エッチ体験談が11,000話を突破しました。

婦人科検診で怒られて感じちゃいました

PR

まみさんから投稿頂いた「婦人科検診で怒られて感じちゃいました」。

婦人科の内診台が好きで、内診があるとアソコが疼きます。
いくつかの婦人科に通った経験がありますが、その中で一番感じたお話をしますね。

その婦人科は総合病院で子宮がん検診で2年に1回受診します。
先生はベテランのおじいさん。でもちょっと怖いんです。

若い研修医がその先生の隣でメモを取っていました。

問診のあとに内診室へ。
下着を脱いで内診台に座ると背もたれが倒れながら開脚します。
下半身がカーテンの向こうへ消えると先生が私のアソコの前に座るのがわかります。
足は痛いくらいに広げられました。

まずは視診。
ゴム手袋をした先生の指がアソコに挿入されます。
思わず力が入ってしまい、先生に「力入れない!力抜かないと痛いよ!」と厳しく注意されました。

同席していた看護師さんに「深呼吸してー」と言われました。

先生の指がむしろ抜かれ、看護師さんに「ライトつけて。奥までしっかり見えるように」「クスコ。」と指示していました。

クスコが中に入って来て、アソコが広げられます。
すると先生が「これは見えにくいな。粘液が多すぎる。シリンジで吸引しなきゃ見えないな」と言いました。
感じまくって濡れていたのです。

看護師さんからシリンジを受け取り、先生が吸引をしました。
研修医にも「これで奥までよーく見えるだろ?」と言って、研修医にも私の子宮口を見せているようでした。

細胞を採取してクスコが抜かれ、開脚したままで先生が「細胞取ったから出血あるかもしれないけど、悪いものではないからね」と言っていました。
普通は内診台を降りたあとに診察室で話すことなのに、この時は開脚したままの状態でした。

内診台が戻され、衛生シートを見ると大きなシミが出来ていました。
看護師さんにシートを取り替える指示を受け、備え付けのテッシュを使って下さいと言われてアソコを拭くと愛液で濡れまくっていました。

あの研修医も感じまくっている私のアソコを見たんだと思うと恥ずかしくまた愛液が溢れ、アソコが疼いて仕方がありませんでした。

19+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR