バカな同級生を騙してセックス

PR

サハラ砂漠さんから投稿頂いた「バカな同級生を騙してセックス」。

翔子は典型的な頭が弱いって感じの女だったが顔は割といいが胸は貧相だった。夏たまにキャミソール着忘れてワイシャツの隙間からブラが見えるなんてのも割とあった。

中3の夏休みに2人でやる課題が出ていてそれをするために翔子の家へいった。その日は家に誰もおらず2人だけだった。普通に課題をやり終わったのが3時ごろでまだ時間があったので翔子の部屋で2人で話してた。

その時に最近なんでか肩凝るんだよねといってたおっぱい無いのに凝るんだなと思いつつ揉んであげようか?と言い肩を揉んであげてた。ノリでおっぱいも揉んだほんとにつるぺただと思ってたが少しはおっぱいがあった。

翔子は驚いてたが揉むとおっきくなるんだよと言うとえ、そーなの?と信じたようだった。直に揉むともっと効果あるんだよと言うとなら直でもいいよと言われた。向かい合って翔子に服を脱がせブラも取るとピンクの小さな乳首のおっぱいだった。少し揉んだ後おっぱい吸うのも効果あるらしいよと言うと少し戸惑ってたがここまでやったんだしと言うとオッケーしてくれた。片方のおっぱいを口に含み吸ったり乳首を優しめに噛んだりすると喘ぎ声が出てきた。

ここまでいけたら最後までいけるだろと思い翔子に精子飲むのもいいらしいからさといいズボンとかを脱ぎちんこを翔子の目の前に出した。初めて勃起したちんこを見たらしく興味津々ってかんじだった。翔子に口を開けさせて咥えさせ動かせた。なんとも言えない暖かさに包まれたので童貞の俺には耐えられずすぐに出てしまった。口の中で出されたので翔子は驚いてたが飲まないとと言うとちゃんと飲んでくれた。

どうにかしてセックスしたかったので翔子に最後に1番効くやつするねと言いパンツに手をかけ一気に下ろすとまんこはもう濡れてた。翔子はちょっと抵抗したが少し強引に足を開きまんこを舐めたクリとかも舐めると少し喘いでた。いよいよ挿れるタイミングになり財布に常備していたゴムを使う時が来た。ゴムを開けちんこにかぶせてから翔子に優しくするねと言い挿れた。翔子の中はキツキツで先っぽだけしか入らなかったので少しグッと入れると中まで入ったが翔子は痛そうな声をあげ少し泣きそうだった。慰めるために翔子にキスをしてもう少しだけ頑張ってと言い腰を動かしだした。

翔子は身長が小さいから中も小さくキツキツだった。正常位で5分も腰を動かさないうちに果ててしまった。ちんこを抜き翔子に大丈夫だったか聞かと大丈夫と答えた。このことは他の誰にも言っちゃダメだからねと口封じをし、継続的にやらないとあんまり意味ないらしいからまたやろうねと言いその日は帰った。

高校生になって疎遠になってからやっとやってたことに意味はなくただのセックスってことに翔子も気づいたが誰にも言いふらしてはないっぽい。この前たまたま見かけたが胸は一向に成長してなかった。

他に読まれているエッチ体験談

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. ポチ君 より:

    僕も貧乳の同級生とやりたかったわ

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1711記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。