運転手として

PR

サンさんから投稿頂いた「運転手として」。

知り合いのAちゃんが仕事の出張で地方に行くという。私はヒマだったので同行することに。
実は地方で長距離運転をしなければならないらしく、その運転手を探していたところだったようだ。

現地で待ち合わせをする。スーツ姿のAちゃんはタイトスカートにピチピチのシャツを着ている。

「ちょっと、太ったみたい(笑)」
そんな言い訳をしながらお互いレンタカーに乗り込みいざ参る。

まだ雪が残る高速道路をただひたすら走る。クラブ音楽を流してノリノリに乗ったり、色々と話が出来たり、普通に彼女と旅行をしているようだ。

「じゃあ4時間くらい待っててね。」
そう言い残すとAちゃんは会場へと入って行く。私は時間を潰す為に近くの温泉へ。

『タイトスカート、めちゃエロかったなぁ。』そんなことを思うと温泉内でフル勃起だ。まぁ誰も居ないから問題はない。

ゆっくり過ごした後、Aちゃんを迎えに行く。
まだお昼は食べていないと言うので繁華街まで移動。その後も会場をいくつか回り、この日は21:00までで仕事を終えた。

「お疲れ様~!!」
私はそう言うとAちゃんの頭を撫でる。嬉しそうにするAちゃん。ホテルの近くで飲もうということになり、地元の居酒屋へ。お互い仕事と運転の疲れも相まってひたすら飲んだ。

「あー、もう今日はダメ!!寝る!!」
私はタクシーを拾い、自分が予約しているホテルに向かおうとすると。

「ここでいいじゃん~!!!」
Aちゃんも酔っているのか、Aちゃんと同じホテルを勧めてくる。さすがに同じ部屋はダメなので、空室を確認すると満室だという…。

「じゃあ~一緒でいいよ~!!」
完全に酔っているAちゃん。一緒に部屋に入るなり、ベッドに押し倒される私。

「今日…運転してくれた、お・れ・い?」
そう言うと洋服を脱ぎ捨て、私の洋服も素早く剥ぎ取ると、覆い被さってくる。むっちりとしたボディに反応し、私のペニスはそそり立つ。

「明日も運転よろしくお願いしま~す!!」
前戯もそこそこに騎乗位で揺れるAちゃん。あっという間に果てる私。豊満なおっぱいが口を覆い、息が出来ない。私はAちゃんを抱いたまま再び挿入。

「あぁぁあーイクっ!!…!!」
果てる2人。その後もアナルも含め5回戦ほど楽しんだ。

翌朝、頭が痛くて起きると、
「えっ!!なんでここに◯◯くんいるの!?!?」
困惑するAちゃんに、私も困惑する!!
全く覚えていないという…恐ろしい…。

陰部で乾いて固まっているザーメンをお互い流し、しかしAちゃんは身体は覚えているようで、フェラで1発抜いてくれ、その日も運転手としてAちゃんを乗せて車を走らせた。

他に読まれているエッチ体験談

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. ひねくれおやじ より:

    運転代わるぜ、訂正させて下さい

    1. サン より:

      今度運転手募集があったらお知らせします笑

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1915記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。