エッチ体験談が11,000話を突破しました。

人妻になった友達はエロくなってた。

PR

オッティさんから投稿頂いた「人妻になった友達はエロくなってた。」。

初めまして。
俺 普通体型 身長175センチ以上
T ちょっと細身157センチくらい Eカップ

俺達は同い年で共通の友人のつながりで知り合った。
別に紹介で!とかではなく普通にたまたまそこにいたって感じ。

それは15年以上昔の話。

その間は俺に彼女が出来てTに相談。
Tも一度は結婚して俺に報告。
とまぁお互い友達付き合いは普通に継続。
Tも旦那の浮気が原因で離婚し、数年後に別の相手と結婚。

良かったねー。なんて話をしていた。

友人より近い関係になる日は突然きた。

たまたま元気か気になって電話すると久しぶりにランチでもとなりランチに行った。

俺「元気?子供も元気?」
T「うん。相変わらず元気だよ。俺は?」
俺「のわりには元気無いように見えるけど、なんかあったん?」
T「うん。。なんか旦那出張先で女と内緒で会ってるみたいで。携帯も見たらそんなやり取りも。。」
俺「マジ。。」
T「まぁ、今日は久しぶりだし違う話しよ!」
ってことで別な話をしながらその日は終わる。かと思ったら!

T「今日はまだ時間あるの?」
俺「うん。引っ越しの片付けくらいかな。ほとんど終わってるから別に時間はあるよ。」
T「引っ越したんだったね。家にいっていい?部屋見たいな。」
俺「普通の部屋だけどいいよ。」

みたいなやり取りで自宅へ。
やっぱりなんかおかしい。
普段は怪しいことがなくても部屋に二人でいると旦那になんか悪いしっていいそうなタイプなのに。

部屋に到着。

T「ベッドいいなぁ。もう誰か他の女と寝たりしたの?(笑)」
俺「あほか。俺は今フリーなのしってんじゃん。寝たのお前初めてだし(笑)」
T「あたしこのベッドになってから初めてなんだ。。だったら。。」みたいなことをボソボソと。
俺「やっぱり変だぞ!?さっきの話で元気無いんだろ?話くらい聞くぞ?」
T「話を聞いて欲しいんじゃない!」
俺「?じゃなに?」
T「あたしってそんなに他の女より魅力ないのかな。。」
俺「いや?今お前フリーなら付き合ってみたいよ(笑)でも人妻だからなぁ~。残念(笑)」
なんて言ったりしてみた。
勿論フリーなら全然あり!

T「ホントに?ホントに?」
俺「うん。。(随分食いつくな)」

T「なら彼女にして!」といきなりキス!

???
俺「おい!」

T「ここにいる間だけでいいからお願い!」

半ば無理やり?に近いくらい強引にまたキス!今度はディープなやつ。しかもめっちゃ相性いいのか気持ちいい。

俺「ホントにいいのか?」

T「冗談でこんなんできないもん。。(少し半泣き)」

俺「わかったよ。」

そこからTの服も脱がし、乳首を軽くつまみもう片方を舌で転がした。

ハァハァとTの息が荒くなる。

T「もっと吸って?今は彼女として抱いて。」

俺「T。。可愛いよ。」

なんて言いながら愛撫していく。

下着も脱がせ直接触ると信じられないくらいビショビショ。

俺「めっちゃ濡れてる。したかったの?」

T「うん。今日会うと思ってたからずっとこうなるの考えてたから、、」

くりを優しく撫でながら徐々に早くすると「あ、あん。凄い感じる。中に指入れて?」と自ら俺の手を誘導。

俺も興奮マックスに指をそのままにくりを舌で刺激する。

T「あ、ダメだよ。そんなとこ汚い。。でも。。あ、気持ちいい!あん、あん、そんなにしたらイッイッちゃう!」

とびくびくして昇天。

俺「T。。凄く可愛いよ。」
と言うと

T「俺のおちんちん舐めたい。」
とフェラをしてくる。
これもまた信じられないくらい気持ちいい!

口の中の感触、舌の柔らかさが俺にバッチリ。

俺「凄くいいよT。Tが舐めてくれるなんて信じられない。気持ち良すぎてあんまりしたら出ちゃいそうだよ。」

T「いいよ、1回目は口に出して!」と高速フェラ

俺「あ、イク!」と口内射精

するとTはごくごくっと飲み干す。

T「俺の精子は全部飲むって決めてたの。好きなの。好きな人の精子だから。」

とまたフェラを始めその後イチャイチャしながら再度クンニや69で勃起!

かなり積極的で早く欲しがってる感じ。

そう思っていると、
T「ねぇ、もう、、、これ入れたいの。上に乗っていい?」

俺「いいよ。いれたい!」

Tはヌプっと騎乗位で入れてくる。

T「はぁ~。気持ちいい!キスで相性いいと思ってたけど、こっちもやっぱり気持ちいい。」

俺「おれもそう思ってたよ。Tの気持ちいいとこに充てて擦って?」

T「うん(笑)」
「あ、あん。こんな気持ちいいのなかった。またすぐイッちゃいそう。ねぇ、イッていい?お願い乳首もいじって!いっぱい舐めて!つまんで!」
なんていいながら

「イッちゃう!あふぅ。イクゥ!!!」と昇天!軽く潮吹き!

めっちゃマンコ締まるから俺も射精感に襲われる。

俺「T!俺もいきそう。めっちゃ締まってきてやばい!」

T「ホントに?あたしで感じてるの?嬉しい!」

とガッチリ抱きついてそのまま腰を激しくグラインド。

俺「Tダメだよ。ゴムしてないからこのままだったら出ちゃう?」

T「そのつもりできたの!正常位だと抜いちゃうと思って。」

俺「は?」

T「いいの。出して!ホントに好きになっちゃった。好きな人の精子中に出して欲しい!」
「お願い!このまま出して、あたしの中にいっぱい出してぇ!」

俺「もう出ちゃう、ホントに出ちゃう!あぁ!!」

T「あたしもまたイクゥ!」

と同時に昇天。

しばらくTは抜かずにキスしまくってくる。

凄い量が出たはずだけど垂れてこない。
かき出そうとする俺にTは、
T「ダメだよ。あたしの大事な精子出さないで。」

俺「い、いや!さすがにまずくない?」

T「いいの。出来たらあたし生むからね。好きな人の子だもん。旦那の子として生む。嫌だけど明日中には出させないけどエッチだけしたふりをしておく。酔わせて寝そうな時に」

俺「、、、、、。」

T「いいの。ありがとう。あなたが旦那だったら幸せだったと思う。もし生まれたらあなたのこと思い出して大事に育てるね。」
「できてたら連絡とらないでバレないようにするから。」

それから連絡きてません。
ということは。。

長文失礼しました。

15+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR