったので…。

慌ててチンチンをしまおうと体を起こしたらお姉ちゃんが膝を曲げて足で蹴ってきて、その反動で太腿の間から抜けかけたチンチンがアソコに入ってしまいました。もう足音は部屋の前まで来てたから、急いでめくり上げたお姉ちゃんのスカートを戻して隠しました。

同時にドアが開いてお母さんが入ってきます。
「また公仁にマッサージさせてるの?」
お母さんが呆れた感じでお姉ちゃんに言いました。
そして話をし始めたけど、僕はお姉ちゃんのアソコにチンチンが入ったままだから気が気じゃなかった。

お姉ちゃんは平気な顔してお母さんと話しながら、たまに足をパタパタして僕のお尻を蹴ってくる。
蹴られるたびにアソコを突くみたいになるからだんだん気持ち良くなってきて、お母さんが目の前にいるのに我慢出来なくなってお姉ちゃんの中に精子を出してしまいました。

お母さんが部屋を出て行くまでお姉ちゃんと離れられなくて、結局お母さんが出て行くまでにはお姉ちゃんの中に出しきってしまいました。

お母さんが出て行った後のお姉ちゃんのニヤッと笑う顔が怖かった…。

他に読まれているエッチ体験談

  • ドSな先輩OLに目覚めさせられたM心でペット状態の俺 Mボーイさんから投稿頂いた「ドSな先輩OLに目覚めさせられたM心でペット状態の俺」 みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です! エッチ体験を投稿する 入社して1年位経った24歳の頃、社内コンパ・・ 俺の所 […]
  • ストリップ体験…伝説の爺さんのテクニックにイキまくる女たちの淫夜 とみおさんから投稿頂いた「ストリップ体験」。 大都市近郊の温泉に住んでいる45歳と妻43歳の夫婦です。数年前の思い出ですが、最近は景気も悪く、住んでいる温泉場も知り合いが旅館が閉館したりという状況でした。 […]
  • 痴漢の疑いで女王様に捕まりました…調教される日々 大学を卒業して某企業に入社した夏の出来事。 その日も、満員電車に乗り込み事務所に向かっていた。 つり革に掴まりウトウトしていたら、自然と勃起♂。エッチな事を考えていたわけでもなく、朝立ちのような感じだった。 他の乗客に […]
  • 正社員による派遣社員の玉潰し…急所責めにとりつかれました 俺が急所責めにとりつかれる原因になった出来事を書きます。 俺は滋賀県にあるメーカーで機械系のCADオペとして派遣で働いていました。 組合の規定で係長以下正社員は月1時間しか定時外労働ができない環境の中、俺は仕事が一番み […]
  • 隣の部署の憧れのあの娘がSM調教されてた… 隣の部署に、こっそり憧れてる娘がいました。入社3年目で25歳、痩せ形でおかっぱ頭、眼鏡がよく似合う娘。パソコンを使うのが得意で、データ処理なんかを主に担当しています。名前は、茜さんとしておきます。部署が違うので一緒に仕 […]
  • 俺の知らないこといっぱい経験してるなぁ…実の姉とのセックス 姉が俺の部屋に来て「これいい感じ〜?」と買ったばかりのビギニを見せてきた。 姉は23才、性格は明るく人柄も良い。似ている芸能人は上野樹理っぽい。 俺は18才浪人、取り柄は特になし。 ニコニコしながら新作の水着を披露する […]
  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2003記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。