エッチ体験談が11,000話を突破しました。

酔っ払った俺を介抱してくれた母さんにヌいてもらった

PR

酔っ払った俺を介抱してくれた母さんにヌいてもらったエッチ体験談。

その日飲み会があって帰宅が深夜になった。
父も母もすでに寝ていた。

俺はだいぶ飲んだので、自室にはいるなりベットに横になってしまった。

ウトウトしていたのだが、気付くと母が俺を着替えさせようとしていた。

「だいぶ飲んだみたいね。風邪ひくから着替えて寝なさい。」

俺は面倒くさかったが、寝ながらシャツを脱ぎ始めた。
母がジーパンを脱がせはじめた時だった。

「あら。」と言ったので見てみると、
トランクスの窓から俺のペニスが勃起して出ていたのである。
酔っていたので気が付かなかった。

「あんたも一人前じゃない。けっこう大きいわね。」と
母がぞくぞくするような事を言ってきたので、
俺も調子にのって(酔っているのもあった)
「母さん、しごいてよ」と言ってしまった。

母は「何バカな事言ってるの。そんな事出来るわけないでしょ。」と言ってきた。

「いいだろう。このままじゃ寝れないよ。すっきりさせてくれよ。
父さんもう寝てるんだろう。頼むよ。母さん」
と言ってトランクスも脱いで素っ裸になって目をつぶった

目を閉じてから1分位たっただろうか。
ペニスが母さんの暖かい手に包まれた。

「今日だけよ。早く出してスッキリしなさい。」
と言いながらしごきはじめてくれた。

母のしごき方は父ので扱いなれてるだけあって、とてもうまい。

「母さん、気持ちいいよ。」
「そう、早く出しちゃいなさい。それにしても大きいわねえ。」と母。

「そうかなあ。父さんのと比べてどう?」
「あんたのほうが大きいわよ。それに硬さもね。ねえまだ出ないの?
手が疲れてきたわ。それにお父さん起きてきたらどうするのよ。」

俺はとても気持ちいいのだが、酔っているせいでなかなか出なかったのだ。

「母さん、口でしてよ。そしたらすぐ出ちゃうよ。」と頼んだ。
母は少し迷っていた。俺のペニスをしごきながら。

「しょうがないわね。やってあげるわ。早く出すのよ。」
と言いながらペニスを舐め始めてくれたのだ。

母のフェラチオは最高だった。
今までやったどの女よりもうまかった。

「母さん、うまいよ。こんなの俺初めてだよ。親父がうらやましいよ。」
「なにいってんの。彼女はしてくれないの?」
「してくれるけどこんなに気持ちよくないよ。ああ、もうたまんないよ。」

俺のペニスは母の唾液まみれでテカテカ光っている。
母のパジャマの胸元からは、豊満な胸の谷間がのぞいている。

俺は我慢できなくなって、手をいれ揉みはじめた。母は何も言わなかった。
乳首に触ると硬く立っていた。母の呼吸も少しみだれている。

俺は大胆にも、今度は母の股間に触れてみた。
母はピクッと反応したが、俺の手を振り払うことは、しなかった。

するとどうだろう。
パジャマの上からだったが、母の股間は湿っていた。
母も興奮してくれていたのだ。

俺は、昨日までなんともおもっていなかった母と、どうしてもセックスしたくなってしまった。

93+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR