エッチ体験談が11,000話を突破しました。

私の初めてのHな経験はゲームから。

PR

杏さんから投稿頂いた「私の初めてのHな経験はゲームから。」。

私が異性と初めてHな事をしたのは中学の頃です。
当時私はまだスマホを買ってもらっていなかったので、スマホを持っている同級生とも連絡ができず、PCもチャイルドロックを掛けられていたので知らない人と接触できる機会はありませんでした。

その頃の私は、友達が持っていたHな漫画などで1人Hを知って自分の部屋でよくするようになりました。
Hな画像や動画など当然手に入らないので、当時好きだった同級生の事を考えながらしていました。

ある日某ゲーム機で遊んでいると、そこにチャット機能が存在する事に気がつきました。
このゲームは通信対戦でバトルができたり交換ができたりするのですが、近隣何十㍍の間に同じゲームを起動していて、チャットルームに入るとその人同士でチャットができるという機能でした。

緊張しながらチャットルームの入ると、そこには誰もいませんでした。
私はこの機能を知ってから、ゲームを始める前と終わる前にそのチャットルームに立ち寄るという行動を日課にしていました。
その行動をしていた数日後、ゲームを始めていつものようにチャットルームを覗くと、そこに男の子のアバターがいました。
私は突然の事に興奮しつつ、その男の子のアバターに話しかけました。

私「こんにちわ!」
男の子「こんちわ~」
私「なんさいですか?」
男の子「17さいです!そちらは?」

相手は年上の高校生で、その後のやりとりで同じチャットルームに入れるのだから近所の人では?と思い尋ねると、同じ市営団地に住んでいる事がわかりました。男の子の名前はイクト君といい、とても親切にしてくれました。イクト君から携帯持ってる?などと聞かれましたが、持ってないと答えると、それからはお互い時間を待ち合わせしてチャットルームにくるようになりました。

最初はゲームの話をしていましたが、後半はゲーム本編よりイクト君と話したいという願望が強くなり、チャットだけやって本編のゲームはやらない日々が続きました。
私はこの頃イクト君の事が好きになっていたので、いろいろ私生活の相談やイクト君の部活の話などを聞いていました。

そんな関係が続いてから2ヶ月経ったくらいの頃。
夏休みに入り、私は受験生だったので塾の夏期講習が始まり勉強漬けの毎日を送っていました。
夏休み中頃、夏期講習も休みの日になりました。毎年両親と弟と田舎のおばあちゃんの家に行っていたのですが、私が受験生という事もあり今年は行かない予定だったのですが、弟がどうしてもおばあちゃんに会いたいとゴネだし、しかたなく2日ほど帰省する事になりました。

しかし、明後日からまた夏期講習が始まるという事で私は留守番する事になり、近所に住む叔母が夕食を作りにきてくれる事になりました。
久しぶりに1人の時間にテンションがあがりました。両親と弟を朝見送って、叔母の来る夕方までイクト君と長くチャットできると思い、すぐにゲーム機を開きました。

イクト君はすでに待機しててくれて、そこからいつものように話始めました。この頃イクト君からちょっとHな話題をするようになっていました。私も嫌いではなかったので適当に返していると、

イクト君「あんずはひとりHするん?」

結構踏み込んだ質問がきました。私も少し興奮していたので、

私「えっ・・うん・・」

と答えると、

イクト君「えっ・・まじ?おれもあんずかんがえながらHしてるよ」

私はこの時とてもドキドキしていました。履いていた下着を脱いでクリを触り始めました。

イクト君「あんずもしてほしいな?」
私「なにを?」
イクト君「ひとりH・・」
私「えっ・・うん・・」
イクト君「今してる?」
私「うん・・」
イクト君「てかいまからいえいっていい?」

この時クリをいじるのをやめてベッドから飛び起きました。
私は少し考えました。当時の私は会ったことない人に家を教えるというのは危険な行為という発想より、私の顔を見てイクト君が私のことを嫌いになってしまうのではないか?という恐怖の方が強かったのを覚えています。

正直にその事を伝えると、俺はどんな顔でも杏の事好きだよ。しかも、杏の親とか家にいない機会なんて滅多にないチャンスじゃん。などと言われ、たしかにと思ってしまい部屋番号を教えてしまいました。
体を綺麗にしたいと思いシャワーあびるから少し待ってと伝えると、準備できたらメッセージを頂戴という事で私はシャワーを浴びました。

こんなに心臓がバクバクになったのは始めての経験でした。絶対にHな事をするんだと思っていましたが、1人Hの経験しかないのですが、Hな漫画などで、おちんちんを舐める行為などがあるという事は知っていたので、シャワーヘッドをおちんちんに見立てて舐めてみたりしました。しかし、予備知識はそんなような事だったので実際sexするという事になったらどうなるんだろうと考えると少し不安になっていました。

そして、シャワーから上がりバスタオルで体を拭き、部屋を少し片付けて、

私「じゅんびでたよ。」

イクト君にメッセージを送りました。

イクト君「すぐいく」

すぐに返信が返ってきてドキドキしながら待っている、

ピンポーン

家のチャイムが鳴り、緊張しながらドアを開けました。
そこには、ゲーム機を持った人が立っていました。

私「イクト君ですか?」
イクト君「初めましてだね?宜しく入っていい?」
私「あっ・・はい・・」

イクト君を部屋に入れましたが、私はこの時困惑していました。
イクト君の外見が想像していた人物とかけ離れていたからです。以前に芸能人で誰に似ているか?と尋ねたら、嵐の桜井翔を少し太らせた感じと言っていたのですが、少し小太りの桜井翔の成分をまったく感じさせない普通の顔の人という感じでした。

イクト君「杏かわいいじゃん!」
私「いや・・可愛くないですよ」

世間話を数分したのち、

イクト君「杏俺のオナニーみてくれない?」

イクト君がいきなり真顔になり少し怖くなりました。しかし、父と弟の以外のおちんちんを見た事がなかったので、

私「はい」

と答えると、イクト君は履いていたズボンとパンツを脱ぎおちんちんを露出させました。サッカー部と以前話していたので、腕と足の日焼け具合と膝上からおちんちんにかけての肌の色のコントラストが違いすぎて少し驚いていると、イクト君はおちんちんをいじり始めました。
下半身露出した男の人が私の部屋でおちんちんをいじっているというシチュエーションに、当初の外見の少しがっかりした気持ちは忘れ、単にHへの興味が収まらなかったという事もあり、私はイクト君の自慰行為を見つめていました。

イクト君「杏のおっぱいがみたい・・見せて」

イクト君はおちんちんをいじりながら私に問いかけてきました。
私は恥ずかしかったのですが、黙ってシャツとスポーツブラを上にあげてイクト君におっぱいを見せました。イクト君はおちんちんから手を離して、私の乳首に指を押し当ていじり出しました。最初は敏感に感じていたのですが、だんだん乳首を強くつまんだりされたので、

私「痛い・・」
イクト君「あっ・・ごめん」

イクト君は謝ると、今度は乳首を舐め始めました。ぺちゃぺちゃと大きな体で私のおっぱいにむしゃぶりつく光景に私は興奮していました。舐められている行為は気持ち良かったので何も言いませんでしたが、30分くらい舐められ続けた頃、再びイクト君は自分のおちんちんを握り再びオナニーを始めました。
するとすぐに、

イクト君「あっ・・・いく!」

イクト君は私のお腹辺りに勢いよく射精しました。私は男の人の射精とお腹についた暖かい精子に興奮をしました。ティッシュで精子を拭き取ってもらい、イクト君はおもむろにパンツとズボンを履きました。

イクト君「本当にありがとう!気持ち良かった!」
私「それは良かったです」
イクト君「叔母さん来るんでしょ?俺もう帰った方がいいよね?」
私「え?」

叔母のくる時間まではまだ余裕があるし、自分だけして帰るのかよ?と半ば呆れてしまいました。

イクト君「あー杏まだしてなかったね?杏もオナニーしよっか」

なんか自分だけスッキリして投げやりな発言されてましたが、私も他人に自分の1人Hを見せる行為はもちろん初めてだったので、履いていた下着を脱いでイクト君の前でクリをイジリ始めました。他人に見られるってこんなに感じる事なんだってくらい濡れました。途中イクト君に触ってていい?と聞かれて触ってもらいましたが、自分で触った方が気持ち良かったので、イクト君にあぐらをしてもらって、その上に座って優しくおっぱいを揉んでもらいながら私は1人Hをしました。
ほどなく私もいきました。
その後イクト君にお礼を言われてイクト君は帰宅していきました。
イクト君に対して恋愛感情はこの時完全になくなったのですが、Hな事をするパートナー的な人と、幼ながらに感じ取りました。

その後、イクト君とは団地内で会う度にHな事をされました。屋上前の誰もこない階段で初めて私はイクト君のおちんちんを舐めました。イクト君のおちんちんは皮かぶりだったので、皮の上から舌でペロペロしていました。いつも最後は自分で手コキをして射精していたので、私が下手だからかなと思っていました。その後、yahoo知恵袋の相談の知識を持ってイクト君にフェラチオをする際、被っているおちんちんを少しずつ剥いてあげて亀頭を攻めるといきやすいという事だったので、口に含み、両手で少しずつおちんちんの皮を舐めながら後退させていった時、初めて亀頭部分が露出させる事ができましたが、
その瞬間とても臭い匂いと口の中で何か舌にこびりついたので、思わずむせてしました。イクト君のおちんちんのカスが口にまとわりついてしまったようでした。なんとか咽びながらイクト君をフェラチオだけで射精させられたのですが、その時トラウマになってしまい、今でもフェラチオはちょっと苦手です (笑

そんなこんなで、Hな関係は続きましたが、
私が高校生になった時に、告白されてsexをしたいと言われたのですが、こいつとsexはしたくないなと思い断りました。そこからイクト君とはお互いなんか気まづくなり関係は終わりました。
高校在学中にできた彼氏と私はsexをして処女は卒業したのですが、高校を卒業してその彼氏とも別れて今現在大学生活をしている私ですが、先日団地内でイクト君を目撃して、少し当時の記憶に浸ってしまったので、機会があったらイクト君ともsexしたいと思っています。

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR