一人称ぼくな幼馴染にあれこれしてやった話

PR

ズブロッカさんから投稿頂いた「一人称ぼくな幼馴染にあれこれしてやった話」。

俺の自宅の隣にはS子っていう同い年の女が住んでいる。
当然お隣さんだから家族同士の付き合いもあり、俺は幼稚園の頃からS子の家で遊んだり、S子が家に来たりもしていた。
小学校低学年まではお互いよく喋ったりして仲が良かったと思うのだが、小学校高学年になった頃からS子は、突然自分の事を「ぼく」と喋るようになった。

S子の親も頻繁に注意をしていたのだが、結局中学に入っても自分のことを「ぼく」と喋っていた。
どうやらS子の好きなアニメか漫画のキャラの影響らしいのだが、俺はそれが本当に気持ち悪かった。

中学に入学する頃にはすっかりS子とも話さなくなっていた。
S子は「ぼく」と喋り始めてから周りからオタク扱いされていたからだ。
しかし、S子の親はすでに親戚のおっちゃんおばちゃん感覚だったから、家が隣同士なのもそうだけど、完全に関係は切れたって訳じゃなかった。

中3の冬休みの頃だった。当時受験勉強が追い込みの段階だった俺は、ストレスが物凄く溜まっていた。
そして大晦日の日、S子の家族と俺の両親とでS子の家で忘年会と新年会を合わせたような会が毎年恒例のように行われていた。
小学生の頃までは参加していたが、思春期だったのとS子と関わりたくなかったから、俺は友達と神社に初詣に行っていた。
初詣が終わって友達と駄弁ってから2時間くらいで自宅へ帰った。
家に着くと隣からうちの親父の笑い声が聞こえてきたので、まだS子の家でのドンチャン騒ぎは終わってないようだった。

玄関を開けて中に入ると見慣れない靴があった。
少し不思議に思ったが、夜中にガキ使の罰ゲームの再放送が放送されるから急いで自分の部屋に向かった。
自分の部屋のドアを開けると、そこにはS子がいた。
俺「何やってんの?」
S子「ごめん。家ウルサイからおばちゃんが上がらしてくれて・・」
事情は大体分かったがS子が勝手に俺の部屋にいて、勝手に漫画とかを出して読んでる事に腹がたった。

思春期真っ只中の中坊の部屋には見つかりたくない物は2、3個はあるだろう。
俺「だからって俺の部屋には入んなよ」
S子「ごめん・・」
ちょっと口調を強めに言ったら流石にS子も俯いてしまった。
気まづくて部屋を出たいのだが、見つかってはならない物を隠し直さないといけないから、S子に見られない様にベットの下のエロ本を取り出そうとした。
S子「ごめん・・落ちてたからさ・・」
S子は座っていた座椅子の横から俺のエロ本を取り出した。

俺は頭が真っ白になった。今考えればたいした事じゃないけど、中坊男子のエロ本を発見される行為は並々ならぬ羞恥である事に間違いはない。
しかし、ベットの下に隠してあった物がそこいらに落ちるはずもなく、どうやらS子が物色して探し当てたに違いなかった。
俺「お前絶対物色してただろ?泥棒やろう」
俺はS子が勝手に人の部屋を物色してた事にそ相当ムカついていたからこの事をS子の両親に報告すると言った。
S子「ごめん!それだけはやめて!」
S子は親の名前が出た瞬間食い気味で迫ってきた。

俺はとっさに足でS子の肩を軽く小突こうと思ったのだが、体制を崩してS子の胸の当たりに当たってしまった。
とっても柔らかかった。S子は黙って胸を両手で覆った。
俺はその行動で勃起した。今までS子にそんな感情は沸いた事はなかったが、口調は気持ち悪いが顔はそこまで不細工ではないし、胸もそこそこあった。俺はストレスと欲情に歯止めが効かなくっていた。

俺「おじさん達に黙っててやるからヌいてくれよ?」
俺の発言にS子はビックリした顔をして俺を見ていた。
俺はスウェットとパンツを脱ぎ、ベッドに腰かけた。
S子「え・・・ぼくやった事ないんだけど・・」
俺「ぼくって言うな気持ちわりぃな!手で握って上下に動かすんだよ!」
S子は俺の命令にしたがってちんこを握りシゴキ始めた。
完全にS子見下していた俺だったから、何ともいえない優越感に浸った。

俺「次はフェラしてくれ」
S子「ぼ・・・やり方わかんない」
一瞬「ぼく」と言いかけたが怒られると思ったのかやめた。
当時俺もフェラを教える技量なんてないから、ちんこを咥えて上下に動かせとだけ命じた。
S子は少し躊躇していたが、一気にちんこを咥えて上下に動かしてきた。
思いっきり歯を立てられて動かされたので痛かった。
しかしこれがフェラなんだと思ったから、
俺「もう咥えなくていいから舌だけで舐めて」
S子はちんこを口から出すと、まるでアイスを舐めるかのように俺のちんこをベチャベチャと舐め回してきた。

俺は5、6分で射精した。S子の顔に顔射したのだ。
S子はティッシュで俺の精子を拭いた。
だけど俺はまだ興奮していていたから、S子の着ていたパーカーとスポーツブラを外してS子の胸にむしゃぶりついた。
S子も気持ちよかったのか、俺にしがみついてきた。
暫くS子の乳首を舐めていたら再び勃起してきたので、S子に再び舌だけでちんこを舐め回してもらった。

結局その日、3回もS子に射精させてもらった。
当時の俺はS子に対して罪悪感のひとかけらも持っておらず、いい下処理係が出来たと思っていた。
それからほぼ毎日といっていいくらいにS子に手コキやフェラをさせた。
お互いの家や裏庭とかで。
高校入学した時には、初めてS子に挿入してお互い童貞、処女は卒業した。

この頃少し俺はS子に対して愛着が沸いてきていたので、「付き合うか?」とS子に言うと、嬉しそうに頷いていた。
S子は高校の最初の方まで「ぼく」って喋っていたが、俺がHの最中に怒るからと、高校卒業の頃には「私」になっていた。
S子は去年俺の妻になったのだが、Hする時に
俺「ぼくって言って!」と頼んでも嫌がって言ってくれなくなってしまった。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. マミタス より:

    最後ええ話やないか

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1442記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。