エッチ体験談が11,000話を突破しました。

極道の妻の浮気がバレて・・・想像を絶する拷問

PR

匿名希望さんから投稿頂いた「極道の妻の浮気がバレて・・・想像を絶する拷問」。

これは僕のおじさんから聞いたお話です。
僕のおじさんは20代前半から28まで極道の世界に入っていました。

若頭までになりましたが、自ら辞めることを決意した為、小指は御座いません。

そんなおじさんが、僕に話してくれた極道の妻の浮気がバレた時の拷問のお話です。

おじさんの入っていた組の組長には20代前半の若くて美人な百合という妻が居たそうです。
その百合が組長が出掛けている時などに下っぱや普通の一般の人と抱き合ったり、路上でキスをしたり、時にはSEX等も行っていたそうです。

そんなある日、組長が体調を崩して早く自宅に帰宅した時に百合は組長の実弟(一般の人)と全裸で抱き合い乳繰り合っている所を目撃されました。

それに怒った組長は子分を集め、「こいつを追い出す!それも痛い目に遭わせてからな!!」とそれはそれはこの世の者とは思えない程の顔をして怒り狂っていたそうです。
実弟も怒鳴られ、殴られましたが、当時の極道の決まりで一般の方には手を出せないというルールがあったそうです。

しかし、極道の妻となると話は別で組長は子分たちに百合を縛り付けるように言い、天井から伸びる縄で手をくくり、全裸でくくりつけたそうです。

百合は大泣きし、許しを求めましたが組長は許す訳が無く、自ら手にした瓶ビールの底くらいの太さの木を百合のおまんこ目掛けておもいっきり突っ込みました。
「ギャアーーーーー!」とこの世の終わりのような断末魔をあげた百合は失神しそうになりましたが、組長のビンタですぐに目を醒まされ、さらにその木をおもいっきり蹴りあげると百合のおまんこからはおしっこと血が出たそうです。

これでも怒りが収まらない組長は百合のおっぱいをおもいっきり掴み、恐怖で縮みきった乳首に針を突き刺しました。

針は乳首を左右から貫通する格好になり、百合は泣き喚きます。

しかし、これでは終われない組長はその針を左右から指で弾きます。
綺麗なピンクの乳首も真っ赤に染まります。

さらに、木を取り出されたおまんこに子分たちがちんぽを突っ込んで行きます。
アナルにも突っ込まれて痛みで暴れまわる百合は何度か気絶したそうですが、組長や命令された子分たちのビンタ等で数秒で目を醒ましていたそうです。

「子宮を使い物にならないようにしてやれ!」という組長の命令に1人10回ほどちんぽを突っ込み廻していたそうです。

結果、百合は200回以上ものちんぽを1日で入れられ、子宮は精子だらけになっていたそうです。

それでも手の拘束はほどいてもらえず、この拷問が丸2日間続いたそうです。

百合は妊娠したそうですが、誰の子どもかもわからず結局1人で育てる事になったそうです。

その後、組長も抗争により亡くなり、百合も精神が病んでしまったようでどうなったかは誰も知らないと言う事でした。

極道の妻は浮気したり不倫すると大変な事になることをおじさんに教えて貰いました。

16+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR