エッチ体験談が11,000話を突破しました。

幼馴染みとの初体験。誰にも渡したくない!

PR

グレートエロティーチャーさんから投稿頂いた「幼馴染みとの初体験。誰にも渡したくない!」。

僕と幼馴染みの芽依は小3から付き合ってた。その頃は子供だから。で、高学年になるとディープキスまで進展した。
お互いにオナニーはしていたが見た事はなかった。中学に入った時になると照れてお互いに避けてた時期があったが1年の春に芽依に彼氏がいてエッチ済みだと噂が流れた。僕はどうしても我慢出来なくなって芽依の家に行った。

芽依の親は居酒屋をしてて2人とも帰りは遅い。芽依の部屋に入ったら芽依を押し倒してキスをすると、芽依にプロポーズした。男と別れてくれと土下座した。芽依は「アホか」とゲラゲラ笑い誰とも付き合ってないし、まだ処女だと言った。「ゆうたが彼氏やん。あんたしか芽依をあげへんよ」と聞いて僕は芽依の裸が見たいと言った。芽依も僕の裸が見たいと言った。僕らは裸になった。

もちろんちんこは勃起していたし、芽依のおまんこは濡れていた。まずは芽依が手で優しくちんこをしこった。がまん汁はペロペロと舐めてくれた。僕は思わず顔にぶっかけてしまった。「もうー。臭いよー、ゆうた!」と顔を拭いたがまだビンビン。僕が通販で買った無修正DVDを参考にしながらフェラしてくれた。芽依は体操服に着替えて予備の短パンのおまんこ部分をハサミで穴開けて「ゆうた、入れて」と寝転がって足を開いた。

僕はわけもわからず穴を探して「そこ」と芽依が言った穴に押し込んだ。めちゃくちゃ痛いと聞いてた芽依はそれほどじゃなかった事が悔しくて、何度も何度もちんこを挿れて確認した。そのうち気持ちよくなったのか「あ!あ!ん!」と声が出てきた。僕は「芽依、おっぱいデカいよな」「バカ。すけべ。」と言われても可愛いと思い、胸も乳首もペロペロ舐め回した。

すると芽依が急に可愛い高い声で喘ぎだしたので僕も急に射精感がきて中に出してしまった。2人でお風呂に入ってその日は帰ったが芽依に生理がくるまで妊娠したらどうしよって2人でドキドキしていた。生理がきた日に僕はコンドームを買って僕の部屋でエッチをした。中学高校はほぼ毎日エッチをしていた。大学に入った最近は僕が寮に入ったので毎日は無理だが週に一回はラブホテルで朝までエッチしている。お互いに教師になるのが夢なので結婚はもう少し先になる。芽依はめちゃくちゃいい女だから、フラれないように頑張らないと。

23+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR