本当に居るんですね。レイプ願望を抱く人妻って…

PR

パックちんさんから投稿頂いた「本当に居るんですね。レイプ願望を抱く人妻って…」。

約8ヶ月前になります。5月に入って10日ぐらい後の事になります。ある出会い系のサイトを通して知り合った人妻がいます。
その人妻は40前半の人妻で、身長170㎝の長身で尚且つ、ショートヘアーでスレンダーな体型をしていました。
男経験もこれまで3人と乏しく、出会い系で男と知り合うのは8年振りと言う人妻でした。

最初は話振りからサクラか?と思いながらも…
一応、人妻が住んでる町の駅で土曜日の10時で待ち合わせをしました。
長身だから直ぐ分かると言われ、当日9時過ぎに家を出て待ち合わせ場所に向かいました。
来てなければ帰ればいいと思いながら、来てればラッキーと言う気持ちで向かいました。
人妻が指定した駅に9時40分過ぎに着いたら、駅前にショートヘアーの長身女性が立っていました。

「あれか?」
と思いながら「あのぉ…◯◯◯さんでしょうか?」
と声掛けすると頷きました。
顔は…
正直言って光浦似?
美人ではないが可愛い部類にも属さない一重だけど唇が薄く、光浦やすこよりかはまあまあいいぐらい。
“まあ、溜まってる人妻だろう。ヤれればいいや”って感じの人妻でしかその時は見てませんでした。

人妻の心を和ませようと思い、駅前の喫茶店に入ろうとしたら人妻から…
「近所の知り合いとかが見てるかもしれないから、ここから離れたい。」
と…
人妻の気持ちはヤりたい気持ちが強いのか?
と思いながら人妻を車に乗せて、隣町へ向かいました。
隣町に向かう車内で、人妻から8年前にも出会い系の男と寝たことがあると聞きました。
8年前は旦那のパチンコ狂いからサラ金に手を出し多額な借金を作り、それが判明してからずっと家庭内離婚状態が続いて、その事を相談する相手も居なくて話を聞いてほしいだけの思いから出会い系に手を付けてしまったと聞かされました。
旦那に対しての憤りと憂さ晴らしの気持ちも当時は人妻にあったみたいで、それと勝手な事をした旦那に対しての当て付けの気持ちもあったらしいです。
とは言え、出会い系でヤる事はした人妻。
『なら、する事は知ってるんだ。』
と、思い率直に…
「じゃあ、SEXは覚悟できてるって事でいいんだよね。」
と聞くと人妻は頷きました。
旦那の事を“バカ亭主”と言う人妻。
「バカ亭主は毎晩11時頃に帰って来る。11時までに帰ればいい。」
と言う人妻。
人妻には障害を持つ中学生の男の子も居るらしいが、障害から学校で虐めに遇い今は部屋に閉じ籠り状態との事。
「どいつもこいつも勝手な事ばかりする。私だけバカをみてる、私だって勝手な事したい!」
と、車の中で旦那と子供に対しての憤りをぶちまけていました。
気を落ちつかせようと、ラブホに向かう前に隣町のファミレスに入り早めの昼食を取ることにしました。

ファミレスでの食事は旦那と子供がまだ幼児だった頃以来、何年振りらしく
子供が幼児だった頃の思い出を話していた。
ファミレスで昼食を取り終えて車に乗り込み、ラブホに向かう中で人妻から8年前の出会い系で知り合った男の話が出た。
「バカ亭主に対しての当て付けと憂さ晴らしで出会い系の男に抱かれて気持ち良くなってる時にハメ撮りをされた。」
と、人妻から唐突に話が飛び出しました。

「当時は出会い系の男とはする気は全く考えてなかった。ただ、愚直を聞いてくれて、それで相談にのってくれたらって気持ちだけだった。」
「私はお酒が入ると下が直ぐ濡れる癖があって、その事を話たらカラオケでビールを飲まされて気分的に解放感から体を触られても拒否はなぜかしなかった。」
「優しく接してくれたから、その時はその時点で意識も飛んでたと思う。」
「酔ったせいもあったけど、この人なら1度っきりならって気持ちになった。」
「家庭内離婚状態とは言っても離婚はしていないから不倫になってしまうが、お互いの家庭を壊さない約束でSEXを認めてしまった。」
「ラブホでラブホに設置されてる冷蔵庫の中のビールをまた飲まされ、意識が完全に飛んだ。」
自分は人妻が話す経緯の武勇伝を…
人妻が望んでるのか?と、思いながら聞いていました。
「じゃあ、ビール買って行こうか?」
と聞くと、人妻は“いいよ”と返答。
”アルコールが入ると気持ち良さが益す“と言う。
ラブホに入る前にコンビニに立ち寄り、ビールと更に酔わすためにウィスキー、おつまみを買ってラブホに向かう事にした。
人妻はラブホに向かう車の中でコンビニの袋からビールを取り出し、そのまま飲み出しました。

目的のラブホが近付いてきた時に…
「ほら、下が濡れてきたよ。」
と、主婦の履いていたジーンズのファスナーを下ろし、自分の左手を取りファスナーの中に手を突っ込めと言わんばかりに両足を広げてファスナーの中に左手を押し込みました。
確かに濡れていた。
そのままファスナーの中の下着を弄ってクリを刺激したら拒むどころか弄ってる左手を人妻の手で押し付け、人妻の顔は車窓から外を向いて知らん顔状態で股関を弄らる行為に、吐息と思われる声を圧し殺すかのように出していました。
人妻の濡れた穴の中に指先を入れたら気持ちいいのか、人妻の左手で口を覆い声を圧し殺していました。

「オッパイ出せ!」
と、命令口調で言うと…
人妻は無言でシャツのボタンを外し、ブラを鎖骨に上げて貧乳だけど乳首を露にした胸を出しました。
「これでいいですか?」
人妻の今までの口調が変わりはじめ、乳首もツンと勃起していました。
「ご主人様、今日は縛りますか?」
ご主人様…!?
縛る…!?
「ご主人様、お尻に入れますか?」
お尻…アナルSEXの事か?!
ご主人様…
その時に察しました。
この女、改造されて奴隷を経験してる!!
と…

人妻の外見からは全く想像できない姿。
アルコールで暴露した人妻の本性。
どうも8年前の出会い系の男から改造されたと思えた姿。
ラブホに到着。
部屋に入るや否や、人妻は8年間ガマンしていた本性を曝け出し、自ら裸になりだして長身で貧乳だけど、脚が長くスレンダーな淫乱裸体を露にした。
40代だけあって下っ腹はポっコリしてるが、お尻は割りと綺麗でまだまだ形がいいお尻をしています。
ラブホのソファーで座っていると、人妻が膝間付きズボンのファスナーを下ろし、チンコを出してそのままパクリと口に加えて行きなりフェラをしだしました。
上目遣いで自分を見る人妻の顔は、奴隷と化していた8年前の人妻の姿が容易に想像できました。
あまりの気持ち良さから人妻の髪の毛を鷲掴みにしてもピストンをやめようとしませんでした。
『ヤバい、マンコに入れる前に出る…』
そう思い、人妻を咄嗟に床に仰向けに寝かせ、仰向けにしたヘソの右斜め上に目立つホクロをがあって、そのホクロを見ながら人妻の長い両足左右の脹ら脛を持ち、足を広げ正常位で生のまま挿入。
ヘアーがパイパンに近いぐらい薄く、はっきり挿入する状態が眺める事もできました。
挿入した時…
“狭い!”
凄く気持ちいい人妻のマンコが第一印象でした。
8年間性行為がなかったためか年月が長過ぎたのか、穴を狭くしていました。
人妻はと言うと手で顔を覆い隠していました。
「気持ちいいか?」
と、問い掛けると人妻は顔を手で覆い隠したまま頷きました。
更に正常位のまま突くと体を仰け反り出して…
「続けて、続けて、続けてっ」
と、声を圧し殺しながらも荒げ出し、欲求不満を解消するかのように人妻の黒目が上がっていました。
そのまま抱き抱え上げ騎乗位に…
髪の毛を振り乱しながら腰を動かしてきました。
「ヤバい出る!」
その声に人妻は…
「まだダメです。」
「私も一緒に逝きたいです。」
と言う人妻。

