女友達に何もしないと約束してホテルに行ったら逆に襲われた

PR

1年ぶりにK子と会うことに。
K子は24歳でちょっと派手系でいい子。

渋谷で待ち合わせて、飲みにいくことに。

K子はとんでもなく酒が強く、そんなに強くない俺はすぐにベロベロ状態に。。

店を変えて、カラオケに行ったくらいからラブモードに。

カラオケで、K子はずっと密着状態で太ももに手を這わせてくる。

ベロベロながらも、俺の下半身はちょっと元気に

肩に手を回したらしなだれかかってきてキスしてくる。

酔いも手伝って、そのままカラオケでラブラブしてたけど、カメラもあったし移動することに。

もう深夜2時をまわっていたので


「ホテルいく???」

K子
「変なことするでしょ?」


「もう眠いし・・・変なことしないよ」

K子
「う~ん。じゃあホテルが空いてたらね。」

みたいな感じでホテルに移動。

運よく、ホテルも空室あり、ホテルに入る。

電気つけようとしたら、

「暗いほうが良くない??」

とK子。

「そだね。」

俺はもうフラフラ状態。

「シャワー浴びてくるね。」

そう言って、K子がシャワーに。

半寝状態でいたら、K子が出てきたけど、バスタオル1枚!

興奮しながらも俺もシャワーを浴びることに。

シャワーからでると、K子はもう布団に入っている。

俺も布団に入ると、抱きついてくる。

え・・

変なことしないって言ったけど、さすがに興奮してくる・・

けど眠い

そうこうしている間にキスされて、耳を舐められる。


「ヤバいよ・・」

そのまま首筋から乳首へ。

K子の太ももに挟まれている俺の太ももに、彼女の濡れている部分があたっているけど、濡れ濡れなのがわかるくらい。


「変な気持ちになっちゃうよ??」

K子
「ダメ~」

イジワルなK子。

俺の下半身は酔っているのに、かなり勃起している・・・

K子
「寝れる??」

イジワルに笑いかける。

K子はちょっと喘ぎながら乳首から、下半身に。

俺の体がビクつく。。

乳首もわき腹も、太ももも性感帯の俺

K子はジュパジュパ音を鳴らしながら、フェラをしながら腰を動かしている。

K子
「寝ていいよ」

寝れるわけないし・・・

俺がK子の下半身を触ろうとして、


「触りたい・・」

「ダメ!変なことしないんでしょ??」

オアズケ状態・・

そのうち、K子が俺にまたがって素股状態に。

グチョグチョのK子のアソコとクリに、俺のをこすりながら喘ぎだす。。


「普通に我慢できないけど・・」

K子
「ダメ・・」

どうしよう・・

必死で我慢していると、K子は俺にゴムをつけて騎上位でゆっくり挿入。

K子
「先だけ入れてあげるね。」


「先だけ???」

K子
「先だけ」

俺の先を出し入れしながら、喘ぐK子。

K子
「我慢できない・・・すぐ逝っちゃいそう!!」


「俺もヤバイけど・・・」

気づけば、奥まで入れてクリをこすりながら腰を動かしている。

K子
「あぁ逝っちゃう!!逝っちゃう!!」

耳元でこんなこと言われたら、同じタイミングで俺も逝っちゃったし

俺はそのまま気絶するように爆酔・・

今朝、起きたら酔っていたし夢のようなエッチな出来事・・

帰りながら、


「昨日、K子に襲われなかった???」

K子
「そんなのする訳ないでしょ」

と言って笑ってました。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1196記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。