エッチ体験談が10000話を突破しました。

上司の同級生との綿棒、飲尿変態セックス

こうさんから投稿頂いた「上司の同級生との綿棒、飲尿変態セックス」。

尿道に綿棒入れられて、暫くすると痛さが快感になりました。
「血液が…」理恵お姉さまが綿棒を舐めました。「美味しい」
「まんこ舐めるのは、やめたらダメよ」なめ続けました。
「気持ち良いよ。ご褒美欲しい?」「下さい…」

クローゼットから取り出しました。選択ばさみです。
乳首と陰茎に挟みました。
「いた、あああ」
「写メ撮るから」
「やめて下さい」
「私とあなたの秘密」
「射精させて下さい…お願い」
「私が満足できる量の精子を口に出して」
鼻キスをしながら顔中をなめ回されました。

ちんぽの選択ばさみを外し、 激しく手で扱ごかれました。
「出ます。」「待って口にちょうだい」
勢いが良すぎて、理恵お姉さまの喉の奥に当たったみたい…でも、ごくりと飲んでくれました。
「こう、美味しいわよ」
「理恵お姉さま舐めさせて下さい」
「私が飲んだから?貴方も飲みなさい」
「口を開けて、そう、いくわよ」
勢い良く僕の口の中にしょっぱい液体が入った来ました。飲尿初体験です。

顔やシーツにこぼれましたが、ごくごくと飲みました。
「貴方素敵よ、ご褒美に私のまんこに入れさせてあげるよ」
射精したばかりのちんぽに理恵お姉さまが、むしゃぶりつきました。
理恵お姉さまはほどなく、硬くなったちんぽに跨がりました。
激しく腰を上下させて僕の顔を見つめます。

唾液を口に垂らしたり、お互いの唾液の交換が良すぎてたまりません。
「縄ほどいてやるから、後ろから突いて」
やっと自由になり理恵お姉さまのストッキングの裂け目を広げ、突きだしたまんこに後ろから入れました。
「ぱん、ぱん、ぱん、」激しく突く音と理恵お姉さまの獣のようなよがり声に興奮は、絶頂に。
「出しますよ」「正上位で来て」
ちんぽを膣から出すと振り返り、ちんぽにムシャブリつきました。
「こんなちんぽ久しぶりよ。素敵よ」と言いながら玉袋から陰茎をなめます。

「来て」
脚を広げて割れ目にちんぽを誘導します。
お互いの体液でつるんと入りました。
腰を振ると「いい、いい、いい、」を繰り返します。

もう、限界です。「逝きます」
「出して」「中に」「いいんですか」「中が良いの」と言ってあしで腰を挟みます。
激しく突きながら、射精したあと、理恵お姉さまは僕に抱きつき痙攣しながら白目をむきました。

5分ほど同じ状態で抱きしめあっていました。
気がついた理恵お姉さまは、「久しぶりよ、こんなの」
「僕もです。責められるのが、こんなに素敵だとは思いませんでした」

理恵お姉さまは、起き上がり鼻キスをしながら「次はもっと過激なことしてあげるよ」
想像するだけで硬くなってきました。その夜は、ノーマルでしたが朝方まで三回戦。

別れ際に次の約束とブーメランパンツを渡されました。肛門辺りに穴が空いていました。
「次はこれを履いて来るのよ」

意味が次に会ってわかりました。

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!