僕の成長を見守ってくれた人

PR

健二さんから投稿頂いた「僕の成長を見守ってくれた人」。

幼稚園の時から仲良しの女の子、真理ちゃんがいます。
我が家は、両親が共働きで真理ちゃんの母親が、二人を迎えに来るんです。
だから幼稚園の帰りには、真理ちゃんの家で二人で遊ぶ事の毎日でした。

真理ちゃんのお父さんは、会社の社長でいつも帰りが遅く寂しいから僕と真理ちゃんと母親の純子さんで、夕食まで食べて帰るくらいの毎日でした。

うちの母親真理ちゃんの母親と親友だから、僕を凄くかわいがつてくれたんですよ。
真理ちゃんの家では、夕食の前にお風呂に入るんです。

最初は、僕は待っていたんですけれども、夏場の時に母純子さんが、気づいたんです。
「健二君は、お風呂毎日入っていますか?」って聞かれました。
「いつものお風呂屋さんが、改装中で休みだから、入ってない。
今日は、お父さんと隣町のお風呂屋にと行くよ。」って答えました。
「じゃあ一緒に入りましょうね?」って誘われました。

真理ちゃんが、僕の手をひいてお風呂に案内してくれました。
まあ小さな時には、母親と一緒に女湯に入っていましたから、抵抗はなかった。
真理ちゃんの母親純子さんは、僕の全身を洗ってくれると、最後には、おちんちんに「チュ」ってキスしたり、「モグモグ」って食べたりするんです。

子供ながら、凄く気持ちが良かった思い出があります。
しかし小学生になると照れてしまうんですよ( o´ェ`o)
真理ちゃんも僕も、かなり学校の成績は良かったんです。
僕が、生徒会長で、真理ちゃんは、副会長だから、引き続き夕方は真理ちゃんの家です。
この頃から、真理ちゃんの身体に変化が現れました。
胸が、かなり膨らむし、まんこの毛も生えてきていました。
僕は、まだツルツルで毛はない。さすがに小学生高学年だからね?

真理ちゃんと一緒は、照れるんですけれども、真理ちゃんは、あっけらかんと僕の手をひいてお風呂に誘うんですよ?
この頃には、お互いの身体を洗ってあげる様になっていました?
「健ちゃん早く入ってきてよ?のぼせるよ?」って誘うから、入って洗ってあげました。
「じゃあ健ちゃんを洗ってあげるね??」って言われた。
「あっ、まだ寒いから自分で洗うから大丈夫だよ?」って湯船から出なかった。
真理ちゃんは、「髪をドライヤーで乾かすから、先にあがるね。」って先に出るんです。
ふう( o´ェ`o)危ない所だったよ。

僕は、真理ちゃんの裸に勃起してしまったんですよ( ´-`)
と安心していました。
「バタン」って純子さんが、入ってきましたよ。
幼い子供の時は、全然感じなかったけれども、母親の大きなおっぱいやスラリと均等な身体は、年頃の僕にはたまらないんです。ますます湯船から、出れない。
「健ちゃん大丈夫?顔が、真っ赤よ?のぼせるよ?」って手をひかれました。
「あっ?駄目です?」って嫌がる僕を「ひょい」って抱き上げられました。
勃起しておちんちんを母親に見られてしまった。

「あら?健ちゃんも、成長しましたね?」っておちんちんにキスされて、モグモグと食べられました。
「あっ?オシッコが?」って言いました。
「出して良いよ?」って言われた。
「ピユーウ」っておちんちんからなにやらが出ました。
さらにお尻を押さえつけて、おちんちんをモグモグとぐいーいって吸われました。金たまも、もみもみされた。
またしてもおちんちんから、オシッコが出ました。

初めてのフラチオを意識しての射精を幼なじみの純子の口に大量に放出してしまったんです。
純子さんは、ゴクリって僕の精子を飲み干して、口の回りの精子も手ですくつて舐めていました。
「健ちゃんは、たくましい男の子に成長しましたね。」って頭を撫で撫でされた。
純子さんに抱きついて、何故だが涙が溢れてきました。
「大丈夫よ?男の子はみんな経験する事ですよ。」ってニコニコしていました。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1275記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。