そんなこと言っても出るもんは出る!
と思い、腰を前後左右に動かす人妻に容赦なく中に出してしまいました。
人妻から「生理が近いから中に出してもいいですよ。」
と…
助かったぁ~
と、正直思いました。

って事は、今日は何回でも中出ししても構わないって事だ…
そう思った瞬間、気持ちいい人妻のマンコをもっとじっくり味わいたいと思えました。
床で仰向けになって両足を広げたまま、項垂れている人妻も既に絶頂状態に陥り意識は逝っていました。

喉が乾き、人妻を抱き上げてソファーに座らせ更にビールを飲ませ一息ついて、意識朦朧の人妻はそのまま酔った勢いから8年前の出会い系の男の事を聞いてみました。
8年前の出会い系の男から改造された事。
改造されてさせられた事から人妻の抱く願望も知って唖然としました。

8年前の出会い系の男からバックでハメられ気持ちいい状態に陥ってた時に顔を床に押し付けられ、両手首を後ろででベルトで縛られたまま激しく突き上げられて意識が飛んだと言っていました。
その後、異物を入れられ写真を撮られたのが始めだったらしいです。
後ろでで両手首を縛られてるから手で払い除けることもできなくて、髪の毛を振り乱して顔を隠そうとすると髪の毛を掴まれ、顔を叩かれながら撮られたと言っていました。

その後もハメ撮りを何枚も撮られ、中出しもされて中から溢れ出す精液もアソコのアップで何枚も撮られたと屈辱的な事を話出したが、何度も何度もハメ撮りを繰り返してると変な気持ちが沸き出して、シャッターの音とフラッシュに浴びることが心地好くなってきた。

知らないうちに今の自分では信じれないぐらいのいやらしい要求をあからさまに晒していた。

要求にも応じたり、自ら両足を広げてオナったり、バイブを入れたり、指を入れたり、広げたりとかも撮影された。

と、8年前の出来事を人妻は話した。
1度っキリのはずが、呼び出されてはまたハメられて、呼び出しに応じなかったらハメ撮りの写真をメールで送り付けられ、否応なしに呼び出しに応じてまたハメられて…

時には車の中でハメられたり、裸になってハメられたり、青姦もした…と言っていました。
「縛るって言ってたけど?」
と、人妻に聞くと
「4回目に呼び出された時に容赦なく問答無用で激しくハメられて、中出しされてクタクタになってた時に、縄を持ち出してきてご主人様は縛ってきました。」
「抵抗できなくて縛られるままに縛られて、人生初めてSMを体験しました。」
「椅子に座らされ両足をを広げた状態で椅子にくくり付けられて猿轡をされてバイブとか、ローターとかアソコに入れられた写真も撮られました。」

「その時にお尻も初めて経験して、お尻の気持ち良さも知りました。」
と、人妻は話しを更に続けました。
何回か縛られて、縛られ続けると痛みが快感と快楽を得る身体に変わったと人妻は変態に染まった事を打ち明けました。

最初の呼び出し拒否が全く逆になり、呼び出されることで縛られハメられ、また縛られて異物を入れられハメ撮りされて…
が快楽を得る変態の身体になっていたと人妻は話していました。

人妻が心残りと不満に思っている事が一つあると言います。
それは、複数をするはずだった複数が出来なかったことが心残りで不満らしいのです。

出会い系の男から、次は5人を相手しろと言われたらしい、人妻はその5人相手を期待していたらしいが、5人相手をしろと言われたその日、出会い系の男は人妻と別れた後、単独事故を起こして他界したと言う。
人妻が言うには、男は携帯を持ったままで亡くなっていたらしく、おそらくは人妻を相手する出会い系の男以外の4人に連絡しながら単独事故を起こしたのではないかと人妻は想像していました。

改めてベッドに入り、キスをしようとするとなぜか人妻は拒絶してきました。
生理画像近いから中出しOKと言いながらキスは拒絶。
人妻の意識は入れて気持ちいいことは認めても、愛情のないキスは嫌だと言うことらしいのです。。

「まあいいや。」
愛情はないし…
キス無し、大いに結構。

四つん這いにして後ろから責めようとすると、あまりにも脚が長いために腰高のバックプレイに…かなり疲れる。
立ちバックしようもんなら、此方が爪先立ちのプレイ。
これで分かりました。

8年前の出会い系の男がしていた顔を床に押し付ける行為…
この女、マジに脚が長い!
同じように人妻の顔をベッドで押し付け、無い胸を揉みながら時には髪の毛を鷲掴みして何度も何度も突いてやった。
顔を覗き込むと人妻は目を瞑り、声を張り上げることなく口を一文字にして食い縛りながらされるがままにバックのプレイを無表情で受け入れていました。
まるでダッチワイフか人形状態か、そんな人妻でした。
中出しOKって事だから、容赦なく中出しをさせてもらいました。
抜いた後、人妻と浴槽に入り、風呂場で裸を擦り付けて手コキからフェラへ、ソープの経験があるのかと思うほど、自分の腕を跨ぎ人妻の股関を腕に当てて泡立たせながら股関で洗い始めました。
「ソープの経験あるの?」
と聞くと、8年前の出会い系の男から教わったとの事。

浴槽の中でも後ろ向きで騎乗位プレイ。

貧乳で無いに等しい胸を揉みながら…
とは言っても多少の膨らみはある胸を揉みながら、乳首を摘まんだり引っ張ったりしながら人妻の顔がまた気持ち良さを漂わせる目を瞑り口を一文字にする無表情の顔。
その顔の顎を持ち、半ば強引なキスに人妻も飯能。
お互いの舌を絡ませ、愛情のないキスを人妻は受け入れていました。
小声で“気持ちいい”ちと言う人妻に尻を持ち上げ…
「尻に入れろ!」
と、命令。

人妻は浴槽の中でチンコを掴み、自ら人妻のアナルの穴にチンコを当てて押し込み先端が入ったその時…
人妻から発したはっきりした声。
「あっ!」

その瞬間、自分は人妻の腰を左右に持ち、そのまま人妻の腰を下げ、思いっきりチンコをそのままアナルへ勢いよく捩じ込んだ。
人妻の細い目がパチリとした大きな目で見開き、浴槽の縁を持ち抜こうとするところを下から突き上げ、人妻は両手で口を覆い隠してながら…
「入ってるぅ~」
と、一言発すると下から突き上げるアナルSEXに悶えながら根元までお尻の穴奥深くまで入ったまま歯を食い縛りながら、終いには悲鳴に近い甲高い声を張り上げだしました。

アナルSEXで尻穴を掻き回しながらアソコに指を入れたりクリを弄ったりしながら悶える人妻の姿を見ながら虐め尽くしました。

そのまま、アナルに挿入したまま尻の中に中出し。
尻から抜いたら突然、風呂場から飛び出しそのままトイレに駆け込み、大きな音で排便。
8年振りのアナルSEXは人妻としては気持ち良さを知っていたとしても、8年も経過していたら苦痛でしかなかったみたいです。
「ドスっ!バスっ!」
トイレの中で便器に大きな音を立てて排便した後、トイレから出てきた人妻。
もう一度、風呂場に入り尻に手を当てながら尻を洗い出しました。
「お尻が痛い。」
そう言いながら肛門に付いた汚物を洗い流していたが、
「洗ってあげるよ。」
と、言いながらボディシャンプーを手にべっとり付けて肛門を洗いながらを見せ掛けて、そのまま指2本を肛門の中に押し込んでみました。

また、悲鳴をあげる人妻。
壁に頭を付けて肛門の中をまさぐる行為に耐えていました。
指を2本から3本、そして5本…
アナルが拡張しだしました。

人妻にとっては正しく苦痛そのものだったと思います。
手の甲までは入りませんでしたが、指5本は入りました。
チンコが勃起するまで肛門を更に弄り、チンコが勃起したらアナルから指を抜き、またチンコをアナルへ再度、挿入。

