エッチ体験談が10000話を突破しました。

新しい上司との不倫

MIKA38さんから投稿頂いた「新しい上司との不倫」。

私は、現在38歳の主婦です。美香と言います。今年で結婚10年目になります。
子供は小学生の息子が一人いますが、同じ会社で仕事を続けてます。

先日、上司である課長が人事異動でMさんに交代しました。課長と言っても、年は私と2歳しか変わりません。

ハンサムな上に、奥さんと離婚したとかでどことなく影があり・・・はっきり言って好みでした。私以外の女性社員にも人気で・・・若々しくて素敵な方でしたが、彼は単なるすてきな上司。それ以上でもそれ以下でもないと、自分に言い聞かせていました。

うちの課に配属された新人の歓迎会でのこと。
若い子たちはみんな一塊になって盛り上がっていて、私とMさんだけが隅の方で飲んでいたとき、「僕、昔から美香さんを知ってました。凄く好きだったんですよ。」いきなりMさんにそんなことを告白されました。今思えば、その時笑って受け流せば良かった・・・なのに・・・「・・・今は?」私、聞かなくてもいいことを聞いてしまったんです。そうしたら、「・・・好きですよ。妻と別れて今の課に来てからずっと。」・・・それからMさんと何を話したか余り覚えていません。

宴会は、しばらくしてお開きになり、皆はバラバラに帰って行き・・・ずっと胸がドキドキしていて、前を歩くMさんの後を黙ってついて行きました。どのくらい歩いたでしょう。「・・・一度だけ美香さんを抱きたい。」そう囁かれました。そして、Mさんに手を引かれてホテルに入り・・・一度だけなら・・・私、一人で盛り上がってました。そんな軽い気持ちで身を任せたのですが・・・彼のセックスは、ロマンティックな雰囲気とは裏腹に、経験の少ない私には想像できない凄まじいものでした。

まるで私の体を知り尽くしているかのような的確で無駄のない愛撫。私の最も弱い部分を、ネットリと執拗に指と舌で何カ所も同時に攻められて・・・私、愛撫だけで何度もイカされて潮まで吹かされて・・・彼が入ってくるとき、お尻を浮かせて挿入をせがんでしまいました・・・

そして、挿入。物凄い大きさでした・・・今まで誰も届いたことのない深い深い子宮の奥まで、彼のモノは届いていました。私、堪えきれずに恥ずかしい声を叫んで彼にしがみついてしまって・・・その後は・・・強弱をつけ、時折角度を変えて子宮を突きまくられました。スタミナも凄かった・・・信じられない持続力でした。途中のことは、あまり覚えていませんが・・・印象に残っているのは・・・彼に言われて何度も体位を変えたことや・・・彼の上で一心不乱に腰を振ったことぐらいです。

すべてが終わって彼が私を解放したとき、もう深夜0時前でした・・・。彼は、私の深い深いところへ2度精を放ちました。私は・・・イッた回数なんて覚えていません。でも、2度気を失ってしまったことは覚えています。全てが終わって・・・ベッドの中で乳房を弄ばれながら・・・「これから、時々こうやって逢いませんか?」Mさんに、私はそう囁かれました。

これから時々会って彼とセックスする・・・私は、黙って頷きました。

それから、私は定期的に彼と会うようになりました・・・目的は・・・彼の凄まじいセックスです。週2回。それが彼の希望です。仕事帰りに数時間セックス・・それが定番です。時々、出張先へ同行して泊まりでセックス、なんていうのもあります。

夫には申し訳ないけれど・・・彼のセックスの素晴らしさは、夫とは比べ物になりません。

私・・・Mさんとは、当分別れられそうもありません・・・

22+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!