エッチ体験談が10000話を突破しました。

採精を手伝ってくれた担当ナースさん

かなMeさんから投稿頂いた「採精を手伝ってくれた担当ナースさん」。

結婚してから子供がなかなか出来なかったこともあり、何回か産婦人科へ夫婦で通い、先生から話を聞いたり、小柄で小奇麗なナース(20代ロリ系)さんが担当に付いて、親身になって相談も聞いてくれました。
通常精子の採精は、自宅で容器に射精して産婦人科へ持っていくか、より元気のいい精子をとるために、病院で自分で容器に採精するかの2つです。

私は病院の個室で精子を採取することになり、大きなテレビとAVや雑誌、ゆったり座れるソファーなどがある個室へ担当のナースに案内された。個室に入るとナースは、精子を入れる容器を渡たし、終わったらこの電話で教えてくださいねと言って出て行った。
初めて病院でオナニーしたこともあり、時間が相当経ってしまったのだろう。

ナースから個室の電話に「○○さんどうですか~」と連絡があった。私は、「がんばってますが、まだちょっと時間がかかりそうです。」と答えると、ナースは「病院だと落ち着かなくて時間がかかる人もいますから、大丈夫ですよ。連絡くださいね~」などと優しく声をかけてくれました。しばらくがんばってみたものの、ふにゃふにゃが続いた。
ナースから「別に日にしましようか。」と電話がかかってきた。私は「長期出張が控えていて、日を改めるのは厳しい」と伝えると、ナースが個室のドアをノックして入ってきました。

へなへなのチンコを見て、業務上出来ないんだけど内緒にしてねと、チンコを手こきしてくれました。ようやく7ぶ立ちしましたが、まだいきそうになかったので、私は恥を承知で「手で無い方がすぐ出せると思いますが」と言うと、ナースは「不純物が混ざると精子に影響が出て使えない。」と言いました。ナースは時間を気にしながら、じゃぁと服のボタンを少し外し、下着を見せてくれましたが、下着だけでは出せそうにないので、ナース服の上から胸やアソコを勝手に揉んだり触りました。

ナースはキャッっとビックリしていましたが、私が「これだともう少しで出せそうです」といったので、手こきしながら目を合わせないように反対側をむきました。チンコもギンギンと盛って来ました。ナースは、声を押し殺したように小さく「アッ、アッ」と言っって我慢していた。ナースのアソコがネチョネチョするまで触っていると、急に射精したくなり、急いで容器を開けて中に出して無事採取できた。射精した後も精子を出し切っていないというかまだ溜まっている感じがしていた。ナースの目がとろんとしてたので、ぎゅっと抱きしめて、ディープキスをしてソファーに押し倒して一気にハメた。

部屋中に、いやらしいあえぎ声とパンパン突く音が響いたが、防音の個室で外に漏れていない。今度こそは、精子を出し切るぞっという思いで、胸を舐め、キスして舌を絡めながらナースの中に出した。あっ・・・。生で出しちゃったと思っていると。ナースは、「○○さんのすっごい大きくて、激しくてびっくりしちゃったよ。もぅっ。」と怒ったが、「今回だけの内緒ですよ」と服を整え採精容器を持ってさっさと出て行った。

次に病院に行った時には、担当ナースが変わっていたし、ナースがあの個室を出入りするときは、中に人がいない時だけ出入りするように変わっていた・・・。

21+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!