どこまでが変態?…二人で楽しいことしましょうよ

PR

エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「どこまでが変態?」。

「二人で楽しいことしましょうよ?」のお誘いされた話。
エッチなblogの管理人をやってると面白いことが沢山有りました。某大手のblogに、沢山のエッチなグループが有り、そこで仲良くなった女性を中心にエッチなグループを立ち上げ、管理人になりました。沢山の仲間を増やしたくて、それぞれのグループに入ってる女性にメッセージを送り、新しいグループに誘いました。

すると中の1人の女性が、返信が来てビックリしました。「みんなと遊ぶより2人で遊びませんか?」最初は絶対に冗談と思いますよね?業者か悪ふざけしてる奴だなと。しかし彼女のblogを読んでると、いたって普通の36歳の独身女性、しかも仕事が私と同じ業種なもんだから、変な女性出はないことが判明。

メッセージをやり取りすると、相当にエッチがお好きな女性と判明!仕事の業種が同じと言う親近感も有り、一気に距離が縮まる。彼女のボールペンオナニーの動画を何通も貰ったり、電話エッチも当たり前、お互いの留守電にエッチなコメント吹き込んで興奮したりと、毎日がエッチの固まりでした。

そして私が遂に彼女の元へ会いに行くかことになりました。モーテルに入り、私好みのムチムチな身体を堪能しました。彼女は今までバックしか逝ったことがないとの事でしたが、騎上位をさせ、激しく下から突き上げると初めて逝ったらしく「バック以外でも私逝けるんだー」と感激してました。

その後は彼女のお好きなバックで攻めてると「ねぇお尻を叩いて?」とのリクエストが!私は叩くプレイは経験なかったので初めは軽くペンペンと叩いてましたが彼女が「もっと強く~?」と願うのでパシンパシンとお尻が赤くなるほど叩きました。

彼女からはオエツの様な快感の声が漏れていました。ヴァギナに挿入しながらも指でアナルに刺激を与えると「何?何?何?」と初めての刺激に驚き次はそれが喘ぎ声に変わりました。彼女はアナルバージンだった様です。

指でアナルの拡張がある程度済んだら、ゆっくりとベニすを挿入。彼女からはなんとも言えない吐息が漏れました。「なんかへん?なんかへん?」と彼女が悶えるので、いま、てんてんがアナルに入ってるんだよ、と教えると、ビックリしながらも、「いいわ~」を連発しておりました。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. ゆうすけ より:

    こんにちは
    どこのブログでしょうか?
    覗いてみたいです。

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1275記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。