スキー修学旅行で生徒の処女をいただいた

PR

スキー修学旅行で生徒の処女をいただいたエッチ体験談。

ちっちゃくて勝気そうな印象があった子だった。
当時のアイドル浅香唯に似ていたから、仮に唯としておこうか。

疲れたから寝ると言って、ダッシュでフロントを横切ってきたらしい。
ここは昔、乾燥室だったところで、暖房も入らずにすごく寒いが
とりあえず話をするスペースくらいはあった。

離れの電気をつける前にいきなりキスした。
キスをしながら強く抱きしめた。

小さい唯の腰を抱きかかえて、抱っこするようにしてキスした。
5分くらい抱き合っていたが、「話もしたい」と唯が言って俺は裸電球を点けた。

寒さのせいか唯の顔が真っ赤になっていた。
俺が両手で頬を包むと、すごく暖かかった。

話をしたのかどうなのか全く記憶にない。
いつの間にか抱き合うとまたキスをした。

「どんな味がする?」唯が耳元でささやいた。
「野沢菜」俺が言うと、唯は笑いながら俺の肩をばんばん叩いた。

俺は叩いている手を捕まえると、空いている手で
ピンクのウェアのファスナーを思いきり下げた。

そこには真っ白なアンダータートルが現れた。
こいつはまた新品を買ったのか?と俺が思うほど白く
同時に俺のリミッターもぷちんと外れてしまった。

部屋はとにかく寒かった。
俺は唯の脇の下に手を入れると「あったけー」と思いながら
感覚の戻った手で横から胸を触った。

「ちょっと・・・」唯が脇を閉じて防御しようとする。
俺は唇をふさぐと自分のジャケットも脱ぎ捨てて再び抱き合った。

「コーチ、寒いよ」唯が言ったが俺は構わず、
自分の脱いだジャケット(ハーフコート)をすのこの上に引くとゆっくりと唯を寝かせた。

俺は上半身裸になり唯の全身をさするように愛撫していたが
シャレにならないくらい寒かった。

服を脱がせるのが可愛そうだなと思いつつ、
アンダータートルの下から手を入れてブラジャーのホックを外した。
唯は目をギュッと閉じて全身を硬直させていた。

ブラジャーをシャツの下から取ると、俺は唯の乳首をつまんだ。
「あ・・・」唯が初めて声をあげた。
「手、冷たくない?」俺は聞いた。

唯が黙って首を横に振ったので、
俺は手の平で包む様に唯の胸をゆっくりとさすった。

俺はシャツも脱がせたらさすがに寒いだろうなと思いながら
どうしても見たかったので思いきってまくりあげた。

短い悲鳴をあげる唯。「電気消して」
俺が電気を消しに行こうとすると「寒いから離れないで」と言う。

仕方がないので明かりはこのままにして、寒くならない様に
わき腹や胸や首や背中のいろいろなところをさすったり舐めたりした。

「ん、ん、」という声が漏れ、
愛撫にも一定のリズムが出てきたところで
俺は唯のジーンズのホックを外して手を入れた。

手をねじ込んだまではいいが、そこから先に進むことができない
唯が両膝を上げてブロックしたからだ。

さらにジーンズの下には厚手のタイツのようなものを穿いており
俺の手は入り口でストップされた。

唯は上半身裸で、あお向けのまま膝を丸めている。
このままではらちが開かず、打つ手なしの俺は起きあがって
しばらくの間動かない唯を見つめていた。

すると、胸を隠すように自分の両手で抱えていた唯の肩が
ぷるぷると小さく震え出した。

それを見た瞬間、急激に俺の中で欲情が爆発した。
半ば強引に覆いかぶさると、柔道の寝技のように足をねじ込み、
空いた手でファスナーを下まで全開にする。
何か言おうとした唯の唇を唇でふさぐ。

タイツの淵から手を入れて一気に滑りこませた。
毛の感触があった。
ああ、唯でも陰毛は生えているんだなと妙に感心した。

それにしてもジーンズはなんでこんなに脱がしにくいんだろうか。

俺は唯の細い腰を背中から少し持ち上げ、
両手を使ってやっとの思いで膝までずりさげた。
アンダーシャツと同じ位真っ白のタイツがあらわになった。

タイツを脱がすのはジーンズの100倍は楽だった。
するっと下までおろすと、唯は再び膝を上げて隠そうとした。
ズボンもタイツも膝までずりおろしていたので今度はむしろ好都合だった。

俺は唯のスノトレを片足ずつ脱がせると、
ズボンとタイツを完全に脱がせた。

最後に一枚残ったのは、やはり純白の・・・と思ったら
意外とはき込んでるというか、
お気に入りらしきことが予想されるようなパンツだった。
そこには動物のマンガのようなイラストが描かれていた。

「ほら、形」
俺は意味不明なことを言い、唯の手をつかみながら股間のあたりをなでさせた。

そしていきなり手をウェアーの中に入れ、
生の状態のいきりたったチンポを触らせた。

唯は手のひらを突っ張って触れる面積を少なくしようと抵抗したが
、俺が手を離しても唯の手はそのままだった。

唯の冷たい手が俺のチンポに触れている。
「あったかい」と唯は言って、そろりそろりとなで始めた。

背中がすっかり冷たくなっていたので、
俺の腰に巻いていたウェアーを肩にかけてやった。
そしてそのまま電気を消した。

電気を消すと本当に真っ暗になり、
お互いに触れていないと10センチ先も分からないくらいだった。

唯は初めて自分から、俺の顔を両手で持って唇を押し付けてきた。
「すき、すき・・・」と言いながら唯が何度もキスしてきた。

唯を抱え上げると、再びすのこの上に寝かせた。
その後はお互いにむさぼるように抱き合った。

少しでも動きを止めると寒さが肌を突き刺してくる。
俺達は相手の体で少しでも暖かい部分を見つけようとまさぐりあった。

唯のパンツを一気に下ろした。もう膝でブロックはしなかった。
俺は唯の乳首を口に含みながら指で入り口付近をゆっくりとなでた。

数センチくらい指を入れてみると、濡れ方はそれほどでもなかったが
とてつもなく熱かった。

「んー、んー」と唯が苦しそうな声を出した。
少しでも1ヶ所に集中すると、肩や足がすごく冷たくなる。

手足を絡ませながら密着する部分をなるべく増やすのが
最も温まる方法だと俺達はわかり始めた。

足と足を絡ませて、髪や耳や背中をぐちゃぐちゃにいじった。

もう一度指の挿入を試みる。
中指の真中位までが熱いものに包まれた。

そのまま手のひらで陰部全体を揉むようにマッサージした。
痛くない?と聞くと、唯は俺が手を動かすリズムに合わせて
「んー、んー」と苦しそうに息を漏らすだけだった。

指を抜いて、中指と薬指の腹でクリトリスに当たる部分を押さえたとき、
初めて唯は「痛い」と言った。

俺は全身の密着が外れない様に注意しながら
中指1本の出し入れをゆっくり繰り返した。

内側が少し濡れてきたのか、内部での指の動きがやりやすくなった。
唯の手を俺の股間に導いた。

俺達はお互いの最も暖かい部分を、それぞれの方法で触り合った。

俺の我慢の限界が近づいてきた。
さっき電気を消す時にどこかに落としたコンドームを手探りで探す。

俺は片手と口で包みを破ると装着した。
唯に着けたことを分からせるために俺のチンポを握らせた。

俺は唯の足を持ち上げて太ももを両手で持つと、
正座して唯の入り口にあてがった。

そしてそのまま押しこもうとすると、唯の体がずるっと上に上がる。
さらに入れようとすると、また体が上にずれる。
まるでチンポの先で体を押しているようだ。

暗闇でわからなかったが、唯の頭がすのこから外れてゴツンと床に落ちた。

俺は慌てて体全体を下に下げると腰の辺りを押さえて再び挑戦をした。

カリの部分が丸ごと入った。
「あ、これちょっと痛い」と唯が言った。

理論的にはこれより先太くなることはないぞと言いたかったが
あまりに唯が苦しそうだったので、しばらくその状態で静止した。

「コーチ、本当に痛いです」と唯が言った。
俺に対して敬語を使うのははじめてじゃないだろうか。

俺はなぜかその言葉に興奮状態が倍化し、思いきって奥まで入れようと動いた。

通常は「ずぶり」とか「ぬるり」という感じで入っていくことが
その時点での拙い経験で分かっていたが、
この場合は、まさに押し込んで行くという感じだった。

キツイとか濡れているとかはあまり覚えていない。
ただ、ひたすら唯の中はマグマのように熱かった。
俺は唯がイタイイタイと叫ぶ中、10数往復した時点で放出した。

そこから先はあまり記憶にない。
唯は時間がない時間がないと言っており、
二人でゴムを隠していたティッシュを使って後始末をして急いで服を着た。

いよいよ帰るというときに唯が俺に聞いた。
「コーチ、これってセックスしちゃったってことになるの?」
俺がうなずいた瞬間に唯が泣き出した

0

他に読まれているエッチ体験談

  • 着替える従姉妹にからかわれた 着替える従姉妹にからかわれたエッチ体験談。 ここ見ていて僕の体験も書いてみる事にしました。 つまらなかったらすいません。 僕は21歳の学生で、2歳年上の従姉妹がいます。 顔は超美人とは言えないものの、昔からテニス […]
  • 団地妻3人と童貞喪失&SEX三昧の日々を送っていた もう、10年以上前の話です。 その頃僕は19歳でした。 ある日、車を車庫からバックで出していると、お向かいのご主人の車と接触してしまいました。 とりあえず車から降りて謝ったのですが、すごい剣幕で許してもらえず […]
  • 童貞なのに大学のアイドルとご主人様に気に入られて変態プレイさせられまくった 大学生の頃、友達?というか、ノートをコピーさせたりレポートかわりに書いてあげたりしてた、単に都合のいい男だっただけの関係の女の子がいた。 顔も可愛くて巨乳でムッチリした感じで大学でもモテモテだった。 もちろん彼 […]
  • すっかりフェラの虜…マンコより気持ちいい 初フェラの話です。俺は初エッチが遅くて、23歳の時だった。 彼女も処女だったので試行錯誤状態だったけどなんとか無事に筆おろしが完了し、それ以後もぎこちないながらも何度かエッチして、幸せでした。それはたしか5回目く […]
  • 自分以外の家族が近親相姦して彼女も寝取られた 僕は今年27になりました。 この話は、十年前の話です。 当時、僕の家は、父、姉、僕、弟、妹の五人家族でした。 その時、僕には付き合って2年になる彼女がいました。 或る日、僕は彼女とデートをしながら帰ろう […]
  • 修学旅行で乱交して初潮吹きしちゃってイキまくった 修学旅行で乱交して初潮吹きしちゃってイキまくったエッチ体験談。 里香は修学旅行で沖縄に行きました。大変でした。 2泊3日で民宿に泊まって海で遊ぶの。 海もすごい綺麗で […]
  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2462記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。