エッチ体験談が11,000話を突破しました。

お世話になってた上司の奥さんの四つん這いに興奮して、バックからの中出し!7年愛。

PR

三太郎さんから投稿頂いた「お世話になってた上司の奥さんの四つん這いに興奮して、バックからの中出し!7年愛。」。

これはもう20年ほど前の話、これは僕が大学卒業後入った会社で何年かした頃の話です。
まだまだぺーぺーで給料も少ない僕は、何故か不思議と目上の人に可愛がられ、上司や先輩に誘われると奢りで食費と酒代は浮かせていた。

ある日取引先との仕事がうまくいき上機嫌の上司に付き合って深夜まで呑んでしまい、タクシーでお宅まで送った。インターホンを鳴らすと出てきた奥さんは苗木優子似の美人で、しかも体のラインがはっきりわかる薄手の部屋着と服に浮き出た乳首でノーブラなのがわかり、勝手にドキドキしていました。

「あー、もう!こんなに呑んで!しょうがないなー。すいません、こんな時間まで付き合わせちゃって」と言われたので「いえ、係長にはいつもお世話になっておりますので。重いので中まで運びますよ。係長!寝室ですか?リビングですか?」「俺は寝るから寝室だ!お前はリビングでゆっくりしとけ。明日は休みなんだから始発までいればいいよ。佳奈、寝室だ。」と言うと僕をリビングに残して、2人は寝室に行きました。

急いでリビングに来た奥さんはお酒とおつまみを出してくれて、恐縮する僕に「遠慮しないで。どうせ夫に出すつもりで用意してた物だから。ゆっくりしてね。あの人の相手して疲れたでしょ」と優しく気遣いしてくれていました。すると寝室から「佳奈~」と呼ぶ声が。奥さんはまた寝室へ。20分くらいたち僕は緊張の為か早いペースで呑んでしまいトイレに行きました。終わってリビングに戻る途中、少し空いてるドアの隙間を覗くと、全身裸の奥さんのお尻が!!係長はベッドで大の字になって、「んっ、んっ、んっ、んっ」と奥さんは四つん這いフェラをしています。

僕はついスマホで動画撮影しながらビンビンに勃ったモノを出してオナニーしてしまいました。係長はもうほとんど寝ていて、モノもふにゃふにゃでした。それでも奥さんはアソコを濡らしながら奉仕しています。僕は我慢出来なくなり、係長がイビキをかいたのを確認してから、ドアをゆっくり開けて寝室に入ると、洋服ダンスの上にスマホを動画モードのままセッティングして、四つん這いの奥さんのお尻を舐めました。奥さんは「きゃっ!」と声をあげて驚くと、僕を見て、係長を見て、係長が爆睡中なのがわかるとホッとして小声になり「ちょっと、僕君!何をしてるの!やめなさい!こんな事!夫に知れたらタダじゃすまないわよ!」と言われてもアナル・ヴァギナ・マンコと舐め続けてる僕は聞く耳もなく止まりません。

マンコは十分に濡れていたので僕は躊躇なくビンビン棒をバックから深く深く突き刺しました。「あぁぁっ、入れちゃだめよっ、はっ、はやくぬいてっ、お、お願い。僕君!」と小声で抵抗するも無力です。僕は激しく突き続け、胸を揉みしだいています。パンっ!パン!パンっ!と部屋中に奥さんと僕の密着音が響いています。あまり抵抗して暴れると係長が起きると判断したのか、クイーンサイズのベッドの端に移動して、だんだん奥さんもおとなしくなり、「あんっ、んっ、うんっ、あぁんん!」と体をよじらせ、腰を動かして感じてきたようでした。

「奥さん、めちゃくちゃエロい体ですね。最高ですよ。係長にいつもフェラしてるんですか?」「えぇ、いつもフェラしないとこの人寝ないの。でもセックスはしないまま寝るから、私はいつもオナニーよ」「へー、じゃあ今日は期待してたんだ?何日ぶりだったの?」「10日ぶりよ。今日は遅くなるって電話があったから昼と夕方に動画でオナニーしたわ」「エロいなー、奥さん。これからは僕がいつでもお相手しますよ。外回り中にね。」と突くスピードと強さを増すと、「ああ!あん!やん!あん!いく!だめ!いっちゃう!そこはイッちゅうから!だめぇ!あああっ!」と全身に力が入ってからベッドに倒れ込み、奥さんは白目をむいて、まだ刺さったままの下半身をピクピクさせています。

関係なく激しく突いていると、僕にも射精感が込み上げてきたのです。「いもちいぃっ。気持ちいぃ」とブツブツ言ってる奥さんに「奥さん、出すよ。中に出すよ。いいよね。」と返事を待たず一方的にそのまま中に出した。「あぁ。すごい。できちゃう。赤ちゃんできちゃう。」と小声でまだ快感に浸っている奥さんを仰向けにして、しばらく時間をかけてキスをして落ち着かせると、またクリに優し~く触れて、たったところで指の腹で上下に擦ったら、奥さんはパンティーを自分の口に入れて声を押し殺して腕で口を塞いで「んんっ~!!んんっ!!んんっ!んんっ!んんん~~!!!!」と僕の体にちからいっぱい抱きついて潮を噴水のように吹いて、また痙攣していた。そのあとリビングに戻って騎乗位で中出し一発。風呂で対面座位で一発中出し。

疲れてクタクタの奥さんをベッドに寝かせて、リビングに「始発の時間なので帰ります。ごちそう様でした。」とメモを残して帰った。それからも月に1~2回は外回り中に奥さんに中出しし、たまに上司と呑んだ後に送っていき、寝てる係長の横で中出しセックスを楽しんでいました。僕が会社をやめるまでの7年で奥さんは3回妊娠しましたが結局どちらの子かはわからないままでした。

最後に奥さんに中出しした日に「僕君ありがとう。楽しかったわ。私が幸せになったぶん、僕君も幸せになってね」と優しくキスをしてくれたあの笑顔を、酔うとまだ思い出します。

25+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR