エッチ体験談が10000話を突破しました。

出会い系でゲットした美女は、なんと職場の元同僚女性

kazuさんから投稿頂いた「出会い系でゲットした美女は、なんと職場の元同僚女性」。

平成20年10月初旬の34歳の出来事。

その日は人間ドックの受診日。受診所へ向かう途中、車内から自転車に乗っている女性のローライズ姿を見て、ムラムラして朝からヤリたい気分になってしまった。

当時、性関係を持っている職場の同僚女性はいたのだが、何か物足りなさや新たな刺激を求めて、2年前から出会い系サイトを始めていた。

人間ドックが11時に終わって結果が出るまで2時間程あったので、昼食をとってから出会い系サイトで女性を募った。

直ぐさま女性からメールが来たが、それまで出会い系サイトで出会った女性の62.5%(8人中ポチャ5人)がぽっちゃり系。ぽっちゃり系が苦手な私はとりあえず身長と体重を確認した。

女性から「164㎝48㎏」との報告だったので、車の車種とナンバーを教えて、駅ビルの駐車場で待合せをする事にした。

待合せ時間前に女性が現れて、私の車をノックし、「私の車で移動しませんか?」と言ってきたので、女性の車でラブホへ移動する事にした。

出会った女性の第一印象は綺麗でスタイルも良く、完全にストライクゾーンであったし、過去に出会い系で出会った中でも間違いなくNo.1の女性であった。

これから、こんな綺麗な女性とこれからヤレるのかと思っただけで、私のチンポは勃起してしまった一方、車を運転している女性の顔を見ながら「どこかで見た事がある顔だなぁ」と心の中で思っていた。

ラブホに到着する迄には、端正な顔立ち、女性の車の車種や色、住んでいる地域からいっても「5年前に1年間だけ同じ職場で働いていた美佳(仮名)では?」と思い始めた。

直接名前を聞いても本当の名前なんか言ってくれる訳も無いと思った私は、わざと助手席に煙草を忘れて、後で煙草を取りに行った際、女性の車検証を見て美佳本人であるか確認する事にした。

ラブホに入って、煙草を探す仕草をしながら「煙草無いなぁ。車に置き忘れたかもしれないから鍵貸して?」と言って、女性から鍵を借りて車の助手席側のケースの中にある車検証を見てみた。

車検証を確認してみたら、やはり名前、住所とも私が思っていた通り、5年前に1年間だけ同じ職場で働いて29歳になった美佳であった。

美佳は24歳の頃、私が勤務11年目の29歳時に同じ職場で1年間一緒に働いていたパート女性(同じ職場で働いていたと言っても会話を殆ど交わした事もなかった)。

周囲からは柴咲コウに似ていると評判な美人であった。体型はスラリとしたスレンダー体型(貧乳・貧尻)で、明るくノリが良くてサバサバした性格。

地元のダンス教室に通いヒップホップダンスを習っていた。正直、私は7歳年下の美佳に対して女性としての魅力を感じ、好意も抱いていたので、美佳とセックスしている事を想像しながらオナニーをしていた。

車検証の美佳の名前を見た瞬間、5年間に好意を抱いていた同僚女性とヤレる喜びを感じつつも、多少の不安を感じた。

美佳が私の事を思い出して、微妙な雰囲気になってセックスするのを躊躇ってしまうのでは・・・

会話も一段落し、美佳と一緒にお風呂に入る事にした。お互いに裸になり、美佳のヒップホップダンスで鍛え上げられた引き締まったスレンダーな全裸の後ろ姿を目の当たりにしただけで、私のチンポは真上に勃起してしまった。

お互いに壁を見ながら、シャンプーを陰毛に付け身体全身を泡立てる。私が美佳の方を向いて、ギンギンのチンポを見せつけると「わぁ、大きくなってるぅ」と嬉しそうに美佳は反応した。

(美佳はチンコを見慣れているのか?)私は美佳の反応に複雑な気持ちになった。

美佳に突き出した泡まみれのチンポ。誰も触って欲しいなんて言ってもいないのに美佳は右手で優しく上下にチンポを刺激しながら、シャワーで洗い流し始める。

(やはり、美佳はチンポ慣れしている・・・こんな綺麗な顔してスケベな女だなぁ・・・)美佳の手コキは強弱緩急を駆使し、抜群のテクニックだった。

私も美佳の全身泡まみれの身体を私もシャワーで洗い流すと、美佳の胸、股間が露になり、初めて美佳の裸体を確認した。

(乳首と乳輪が黒い・・・美佳もかなり遊んでいるな・・・しかも乳首が勃起している・・・)

シャワーで洗い流された美佳のマンコの膣中へと指を挿れていった。

美佳のマンコの膣の中に指を挿れた瞬間「あぁっ、あぁん・・・」と大きな声を出しヨガり始める。

(凄い感度と喘ぎ声。これは演技か?・・・それにしても美佳の喘ぎ声はスケベだなぁ・・・)

美佳の感じている声を聞いた私はテンションが上がり、さらに指の動きをマンコの膣中で激しく刺激していった。

「あぁぁ、あっ、あぁっ、いいっ・・・」私の指先の刺激を強めるのと同様に美佳の喘ぎ声も激しさを増していく。

私のチンポがシャワーで洗い流されたにも関わらず、私のチンポを離そうとせず、手マンをされながらもひたすら手コキを続ける美佳に対して「チンポ大好きなの?」と問いかけた。

その私の問いかけに間髪入れず美佳は「あぁん、チンコ大好き」と喘ぎながら答えた。

5年前に同じ職場で働いていた美佳がこんなにスケベな女と知って私は嬉しくなり、美佳が喘いで開けていた口に舌を入れベロチュー。

(あぁ、美佳と濃厚なキスをしている・・・今日、美佳とこんな形で再会出来て嬉しいよ)

バスタブに入ってからも、私と美佳はお互いに手コキと手マンをしながら気分を高め合った。

お風呂から上がって休憩を挟んで、5年前に好意を抱いていた美佳とベットインする時を迎える。

ベットに全裸で仰向けになっている美佳の横に横たわりながら、黒乳首を左右に揺さぶった。

美佳の黒乳首を左右に4,5回揺さぶっただけで「あぁっ、あぁぃぃ」とスケベ声を出しながら、みるみるうちに勃起し始めた。

(綺麗な顔をして乳首もマンコも敏感だなんて・・・セックスのしがいがあるスケベ女だ・・・)

私は乳首が勃起する女性に対して異常な程興奮してしまう習性がある。ましてや綺麗な女性が勃起乳首をしているなら尚更興奮してしまった。

しばらくの間、美佳の黒ずんだ両乳首を親指と人差し指の腹でグリグリ摩擦したり、真上に摘まんだ状態で四方八方動かしたりした後、私の唾液で美佳の勃起黒乳首を唾液マミレにさせて、ジュルジュルと音を出しながら吸ったり、唇で引っ張ったり、舌先で転がしたりと乳首遊びを堪能した。

「あぁ~イヤらしい乳首になってるよ。こんなに乳首勃起させちゃって。」美佳に対して言葉責めをすると「あぁん、ダメっ、そんな言っちゃっ」と、言葉でも感じてしまっているようであった。

美佳の綺麗な顔を見ながらクンニをしたかったので、マングリ返しの状態にさせて、黒ずんだマンコのビラを開き膣中に舌を挿れた。

先程シャンプーで綺麗に洗い流したはずなのに、私の執拗な乳首責めで美佳の膣中は、しょっぱい味がしていた。

ジュルルル、ジュル、ジュルゥゥ・・・

「ねぇ、イヤらしくて美味しいマンコの味がするよ。」舌を目一杯膣中に挿れながら唾液も垂れ流してベッチョベッチョのマンコにさせていく。

「あぁん、恥ずかしい事言わないでよ。」美佳の恥じらいの言葉を耳にしながらも、私は股間に顔を埋め左右に顔を揺らしマンコの膣中を舐め続けた。

「さっきよりマン汁の味が濃くなってきてるよ。」、「いゃあ~ん。」美人の美佳のマン汁なら一滴残らず舐め尽くしたいと思った。

「さぁて、クリトリスも敏感なのかなぁ?」今度は舌でクリトリスを刺激してみることにした。

美佳をマングリ返り状態にさせたままクリトリスの皮を捲り、クリ豆を舌先で弾いた。

「うぅ、あぁぁぁ・・・いぃっ」美佳は身体を硬直させながら、マンコを刺激された時よりも大きな声を出し始めた。

(あらら、美佳の一番の性感帯はクリトリスなんだな・・・)

逃げ回らないよう両腕で美佳の腰回りをガッチリと固定させ、唇でクリ豆の廻りを抑え「レロレロレロレロ」と声を出しながら舌先で素早くクリ豆を刺激し続けると、美佳は腰を小刻みに天井方向に上げながら抵抗してくる。

その責めぎあいの中、私は美佳のクリ豆を舌先で激しく刺激する。

「あぁぁ、ダメぇ、イッく、イッくてば、あぁぁぁぁぁ」、「ここがいいんだ。ほらっ、イッてごらんよ」、「あぁぁぁぁ、ダメっ、もぅっ、イッく、イクぅぅぅ・・・・」

美佳は腰を大きくクネらせ、大音量を響かせながら5分足らずでイッてしまった。

美佳のクリトリスをイカせる事に必死になってしまい、クリトリスイキをする前後の美佳の顔を見るのをスッカリ忘れてしまっていた。

(今まで性行為をした女性の中でクリトリスの敏感度が一番凄い。こんな綺麗な顔した美佳が大声を出してイッてしまうなんて凄くスケベだ。今日はタップリとクリトリス責めをして何度も美佳をイカせよう。今度指で・・・)

身体をピクピクさせてしまっている美佳のイキ姿を確認し、続けざまにマングリ状態のまま、中指でクリ豆を左右に刺激させていった。

呼吸も整っていない状態で激しくクリ豆を刺激されている美佳は「あぁぁん、あぁぁっ、いいっ」と、また大声で喘ぎながら感じている。

「ほらっ、もっとスケベな声を出して喘いでごらん」目を瞑って顔を左右に激しく動かしながら喘いでいる美佳の顔を間近で見るだけで、私のチンポの勃起は全く収まらない。

先程クリトリスイキしたはずなのに、もう美佳は腰をクネらせてしまっている。

「敏感なクリトリスだね。我慢せずにイッていいんだよ。イッてごらん。」と言うと「クリ敏感なの。あぁっ、はぁっ、ごめんなさい、イッく、イクぅ・・・ぁはぁっ」。直ぐさま美佳はイッてしまった。

身体をピクつかせている水着の背中を指先でゆっくりと何度も撫でて、美佳が呼吸が整うのを待った。

美佳の呼吸が整ったのを確認し、私はベッドから下りて立ったままの状態で、横たわっている美佳の顔の付近に勃起したチンポを突き出した。

美佳に対してフェラを強要した訳でもなかったが、美佳は私の勃起したチンポを見るや否や、次のプレイを察知し、ベッドに横たわった体勢から四つん這いの体勢に切り替えて3,4回手コキをした後、チンポにかぶり付くようにフェラを始めた。

美佳の頭を両手で何度も撫でながら真上からフェラテクをしばし堪能。

自身でチンポ好きを豪語するだけあって、美佳のフェラのテクニックもなかなかのモノであった。

チンポに唾をベッチョリ垂らし、亀頭が頬の奥に当たるまで咥えてディープスロート、徐々にスピードを上げて前後に頭を揺らし、強弱緩急自在に私のチンポを操っていた。

(こんな綺麗な顔して敏感乳首、敏感マンコ、チンコ大好き、どんだけスケベな女なんだよ・・・)

綺麗な顔をした女のフェラ顔は最高である。このままずっと美佳のチンポをシャブっている綺麗な顔を眺めていたい気分になった。

「あぁ~気持ちいい、凄くイヤらしいよ。チンポを咥えているイヤらしい顔も綺麗で素敵だよ。」

私は腰を振って美佳の口の中でチンポを出し入れしていると、美佳が上目遣いで私の顔を見て目と目が合ってしまった瞬間、心臓が止まる程にドキッとし、なんだか恥ずかしい気分になってしまった。
先程と同様、サービス精神満点の美佳は私のチンポを全く離そうとしないので、美佳に対してフェラを止めるよう促し、四つん這いの美佳の下をくぐり、シックスナインの体勢へ。

(綺麗な女性の肛門なら舐めてみたい・・・)

私は舌先にタップリ唾液を溜めて美佳の肛門のシワを見回した後、お尻全体に顔を思いっきり埋めて激しく舌先で肛門を舐め回した。

「あぁ~、肛門も綺麗だよ。肛門も美味しいよ」、美佳は左右にお尻を振りながら「うわぁっ、やめてぇ~、キャッ~、くすぐったいっ」と笑っていた。

また、美佳のクリトリスにもタップリと唾液を付着させると、美佳も私のチンポを握りフェラを始めた。

私は美佳にフェラをさせないよう、激しくクリ豆を舌先で転がした。

すると美佳は口からチンポを出し「いじわるぅ、あぁ~、ダメぇ~、クリヤバいっっ」と大声でまた悶え始めた。

「ほらぁ、ちゃんとチンポ咥えてよ」と美佳に言いつつ、また美佳がチンポを握った瞬間からまたクリ責めを始めた。

「ぁぁ、もぅ~、イッちゃうってば、ああぁあ、イクぅ、イッくぅ・・・」

美佳はまたしても簡単にクリトリスイキをしてしまった。

タップリと美佳のクリトリスで遊んだ私はコンドームを取ろうとした時「ゴム要らないから、生で挿れて」と美佳の口から思いもよらない言葉を耳にした。

(えっ、マジで!?)

美人のマンコに生チンポを挿れる事が出来る喜びを心の中で押さえ、美佳に「どうしたの?生チンポがいいんだ?」と聞くと「うん。このチンチン生で挿れたい」と涼しげに答えた。

(この女、色んな男と中出しセックスばかりしているのか?・・・それとも、俺のチンポに惚れちゃったのか?・・・)

私の頭の中で色々な思いが駆け巡ったが「こんな美人のマンコ、ましてや昔セックスしたいと思っていた美佳のマンコに生チンポを挿れる事なんて、なかなか無いチャンス」と思い、美佳のマンコに生チンポを挿入した。

「あぁぁ、そこイィっ、ダメっ」、「あぁ~、俺も気持ちいいよ」。お互い生ハメセックスでテンションが上がっていく。

(俺は今、昔職場で一緒で好意を抱いていた美佳のマンコに生チンポを挿れている・・・)

「あぁん、はぁっ、あぁぁっ」、「チンポを挿れられている顔、凄く綺麗だよ」。私の生チンポでマンコの膣奥を突く度に美佳の綺麗な顔が歪んでゆく。

美佳の両足を天井方向に上げて「ほぉら、ほぉら、ほぉら」と、私の雄叫びに合わせて深く突き上げていく。

「あぁぁぁぁ、いぃぃっ」、「ねぇ?どこがいいの?」、「あぁぁん、マンコいいっ」。

綺麗な美佳のアへ顔を見て、心の中で「美佳、美佳、美佳」と叫びながら、更に激しく突いていく。
美佳の顔を間近で見ながら発射するため、美佳の身体に覆い被さるような体勢に変えながら「あぁぁ~イクよ、中出ししちゃうよ」。

私の問いかけに美佳は答える事なく、喘ぎ続けてしまっている。
「あぁぁ~出る出る出る、うぅぅっ・・・」

美佳の膣中に精子をブチ撒けた私は、美佳の膣中に満遍なく精子を塗り広げようと、ゆっくりとピストンを続けてしまった。

(精子が付いたチンポを美佳に舐めさせてみたい・・・)

マンコからチンポを抜き、仰向けでグッタリとしている美佳に馬乗りになり、美佳の顔に私の精子が付着しているチンポをそっと突き出してみた。

美佳は私のチンポを見るなり「わぁ~」と喜びの表情を浮かべ、チンポ全体に付着している精子を指先で綺麗に拭き取り、そのまま自分自身の口の中に入れた後、私のチンポも口の中に咥え込んでしまった。

(美佳の口の中に俺の精子とチンポが入っている・・・こんな精子まみれの汚いチンポをフェラするなんて・・・美佳は本当にチンポ好きのスケベ女だ・・・)

美佳は口の中で私の精子と自身の唾液を混ぜ合わせてグチュグチュのままフェラをしてしまっている。

(こんなイヤらしいフェラ初めてだ・・・美佳は風俗嬢の経験があるのでは?・・・)

一生懸命フェラをしている美佳に対して「精子も好きなんだ」と問いかけると、チンポを口に含んだまま頷いた。

(美佳の膣中にある精子はどうなってるかなぁ・・・)

馬乗りフェラの状態から身体を反転させて、精子が注入された美佳のマンコを覗き込んだ。

私が「わぁっ、タップリと精子が入ってるよ」と美佳に伝えたら「えぇ、ヤダぁ~」とビックリしている。

美佳に自身の膣中に精子がタップリと注がれている事実を知らしめる為、私は美佳の膣中に指を入れてグリグリと激しく掻き回すと、美佳のマン汁と私の精子が混ざり合ったイヤらしい音が室内中に響き渡った。

グチュッ、グチュッ、グチャッ・・・

どんどん膣中の刺激すると、美佳のマンコからマン汁混じりの精子が溢れ出してくる。

「ほら、マンコからイヤらしい音してるよ。聞こえる?」。美佳はまた膣中を刺激されて言葉が出なくなってしまっている。

指にベッチョリと付着した精子と膣中から溢れ出してお尻に垂れ流れた精子をクリトリスに塗り広げて、またクリトリス責めをすると、美佳は大声を出してまたクリトリスでイッてしまった。

シャワーを浴びて休憩。雰囲気を壊したく無かったので、休憩中、美佳の名前をや俺の事を知っている?というような事は聞かなかった。

全裸でソファーに座って休憩している美佳の身体をマジマジと見てしまうと、またチンポが勃起してきた。

(また、美佳のクリトリスを犯したい・・・)

私は部屋に備え付けられている自販機でローターを買い、美佳をベットに寝転ばせて、クリトリスにローターを当てた。

ローターの強さを徐々に強くしていくと美佳の身体をヒクヒクしだし、強さを中から強にすると海老反りにしてヨガり始めた。

「ほらっ、何度でもクリトリスでイッてもいいんだよ」。美佳の身体をガッチリ押さえ付けてローターを強にしたまま当て続けた。

「あぁっ、ダメぇ~イクぅぅ~」美佳は顔を左右に振り腰をカクカクさせながらイッてしまった。

美佳へのローター責めに味をしめた私はその後、何度もローターでクリトリスを虐めた。

執拗な程のクリトリス責めに、美佳はベッドの上で身体を激しくクネさせてしまったため、シーツはシワだらけの状態になった。

ベットの上でグッタリとイキ疲れてしまった美佳の身体を抱き寄せて、私はそのまま仰向けの状態になると、美佳は何も言わず、私の身体に覆い被さりながら、チンポを握りマンコの中へ挿れた。

仰向けの私の目の前に美佳の顔がある。 何度みても綺麗な美佳の顔を見ながら「綺麗だよ、綺麗だよ」と連呼しながら、天井に向けて腰を振り続けた。

「あっ、あっ、あっん」私の目の前で美佳はヨガり続ける。また、美佳の綺麗な顔が歪み始める。

美佳が身体を仰け反らせた後、私は美佳の両腰を掴んで前後に揺らすと、そのリズムに合わせて美佳も腰を振り乱し始めた。

ヒップホップダンスで鍛え上げられた美佳の絶妙な腰付きは絶品であった。どの角度から美佳の顔を見ても綺麗な顔をしている。

美佳の顔と、美佳のマンコの中に出たり入ったりを繰り返している私のチンポを交互に見ながら、私は腰を浮かせたままの状態で、美佳の膣中へとチンポを深く突き刺していく。

パンっ、パンっ、パンっ・・・
あんっ、あんっ、あんっ・・・

部屋は私と美佳の股間と当たる音と美佳の喘ぎ声が交差している。
「イクよ、また中出しするよ」、「うぅん、出してぇ~」。

美佳の両腰のくびれをガッチリと掴んで前後に揺らしながら、私はイッてしまった。

美佳の膣中に精液を2発発射したが、美人のマンコは何度しても興奮する。その後、バックの体位でもう1発発射した。

美佳は私の中で当時セックスをした女性の中で1,2を争う美人であったので「美佳とまたセックスをしたい」と思った私は美佳と直メール交換をした。

自宅に戻り、早速美佳にお礼のメールをした所「今日はありがとうございます。

和也さんには何度でイカされ3回も頑張って頂いて嬉しかったです。また機会があれば宜しくお願いします」とその日のうちに美佳から返信があった。

美佳から「また宜しくお願いします」と返信があった。社交辞令っぽい返信ではあったが「また美佳と中出しセックスが出来る」と思った私は嬉しくなり、心の中で何度でガッツポーズをした。

それから1ヶ月後、また感度の良い美佳とセックスがしたくなってきたので美佳にメールをしてみたが、メール送信後直ぐにエラーメッセージが返信されてきてしまった。

(私だと気づいていたのか?・・・もっともっと美佳とのセックスを楽しみたかったのに・・・)

美佳との連絡を絶たれてしまいショックを受けてしまったが、職場の通勤・帰宅途中に美佳が住んでいる家を通っていたので、美佳の家を車で通る度に美佳の車を見てはアへ顔を思い出してはチンポを勃起させていた。

あれから10年経過した今でも美佳のアへ顔が脳裏に鮮明に浮かび上がってしまう。

職場の同僚として働いていた綺麗な美佳の顔を見ながらの中出しセックスは最高の思い出となっています。

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!