エッチ体験談が11,000話を突破しました。

“逆”愛人契約……

PR

ヒロさんから投稿頂いた「”逆”愛人契約……」。

正美とは元々は仕事の取引先で出会いました。
事務関係を任されていた正美には、提出書類などの事で度々電話を入れて、ほんの少しだけ世間話をする程度でした。

その取引先へ伺ったら際も、廊下で立ち話をするものの、ほとんどが仕事の話でした。

しかし、俺が転職してしまったために会わなくなり、すっかり正美の事は忘れていました。

それから9年後、街中でいきなり声を掛けられた。
『司くん???』
一瞬誰だかわからなかった。
髪型は中村アンのような感じで、着ている服も、露出が多く、銀座のクラブの人か?と思うような出で立ち。
『えっと……どちら様でしたっけ?』
申し訳なさそうに聞いてみる

『わかんないかー◯◯会社の正美だよ!』

『…………えぇっっっっ?』

当時、正美は大学を卒業して元気いっぱいのカッパツな女の子!という感じで、確かに可愛がったけどセクシーというには無縁な感じだったから、俺は相当気に入られてるビックリした。

その場で思い出話をしていたが、飲みに行ってもっと吐かそうよと誘われ、居酒屋に入った。

個室に通され、飲んで食って話して……楽しい時間が過ぎていたが、どうやら正美はすこし酔ってきたみたいだ。

『幸せってなんだろーねー』
なんてつぶやく
どうやら旦那とうまく要ってないらしい

『ストレスが溜まりすぎてて、全部吐き出したいよぉ』

『おー全部聞いちゃるぞ!なんでも言えー!』

『ホントに?引かない?』

『引かないよ!』

と、まで会話が進んだのに、なぜか言おうとしてためらったり、やっぱ言う!あ、でもなぁ……
なんてのを繰り返してたから
『じゃぁ、俺の秘密も言うから、俺が言ったら絶対言えよ?』
なんて言ってしまった。

そして俺から言うことなってしまったので
『引かないでね?……俺・・不倫してんだ(笑)』
と、秘密を暴露した。
実際、7年も関係を続けている彼女がいる。
『えぇぇぇぇぇ!うそーーー!』
とビックリした様子だったが、それからは怒濤の質問攻め
『どんな人?顔は誰似?出逢いは?どのくらいで会ってるの?もちろん大人な関係?』などなど
全部に対して正直に答えた。

誰にも言えない秘密だったから、俺も少しスッキリしたような気分になっていた。

『ほら、正美の番だぞ』

『うん……でもその前にもうちょっと聞かせて……』

突然、真顔になり
『彼女はM?』
そんな風に真顔で聞くことかよ、と思いながら
『そだね。俺がSだから相性バッチリだよ』

『どんなプレイしてるの?』
また真顔で聞いてくる

なんかもう、引かれてもいいやって思って、変態な性癖を暴露し、あんなことやこんなことまで話した。
しかし、一介のサラリーマンの給料じゃ頻繁に逢えないから、良くて月2だよと。

『じゃぁ私も言うね……』

『実は……私、愛人契約してる人がいるの』

・・・・愛人契約?
その時はあまりピンと来なかったが、詳しく聞くと
旦那の上司が相手らしい
旦那公認らしい
月2回逢って、40万貰ってるらしい

そんなの実際にあるんだなぁとビックリした。

その中のストレスとは
その上司がドMで、毎回ベッドの上ではS女になり、様々なことをして攻めているらしい。
彼女自身はドMなのだが、たまにはSもいいかも!と初めた事がずっと続くと、攻めなきゃいけないという義務感になり、本来のMの部分を隠す事が辛いのだと。

『ねぇ……彼女と逢うのにお金必要でしょ?私も月1回で10万っていう逆愛人契約しない?』

と、いきなり提案してきた。

最初は驚いたが、10万はデカイ。
しかも元々可愛かった正美が妖艶になってるし、恋愛感情ではないから後腐れもない。
酔った勢いでOKした。

じゃぁ明後日ね
と、約束しその日は別れた。

当日、ラブホテルではなく、彼女がシティホテルを予約していた。

部屋に入ると彼女のスイッチが入る。
『ねぇ……お風呂はいろ』
もう目がとろんとしている

お風呂に先に入らせ、後から俺も入ると、ちょうどカラダを洗ってて全身泡だらけ

『こらこら、何勝手に洗ってんだよ』
と言いながら、持っていたアワアワのタオルを取り上げる
『俺が手で洗うからな』
手にボディソープを付け、ゆっくりとカラダを洗っていく

彼女はされるがままに洗われているだけでハァハァ言い出した。

シャワーを強めに出して、泡を流して行くが、その時M字に脚を広げさせておまんこにシャワーを当てる。

ビクン!カラダが跳ねる

『動いちゃダメだろ』

シャワーをクリに近付ける

『ああっダメっ』

動かないように少し押さえて更に当てると、正美はイッてしまった。

『ほら、じゃぁこれを口で洗ってごらん』
俺のギンギンになったものモノを目の前に差し出すと、嬉しそうにしゃぶりついた。
『こひ…ふってくらひゃい』
どうやらイマラチオをしてほしいようだ。

頭を掴み、腰を振った。
ジュルッ ング ジュルッ ジュポ
いやらしい音が風呂場に響く。

イマラチオをされていて苦しいはずなのだが、舌を亀頭に絡める事は忘れておらず、腰を振るたびにどんどん気持ち良くなってきた。

『あぁ……いいよ……正美の口まんこ気持ちいいわ……』

このまましてたらイッてしまいそうだったから一旦抜く。

『あとでたくさん可愛がってやるからな』

まずは風呂を済ませ、全裸のまま出てくるように指示をした

恥ずかしながら出てきた正美のカラダをまじまじと見る。視姦だ。

窓際に立たせ、カーテンをあける
向かいのビルから見えてしまうかもしれない
『いや……恥ずかしい……』
と、顔だけを背けた
『誰かがこっちを見てないか、ちゃんと見てごらん。見られたのか、見られてないのか、見られてのなら何人が気付いたのかちゃんと教えるんだ』

『あ……あの人……見てるかも……』
『スーツ着た人。あ、あっちにも……』
少しだけカラダを隠そうとしたから、後ろに行って腕を後ろで組ませるように掴む。
前は丸出しだ。

『あぁん……いや……』

『ほら、もっとよく見せてやれよ』

いやと言いながらも、腰がクネクネしている。興奮してるのだ。

次の命令はベッドに寝転がり、脚をM字に広げてオナニーを目の前でさせた。
クリトリスをコリコリしながら、乳首もコリコリしている
『はぁ はぁ はぁんっ』
乳首はかなり強めに摘まんでいるようだ
『なんだ、正美も変態なんだなぁ』
その言葉でカラダがビクンと波打つ

『いやぁ……ダメぇ……止まらないよぉ……』
更に両手の動きが早くなり、イッてしまいそうな感じ

そこで両手を掴み、オナニーを強制的にやめさせた。

『あぁっ……ねぇ……イキたいっっ』

『じゃぁこれはいらないんだな?』
ギンギンに立ったモノを見せると、待ってましたと言わんばかりにしゃぶりつこうとする正美

そこでいきなり押し倒し、愛撫もせずにいきなり正常位でぶちこむ

『あっ!あぁぁぁぁぁぁぁ!』
カラダをよじるほど感じている

『優しく愛撫でもしてくれると思ったか?俺はもう入れたくてしょうがなかったんだからいいよな?』

『う、うん…奥まで突いてぇぇぇぇ』

こんなに無理矢理っぽくしてるのに、どんどんいやらしい顔になって喘いでいることに俺も興奮した。

『ほらほらほらほら これがいいだろ?』

『アァッ すっごい すっごいかたいッ』

どんどん腰を早く動かす。

『イッちゃう!イッちゃう!』
叫ぶようにそういうと、潮を吹きながらイッてしまった。

白目を向くような表情でぐったりしたが、俺はまだイッない。
そのまま腰を振り続ける。

『あ…………あぁ…………』
声にもならないようだ
グッタリしてる正美を犯してるようで更に興奮し、だんだんと射精感が高まる

『う……い、いく、いくぞ!』

出す前に勢い良くおまんこから抜き、顔に向けてイチモツをしごく

察したのか、口を大きく開け舌を出して受け入れようとしている

あえて口には出さず、鼻や目をめがけて大量の精子をぶちまけた。

……その日は時間を置いてもう一回戦した。

正美は凄く気に入ってくれた。

それから毎月1回、着てくる服装の事から命令をし、大人のオモチャを買わせたり露出させたり、様々な事をさせている。

俺も欲望を吐き出せるし、正美も大満足。
こんな関係をもう10年も続けている。

17+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR