エッチ体験談が11,000話を突破しました。

マンコの味は鉄の味

PR

サンさんから投稿頂いた「マンコの味は鉄の味」。

彼女と別れてからすぐに、以前から気になっていたAちゃんと付き合い始めた。

3回目のデートの時、食事の後ホテルに誘うと、「こういうのは大切にしたい…んだ。」と断られる。仕方なしに軽めのキスだけで我慢する。

「付き合っているのだから、そんなにガツガツしてはいけない!まだ全然チャンスはあるのだから!」と私は自分に言い聞かせる。

デートも7回目になる時、自宅で誘ってみると、「今の時期、生理なの…。」と言う。さすがに私は耐えきれなくなって、そのままベッドに押し倒す。両手を押さえ、激しく唇を奪う。

「ちょっ…チョッと!!!!!」
激しく抵抗するAちゃん。洋服を捲し上げると、7回目のデートにして初めて見るAちゃんのおっぱい。乳首はピンク色をしていて、めちゃくちゃ綺麗だ。身体の上に跨り、押さえつけながらその綺麗なおっぱいを口に含む。

「ちょ…。。今日はダメなんだってバ!!」
そんなことは聞き入れず、舌を這わせながらスカートとパンツを脱がせる。本当に生理用パンツを履いており、そのパンツには血が滲んでいた。

鉄の味がするマンコを舐め上げ、ビクつくAちゃん。マンコからはジワっと経血が染み出してくる。それをまた舐め上げると感じてしまうAちゃん。

さすがに挿れるわけにはいかないので、そのまま跨ったまま、お腹の上にオナニーで射精。おっぱいの方まで飛び立った。

「いつになったらヤらせてくれるの?」
10回目のデートにしてようやくホテルで交わることが出来た。その夜はそれはそれは”思う存分”という表現がぴったりなほど楽しむことが出来た。

Aちゃんとはあまり長くは続かなかった。

17+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR