エッチ体験談が10000話を突破しました。

僕が童貞を卒業した話

ジョーさんからの投稿。

これは僕が童貞を卒業した話です。

大学に入って間もなく、一人暮らしなので生活の足しになればと思い、近くの居酒屋でバイトを始めました。
その居酒屋に時々くるキャバ嬢グループがいました。

その中で店長と仲のいいリコさんは自他共に認めるヤリマンで、よく店長と僕と3人で下ネタを話したりしました。

その流れで僕が童貞だと知ると、「2万でやらせてあげるよ」なんて言ってきました。
最初は冗談だと聞き流していましたが、お会計の時に、こっそりと「じゃあ待ってるよ、童貞君」と連絡先を教えてくれました。
その夜真剣に考えて、貯金を崩す決意をし、リコさんに連絡すると、「いいよー、じゃあ明日の深夜にウチ来て」と返事がきました。
次の日、教えてもらったリコさんの家に向かいました。

外見は少し高級感あるマンションで、部屋はピンク多めの女の子の部屋って感じでした。
リコさんはすでにシャワーを浴びたみたいで、キャミソール姿でした。
部屋に入るやいなや、ベッドに座らせられ「ようこそ童貞君」と言っていきなりディープキスしてきました。
慣れているのか、キスしながら僕のシャツとインナーを脱がせ、あっという間に上半身裸にされました。

僕は「シャワー浴びないと…」と言いますが、「男は汗臭いくらいがちょうどいいの」と言って乳首を舐めてくれました。
リコさんの手がズボンの上からチンコを撫でてくるので、僕はすでに勃起してました。
リコさんは僕のズボンを脱がすと、パンツがパンパンになるくらい勃起していました。
さらにパンツを脱がされると、僕のチンコは飛び出すように露わになりました。
それを見たリコさんは「すごぉい!元気なチンチンだねー!こんな立派なの初めてみるよ!」と褒めてくれました。

その自慢のチンコをシコシコしてもらい、我慢汁が溢れてきたところで、フェラをしてくれました。
リコさんは「おっきいの口に入るかなー」と言いつつも、口にいっぱい頬ばりながら濃厚にフェラしてくれました。
少しすると射精感がきたので、今度は攻守交代しました。
リコさんが「好きなようにしていいからね」と言ってくれたので、キスしながらおっぱいを揉みました。
柔らかくてたまらない感触でした。

その後、キャミソールを脱がすとスケスケの黒のブラとTバックを履いていました。
これには僕も興奮し、思わず「すごい…」と呟いてしまいました。
「うふふ、こういうの好きでしょ」とこちらの心を読んでるかのようでした。
ブラを剥いで、生おっぱいを触ると余計に興奮してきました。
そしておっぱいを舐めると、リコさんは「んふっ…んんっ」と少し漏らしました。

僕は調子に乗って、手をマンコの方にやり、パンツをずらすと見事なパイパンでした。
まずはクリトリスを弄っていると、徐々にクチュクチュと音がしてきました。
リコさんも「あっ…あっ…」と感じでいるようでした。
マンコの中に指を入れると、トロトロの愛液が指にまとわりつきました。
徐々に激しく手マンすると、リコさんは「えっ?ちょっと!き…気持ちいいー!あぁ!」と潮を吹きながら感じまくっているようでした。

リコさんはびっくりしたみたいで、「ほ…ホントに童貞?めっちゃ気持ちよかったよ」と褒めてくれました。
そしてリコさんのびちゃびちゃマンコを拭き取るようにクンニしました。
そしてちょっとだけ萎えかけていたチンコをシコシコしてもらい、いざ挿入へ。
リコさんは僕を寝かせ、「せっかくだから生でしよっか」って言いながら騎乗位で腰を沈めてきました。
マンコは生暖かくて包み込まれるような感覚でした。

リコさんは「んふ!おっきい~!どう?生マンコ気持ちいい?」って聞いてきました。
僕は「はい…すごい気持ちいいです」とは言ったものの、正直射精を我慢するので精一杯でした。
リコさんはそんなことも知らずに、「はぁん!いい!あっあっ!イクッ!」とガンガン腰を振って昇天しました。
次はリコさんにチンコを誘導してもらい、正常位でしました。

僕は気持ち良さのあまり、一心不乱に腰を振ってしまいました。
リコさんも「あぁ!気持ちいい!このデカチンヤバい!あん!あん!またイっちゃう!」と喘いでいました。
リコさんに「ヤバい…イキそうです」と言うと、「いいよ!いっぱい出して!」と言ってくれました。
そこから思いっきり突いて、チンコを抜くのを忘れて奥に中に出してしまいました。
これは怒られると思いましたが、リコさんは「はぁはぁ…ドクドクしてる…いっぱい出たね」と怒る素振りもありませんでした。
チンコを抜くとマンコからどろっと精子が出てきました。

僕がそれをティッシュで拭いてると、リコさんがお掃除フェラをしてくれました
僕は「あの…ありがとうございました」って伝えると、リコさんは「童貞とは思えないくらい気持ちよかったよー!またえっちしようね」って言ってくれました。
その日は外が明るくなってからもやり、3回戦もしちゃいました。
帰りにお金渡そうとすると、リコさんは「気持ちよかったからいらないよ」と頑なに受け取りませんでした。

リコさんとは知り合ってから数年経ちますが、今でも月1、2回は会ってSEXしています。

13+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!