人妻は思わず泣き出しなが必死に耐えて歪む顔。
虐め尽くし、人妻とは言え女を支配する快感に変わっていました。
アナルSEXで突き上げ、また中出し。
凹むかのように風呂場の床に座り込み、肛門を手で抑える人妻。
アナルSEXの気持ちいい感覚を失っていたみたいでした。

「トイレに行きたきゃ行ってもいいぞ。」
の言葉に人妻は涙でくしゃくしゃになった顔をしながら風呂場を出てトイレに入りました。
10プレイぐらいか、人妻はトイレから出て来ませんでした。
トイレから出て来た時に発した言葉は…
「お腹が痛い、お尻が切れた。血が止まらない。」
でした。 
裸のままソファーで俯せで横たわる人妻の肛門から出血する血をティッシュで拭いながら止血を施しました。

そのままソファーに座ると肛門に痛みが走り、座れないと言う人妻。
この時、俯せになりながら人妻がボソッと呟きました。

「犯されるとこうなるのかなぁ…」
と。
人妻に聞いてみました。
「犯されるって、複数が出来なかったから?」
人妻は願望があると言い出しました。

「私は見ての通り、背が高いし胸もない。顔もはっきり言って美人でもなければ可愛くもないから自信がない。」
「今まで男から言い寄られた事は一度もない。」
「8年前のご主人様から、女が一番興奮するプレイは突然起きるレイプだと聞いた。」
「複数プレイはヤる事がはっきりしてる。」
「でも、レイプは想定していない日常生活の中から突然起きる不意を付いたプレイ。」

「強く拒否しても拒絶しても容赦ない寄って集っての集団暴行。」
「SEXの気持ち良さを知ってる主婦層はレイプで今まで体験した事のない方針状態から意識朦朧状態に陥り、最高な悦を味わえれるって聞いた。」
「そう言う状態になった私を最近よく想像してしまう私が居る。」
「その度に独りエッチをしてしまい、バカ亭主がいない時や風呂場とかトイレとかで火照った体を慰めてしまう。」
「最近は回数が多くなった。」
「レイプされる私を想像してはオナったりする。」
「派遣会社の職場で男性社員の股関に目線がいったり、買い出しでスーパーの男性店員や男性客の股関にも目線がいってしまい。」
「この前は職場のトイレで作業服全部脱いで下着も脱いで裸になって、オナった。」
「公園の共同トイレに入って同じ事をした事もある。」

と言う人妻に
「実際に起きたらどうするの?」
と、聞いてみました。

「実際に起きたら、願望があるからそのまま堕ちるかもしれない。」 
と言う人妻。

「露出や全裸露出、青姦やSMは経験していても複数やレイプは経験した事がない。」
「どうせ壊されるなら、単純な複数で壊されるぐらいなら愛情の全くない突然起きるレイプで激しく壊されてみたい。」
「もう40を超えたおばさんを誰も相手はしてくれないだろうけど、賞味期限があって需要がまだある内に一度だけでもいい、体験してみたいって思う事がある。」
「日時指定されたらレイプにはならないし、逆に日時指定されると当日、子供の事とか世間体や生活の事を考えてしまい足がすくみ、すっぽかしたり逃げたりって事もある。」
「でも、やっぱり日時指定なしで囲まれて襲われてみたいって思うけど、実際に起きると正直言って恐い。」

「だから、私はお酒に弱いから、アルコールの強いお酒を背後から突然囲まれて、羽交い締めで押さえ付けられ強引に飲まされて意識が飛んで、普段はジーンズ系のパンツしか履かないから、その場でパンツを下げられて、そのままオチンチンを問答無用で後ろからいきなり入れられて、中出しされたら気持ち良さが先にきて逃げる気力もなくなり抵抗もできなくなると思う。」

「その時に首輪や猿轡とかされて、ハメられ中出しされた後でバイブとか入れられスイッチを入れられて可動しながら囲みで私を車まで歩かせて、車に押し込まれたらたぶん、諦めも付くと思う。」

「移動する車の中で着てる私服全て引き裂かれて、引き裂かれた服を車外に捨てられて胸がないけど裸にされて、四方八方前後左右から弄られながらフェアをさせられながら、私を盥回しで輪姦する場所までカーレイプが車内で繰り返されたりしてね。」

「時にはないけど胸とか裸とかお尻とかを窓に押し付けられて対向車に晒されたり、顔を押し付けられたりしながら、車は輪姦する場所に向かうんだよ。」

「輪姦場所で問答無用で中途半端なしで、激しく過激に輪姦され続けて身も心も意識も全て性奴隷に仕立てあげられたら、おそらく私は縛りとか露出とか、蝋燭や浣腸、鞭とか電動ドリルバイブとか、磔や吊し上げ、逆さ吊り、乳首に針貫通みたいな拷問とか三角木馬でも監禁で何でもすると思う。」

と、人妻は言う。
それはマズイでしょ…
8年前とは言え、変態に一度は染まって、変態プレイで快楽を知った人妻には普通のプレイでは逝く事はできないのだろうと、思いつつ人妻に言ってみました。

「それじゃあ、レイプしよっか?」
って言うと、人妻は…

「あなたはもうダメ。」
「だって、もうあなたを知っちゃったし、1人じゃイヤ。」

「せめて6人か7人じゃなければレイプ願望は満たせない。」
と、最初は冗談半分で話していた人妻の願望話がいつしか本気モードに変わっていました。

人妻に…
「冗談で止めといた方がいいんじゃないの?」
と言うと、
「お酒を飲まされての一度だけだから。」
と人妻は言う。

その一度だけの思いがどん底に堕ちる事を知らないのかこの女は?

そうこうしてたらいつしか肛門からの出血も治まり、その後も縛ることはなかったけども人妻で存分に遊び尽くしました。

ラブホを出たのが夜の19時半頃。

夜食を喫茶店で取って、閉じ籠りの息子の夜食にと隣町のスーパーも付き合い惣菜を買って、人妻を自宅近所の公園まで送りました。

人妻から別れ際…
「今日はありがとうございました。」
「また、機会があったら虐めて下さい。」
と、ラインの交換をして別れました。

家に戻り、人妻からラインが入っていました。

「ひさしぶりに気持ち良かったです。」
「お尻はまだ痛いけど、レイプされたらお尻はイヤだって思ってもヤられてしまう。」
「今日、お尻をヤってて良かったって思ってる。」
「また、遊ぼうね。」

だって…(^_^;)

他に読まれているエッチ体験談

  • 浮気癖のある48歳の人妻と。no.4 熟女最高さんから投稿頂いた「浮気癖のある48歳の人妻と。no4.」。 時間はもう、16時を過ぎた。家に着いてから、ほとんどの時間を肌で過ごしている。 「M子、何か飲まないかい?」 「あっ!いいね!」 俺は冷 […]
  • メチャクチャにしてください!と叫ぶ48歳の主婦 エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「メチャクチャにしてください!と叫ぶ48歳の主婦」。 出会いは大手のア○ーバblog。同じ市内に住み、共通の趣味から、少しblogでのコメントのやり取りをし、個人的にメッ […]
  • 浮気癖のある48歳の人妻と。no.3 熟女最高さんから投稿頂いた「浮気癖のある48歳の人妻と。no.3」。 M子が潮を噴射して果てたあと、俺はビデオカメラを用意した。 ソファーに拘束したM子を解き、被せたパンティーを剥ぎ取り、今度は俺がソファーに座 […]
  • 横領していた女上司を脅してセフレに… 広樹さんから投稿頂いた「横領していた女上司を脅してセフレに…」。 僕は23歳の広樹 […]
  • 近所の若奥様とこんなことになるなんて ヒロさんから投稿頂いた「近所の若奥様とこんなことになるなんて」。 数年前の話です。小学校の役員の関係で、持ち回りで一週間は横断歩道を渡る小学生を見守る期間がありました。 前日に、その時に使う黄色い旗や小学校のロ […]
  • 団地のスゲースタイルのエロスケベ彩子の秘密 団地妻キラーの俺ささんから投稿頂いた「団地のスゲースタイルのエロスケベ彩子の秘密」。 同じ団地の40歳くらいのスタイル抜群の団地妻、名前は彩子 俺が団地に来る前から彩子は団地住まいで、今では子供4人もいた […]
  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1711記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。