エッチ体験談が11,000話を突破しました。

不倫彼女とのキ??セク 後日談

PR

butthole suffererさんから投稿頂いた「不倫彼女とのキ??セク 後日談」。

前日に山荘で彼女と壮絶なセックスを楽しんだあと、ほとんど抜け殻のようになって帰宅した翌日、何事もなかったかのように出社した。彼女も同じく、前夜に自宅に送り届けた時には、脱力感とクサの余韻と疲労で、朦朧としているような状態であったが気丈にも定刻通り出勤していた。彼女がそんな風に私への愛情を、仕事での業績を出すことによって表現してくれているのが痛いほどわかるのだ。

しかし、この日、彼女のテンションはいつもとは違っていた。昼前に、なにやら思いつめたような顔でわたしの事務所を訪れた彼女は、「10分しここに居れないの。でも、入れてもらっていいですか。。。」と悲痛なほど甘い声で懇願してきたのだ。「今日は朝起きた時から、昨日の余韻がすごくて、エロい気持ちが収まらなくて。朝、オナニーして、最高に気持ちよかったのに、まだ欲しいの。」わたしも、午後には出張を控えていてバタバタしていたのだが、この望みを叶えてあげないことには、彼女、誰か別の男とセックスしてしまいそうな気がしておちおち出張にも身が入りそうになかったので、彼女の望みを叶えてあげることにした。いや、そんなことは抜きにしても、仕事の合間にわたしに対して、心が痛くなるほど可愛いお願いをされては、どんな状況でも断ることなどできるわけがない。

わたしは「いいよ、今すぐ入れてあげるよ」と立ち上がり彼女を抱きしめる。彼女は心底安堵したような表情で「ありがとう」といい、そそくさとズボンとパンティーだけを脱ぎ、ソファに寝転び、惜しげもなく無毛の股をわたしの目の前に開いた。そこは白濁した粘液でトロトロになっており、小陰唇はいかにも早く受け入れたそうに、可愛く開いている。わたしもズボンを下ろすと彼女がすかさず、玉から竿にかけて撫で上げながら、まだ包皮を被ったままの先っぽを口に含む。瞬間で勃起したわたしは、彼女の口から引っこ抜いたモノを、暖かく、柔らかい彼女の膣に即挿入した。彼女は声を押し殺しているが、欲しかったモノを与えられて、とてつもなく感じている様子。ほんの数十秒、ゆっくりピストンをしただけで、「。。グッ。。。ハァ。。ッ。。。アァ!」と自分で自分の口を押さえて声を出さないようにしながら、悶絶して行ってしまった。

「すごいね、すぐに行ってしまったね」とわたしが動きを緩めて語りかけると「朝、クライアントと会っていたけど、もうその場でその人に犯されてもいいって思うほど朝から入れて欲しかったの」という。わたしはその場面を少し想像し、嫉妬から、彼女の中でモノがさらに硬くなるのを感じた。そして、今度は少し乱暴なくらいのスピードで腰を動かし始めた。彼女は、先ほどの波からまた次の波へと乗りこなし、声にならない声で嗚咽しながら、また絶頂に達した。つい前日にあれほど行きまくったのに。(彼女いわく、トリップ状態で彼女の快楽中枢は暴走し、何百回、何千回と連続してイキ続ける状態。。ほんのひと触れで絶叫し、私が彼女を見つめるだけでも行ってしまうという究極のセックス体験を味わっていた)

わたしも彼女と一緒に波に乗りいきたかったのだが、その週はすでに、彼女と10回以上セックスをしていたので、さすがにこの与えられた10分のなかで射精に至ることはなかった。「出張から帰ってきたら、こんどはちゃんといかせてね」と言いながら、ひくつく彼女の膣から引き抜いて、二人はさっさと身支度を整えた。

わたしの部屋を出て行く時わたしは、彼女に、「いつでも、入れて欲しい時には、僕が、入れてあげるからね。」と念をおした。「本当に、入れてもらえなかったらどうなってたんだろう私。昨日からどうかしてしまってる」と言いながらも、彼女のは先ほどまでの悲痛な面持ちは何処へやら、いつもの爛漫として笑顔で、颯爽と次の仕事現場へと向かって行った。最愛の部下の性処理係と化した社長としては、いい仕事ができたなと、ひとりごちたのである。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR