エッチ体験談が10000話を突破しました。

初体験は先輩と…わしわししちゃうぞ!

じんじゃーさんから投稿頂いた「初体験は先輩と」。

それは、中1の冬。僕には、中2で仲良くしてくれる、めちゃくちゃかわいい先輩がいました。
ある日の帰り、たまたま一緒になってお互いに好きなアニメの話題で盛り上がっていました。そのアニメには、別のキャラの胸を揉みまくっているキャラがいました。(揉む動作はわしわしMAXと呼ばれてますww)

そのキャラについて話していたとき、彼女はふざけたことを言ったので、ふざけて「わしわししちゃうぞ!」なんて、適当な事を言いました。すると「え?いいよ?したい?」と、意外にも積極的な回答。
「でも、ここではまずいから」と家まで連れていってくれました。

開始。僕は、速攻で彼女の胸を揉みました。激しく。ある程度のタイミングで、上裸にし、さらに揉みました。「あっ//…」はじめてそんなHな声を聞いたのは乳首に触れたとき。スイッチ全開。ぺニスビンビン。胸を片手で揉みつつ、もう片手をパンツの中へ…。「ひゃあ!」流石にビックリした様子でしたが、すぐに受け入れてくれました。

もうすでに、おまんこの中はぐっしょりでした。クリを片手で弄りつつ乳首を嘗める。「やっ//あぁあ//いい!!!」まるでAVのような声が僕の耳に届く。僕は我慢出来なくなって、「入れたい」と言いました。すると「良いけど、優しくして」と言われました。すぐに体制を変え、正常位で挿入しました。初めての感覚。

未体験の気持ちよさでした。彼女はしばらく痛がっていたようでしたが、しばらくすると「動いて…お願い。」とせがんできました。僕はゆっくりと腰を動かしました。「あっ//あっ//」と、入れる度に聞こえる声は、とても官能的でした。彼女は全てを僕に任せていました。僕は、憧れだったバックに挑戦してみました。

個人的には、正常位よりも気持ちよかったです。突いていく度に速度を上げ、どんどん気持ちよくなります。「あぁ!//イクぅ!!イクぅ!!!!」彼女がそんな声を上げたとき、自分も、「あぁ//俺も!イクぅ!!!!」。彼女がイッた直後、ぺニスを抜き、お尻に発射。
彼女は、起き上がると、ディープキスをしてくれました。童貞を卒業した、幸せな夜でした。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!