エッチ体験談が11,000話を突破しました。

了承無しで。

PR

サンさんから投稿頂いた「了承無しで。」。

「Rちゃんの乳首は絶対黒いよ!!!!」
それを確認するという名目でホテルに連れ込む。半ば強引だが、酒の勢いもあったので成功する。

Rちゃんの言う通り、乳首は黒色ではなく薄いブラウン色だった。もちろん乳首の色を確認するだけでは済まない。

アラサーのRちゃんは乳首への刺激に敏感に反応する。

手慣れた手つきで私のズボンとパンツを脱がせ、ギンギンにそそり立つ私の陰部を露出させる。

逆手での高速手コキはまるで高級嬢のよう。「あっ、イキそう…」そう言うと、手を止めて突然亀頭に爪を立て、睾丸を強く握り締める。

「痛っ!!!!!!」

「出なかったでしょ(笑)」

「ヒドいwwイキそうだったのに…」

「出さなかったらまだまだ出来るでしょ?」と笑顔で言うRちゃんは策士だ。

お互い裸になり、私はRちゃんをクンニする。慣れてきたらクリトリスを高速で擦るとすぐに「あ…イクっ。」

直前で私は手を止める。先ほどの仕返しだ(笑)

「ヒドいwwイキそうだったのに…」とRちゃんは言う。

私の陰部も落ち着いてきたので騎乗位で素股をする。もう射精管理は彼女のペースだ。

陰部を包み込む手は本当に挿れているように感じる。高速では動かずに、喘ぎ声と共に興奮によって射精に導こうとする。

その気持ち良さも相まって、
「あっ…。イっ」

「痛ぁぁっ!!!!!!!!」
今度は肛門付近の毛をむしり取られる。

「またやったなぁ(笑)」
また射精まで至らせてもらえなかった。Mってこういうことに快感を覚えるのだなと思った。

しかしやはり本能的にもう我慢することが出来ず、Rちゃんを押し倒し無理やり正常位で挿入する。

「あ、ちょっと待って!!!あっ…ゴムはして!!!!ゴムはして!!」と生ではと激しく拒否反応をするRちゃん。

ここまで我慢してきたから私はもう止まらない。叩いて押し退けてくるRちゃんを組み伏せて、高速ピストンで中出しする。ものの10秒もかかっていない。

我慢していた分、大量に注ぎ込む。全然止まらない。

「ちょっ!!!抜いてよ!!もう!」
彼女はかなりご立腹のよう。そりゃそうだ。最初は乳首を見せに来ただけなのだから。

「やっとイケたわ~」とイケたことをあえて報告する。「ちょっ、生でするって信じられない!!!ゴムしてって言ったのに!どうすんのこれ!!」

「なかなかイカせてもらえなかったからね!(テヘペロ)」と笑ってみせる。

無理矢理やったのはこれが初めてだ。このあと変なトラブルにならなかったのは幸いだなと思う。

19+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR