エッチ体験談が10000話を突破しました。

職場で欲情 2

あさんから投稿頂いた「職場で欲情 2」。

以前にもここで書いて、職場の女の子に対する欲情を処理した

今回も発散させたい。
例のスタイルがいい、職場の女。
仮名 まみ

きょう、出勤すると「おはようございます」と挨拶してきた。
お。今日はグレーのTシャツか。制服のベストはもちろん、ボタンがキツそうに閉じられている。

ムネは相変わらず、ベストのボタンを突っ張り、ベストの胸元が閉まりきれない。
朝から、いい胸してるなー

挨拶しながら笑顔で通り過ぎる。今日は、肩より長めの茶色の髪を、髪留めで束ねていた。かわいい。

彼女の胸を見ながら、彼女の過ぎた匂いをかいだ。
相変わらず、彼女はその旨をプルンっと揺らしながら俺とすれ違う。
甘い香り。
あさからたってきてしまった。
後ろ姿をみた。
むっちりとした尻と、キュッとくびれたウエストが歩くたびに左右に揺れて、ムチムチ音が聞こえそうだ。締りの良いケツが制服をパツパツにしていた。
たまんねー。
そう思いながらまみを鑑賞した。

そして、チャンスが来た。

彼女が自分のデスクで、なにやらたったまま、前かがみになりパソコンの画面に見入っている。
よし、チャンスだ。
もしかしたら拝めるかも。

ガードが堅いのであまり期待はしなかった。今日はTシャツとはいえ、前に見たカットソーに比べるとそこまでは胸元が緩くはなかった。が、この角度ならいけるかもしれない。

俺は自分のデスクにもどると、彼女の、前かがみの胸元を凝視した。
そして。

久しぶりに、
彼女の巨乳の谷間をみた。
あー、あさからごちそうさま。

たまんない。まみちゃんの胸はでかいなー。色白で。乳首もピンクなのかな。あんまりしゃぶられたりされてないのかな。男と話すだけで、けっこー頬が赤くなるのを、同僚にからかわれているくらいだ。

そしたら、今日は
その胸元を観察していると、彼女が更に少し屈んでやや斜めをむいた。

すると。

彼女の谷間から、オレンジ色の生地が…その生地の刺繍といいこれは…

ブラだ。

俺は大興奮した。

目を釘付けにして、ずっと彼女の、形の良い胸の谷間と、オレンジのブラジャーを鑑賞した。

フルでたっていた。

ああーーー
その谷間に手を伸ばして、生乳をもみしだきたい。
オレンジ色のブラジャーをはぎとりたい。
今日のブラ、オレンジだね。
そう言ってやりたい

たまんねー。まみちゃん。

なんとかして、パンツも見たい
次二人きりになったら、ほんとにやばいかも

7+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!