エッチ体験談が11,000話を突破しました。

毛深い、俺のチンポに狂ったマンコ

PR

むつみの尺八さんから投稿頂いた「毛深い、俺のチンポに狂ったマンコ」。

かなり前ですが、35歳の時、11歳上の人妻とやりまくっていました。彼女は、むつみといい、見た目は、10歳くらい若く見えます。まじかですと、少し、皺が見えます。でも、巨乳でした。私好みです。外面では、浮気、フェラ、アナル、腰ふりなど、下ネタなどは、言えそうには奥様タイプです。

小さい会社ですので、1階、会社、2階が自宅でした。何回で、食事、映画に行き、キスまでは、よくしてましたが、むつみの友達と一緒に食事の車の中、むつみの友達は、3P,4Pをしたいと言いました。後で、みつみに聞いたら、相当のセックス好きだそうです。それから、むつみを口説き、ホテルでしました。むつみは、「これきっり」と言いましたが、その後、1週間後、食事をして、ホテルで、また、激しくしました。むつみのスカートなど、脱がし、下着にしたら、むつみは、自分から、ベットに入りました。

むつみと、熱いキスをして、胸、腰を触る。乳首は、大きい、下着に手をかけて、脱がす。むつみは、抵抗もしない、抱きついても来ない。胸とマンコを触ると、すぐ、濡れてきた。マンコをじっくりとみると、むつみは、恥ずかしがり、横を向いている。しかし、キスは、舌を絡ませる。マンコをしゃぶり、むつみに一物を握らせ、挿入する。むつみは、ただ、横をむいるので、わざと、こちらに顔を向け、「むつみのマンコに入っている」と、顔を見ながら、腰を振り続ける。必至に無表情を装う、むつみだが、腰を振ると、気持ち良い顔になる。むつみの旦那は、浮気中で、ほとんど、別宅泊まりの上、インポ で、むつみは、多分、2~3 年は、セックスレスです。だから、最初、マンコの臭いは、すごく、きつかった。

でも、あえて、むつみのマンコを舐めました、しかも、舌まで、奥に入れて舐めまくりました。それが、むつみは、良かったみたいですが、本当は、私の勃起した、チンポがうれしかったみたいです。私の18CMの巨根で、タオルが掛り、反り返っていましたから。むつみのお気に入りと、勃つ事が、すごく、嬉しがりました。頬ずり、フェラ(尺八)は、当たり前でした。言われなくても、自分から、ピストン式にし、ザーメンを飲みます。旦那しか、知らないのですが、ソープもどきを仕込まれていました。アナル舐め、アナルセックス、足の指なめ、風呂で、パイずり、壺洗いなど、よく解らず、してました。

フェラチィオが分からず、尺八で、解りました。むつみいわく、実践で、尺八、ザーメン飲みを覚えたそうです。むつみは、フェラが大好きで、ホテルで、パンツを脱がさせると、洗わなくても、フェラをします。その時は、無理やり、裸にして、クンニ、69、ピストン腰振りをします。むつみの「シャワー」の言葉も聞かず、挿入します。むつみは、フェラでも、乳を触るだけでも、すぐ、濡れます。すごい時は、ホテルに入って、3分位で、ピストンです。わざと、途中で、抜いてやると、「イヤ」と大きな声で、わめきます。わざと、「どこが気持ちいい?」「何が欲しい?」「どこに入れてほしい?」「どこに、出して欲しい?」じらさせます。

なかなか、言わないので、むつみに、「腰を振れ」と命令します。順序に従います。しかし、マンコ、チンポと言わないので、むつみの友達の名前を出して、とうとう、言わせました。むつみの友達は、3P希望のセックス好きの淫乱女です。「私のオチンチンが、欲しい。むつみのマンコに欲しい」とはっきり言わせました。その時のむつみの顔は、恥ずかしそうに目線をそらしていました。わたしは、いきり立った、チンポを、激しく、振って、むつみの口にたっぷり出し、むつみの口で、掃除させました。それから、むつみには、わざと、途中で抜いて、フェラをさせました。

バックもむつみは、大好きで、オシッコを何回ももらしました。その時も、ザーメン、オシッコ、マンコとチンポの臭い付きで、しゃぶらせました。私の場合、前から入れて、体位をかえ、横バック、立バックと、抜かずに、ピストンをします。むつみは、いつも、「強烈」と言い、何回もイッテ、気持ちよくなってます。「尺八とバックが好きだろう」と聞くと、軽く、頷きました。ですから、フェラとバックは、会社の中、新宿御苑の花壇でのフェラ、ビルのトイレなど、所構わず、やりまくりました。朝、早く、社員が出勤前に、1階に呼び、すぐ、フェラとバック、多分、マンコより、むつみの口のほうが、多く入れたと思います。1年位で、「むつみは、本当にスケベ、腰振りまくり女、淫乱 尺八 大好き」とよく言いました。

むつみは、私のせいといいますが、その時は、わざと、途中で、挿入・腰ふりをやめて、抜くと、必ず、むつみは「イヤ」と大きな声をだします。私が、「どこに、何が欲しい?どこに、入れるんだ」とむつみをじらさせます。そして、むつみに「マンコに欲しい。チンチンが欲しい」と言わせてから、ぶち込みます。バックの時は、四つん這いにして、お尻をたたきながら、ピストン、立ばっくです。また、池袋のホテルでは、窓を開けて、外にむつみの、オッパイか、マンコ、ハメの部分を見させます。非常にむつみは、いやがりますが、その時は、「チンチンが欲しくないのか」と責めます。その時のむつみは、必ず、フェラをします。本当にフェラ好き、勃つチンポが好きです。

ほとんど、むつみとは、ホテルでしたが、このころから、遅い時間、日曜日に会社でフェラ・バックをしました。机・ソファーで、よく、バックでやりまくりです。当然、ザーメンは、むつみの口です。また、盆にデートの予定でしたが、朝、5時頃、電話で迎えに行き、7時頃まで、腰ふりです。2~3日は、続きます。そして、必ず、2回は、むつみにだします。この事が、むつみは、非常に喜びます。朝しても、よるは、ホテルで、また、フェラ・腰ふりです。何せ、フェラ好きで、セックスも、お互い強いです。最低、2回だした後でも、むつみから、「もう、1回しよう」と言うところまでになりました。ですから、最初の「これっきり」ではなく、「これからよ」だったのです。むつみは、また、足を肩に掛けられ、前から、思いきっり、突きまくるとのも、大好きです。ただ、腰の振り方はあまり上手ではなかった。そこで、関係をもって、3年位の時、むつみをじらし、虐めをしていると、年下男に、いいように、やられている、と言ったので、むつみの足を高くあげ、肩に掛けて、思いきっり、突きまくり、「気持ちいいか?」「イッタ?」と聞くと、いつも通り、うなづくので、「はっきり、マンコが気持ち、良いと言え」と言わせましたが、なかなか、いわないので、「むつみ、おれの女になれ」と何回も、言い、突きまくり、むつみに、「あなたの女になる」といいました。

この日から、むつみは、私の女になったのです。この日は、太いチンポをアナルに入れて、生出しです。洗ったあと、むつみにフェラをさせました。マンコの毛もカットです。パイパンに近いくらい、カットしました。むつみは、もはや、アナルでも、気持ちよくなるくらい、淫乱になっていました。このころは、むつみの子供が、学校へ行った後、むつみの部屋にいきます。布団は、そのまま、フェラ、69、腰ふりまくりの連日です。エプロンにスカートの時は、台所で、即、バックです。また、朝早く、会社に行き、1階のソファーで、突きまくりです。当然、ザーメンはむつみの口です。美味しそうに飲みます。「むつみ、この、ちんぽが、かなり、気に行っている?」と聞くと、「はい」と答えます。普段は、いつも、頷くだけのむつみが、勃つとチンポが大好きなのです。特に、私にちんぽは。よく、むつみの友達は、皆、不倫だらけ、男狂い。むつみに、「むつみが、一番のチンポを手にいれたろ」と言うと、笑ながら、頷きます。

かわいい、むつみです。私の部屋でも、激しくしますが、むつみは、ホテルが大好きです。ですから、3年位から、バック、騎乗位、も鏡の前で、むつみが自分で見える位置で、腰を振らせます。3年間、振ったら、むつみも、結構、上手くなりました。そして、はづかしい恰好、顔面騎乗位、鏡の前の横バック、挿入のところに、鏡を置いて、むつみに見せました。そのせいか、むつみの肌は、荒れず、お尻も胸も張っていました。ただ、スケベ女になりすぎました。やはり、旦那がインポ・浮気が良くないみたいです。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR