近所の若奥様とこんなことになるなんて

PR

ヒロさんから投稿頂いた「近所の若奥様とこんなことになるなんて」。

数年前の話です。小学校の役員の関係で、持ち回りで一週間は横断歩道を渡る小学生を見守る期間がありました。
前日に、その時に使う黄色い旗や小学校のロゴ入りの上着等を借りに、ご近所の小林さん宅へ行きました。

すると班長のご主人が応対してくれて、初めての私に詳しく手ほどきをしてくれていると、ご主人の後ろから奥様が話しかけて来ました。

『明日から一週間よろしくお願いしますね』と。
私はご主人と見守り隊をやると思っていたので
『優しそうなご主人となんで安心してます』と答えたらご主人が
『いやぁ私じゃなくて家内がやるんですよ』と。
『あ!そうだったんですね!ではよろしくです。』なんて軽く挨拶をした。

うちの奥さんは小林夫婦には会ったことがあるようだったが、私は初対面。

次の日の朝、7時に近所の大通りで集合し、とある交差点の横断歩道を奥さんと私の二人で見る事に。

その日は何事もなく終わり、お疲れ様でした!と言った後、私に奥さんは何か喋りかけようとしていたが、私は朝食を買いに近くのコンビニまで行きたかったのです。
それが奥さんの家と反対方向だったので
『コンビニに朝飯買いに行くので、すいませんがここで……』とペコッと会釈だけして別れました。

二日目
同じように見守り隊は終わり、同じようにその場で別れ、コンビニに。

三日目
朝集合した時、奥さんがニットのワンピを着ていて、凄く可愛くてドキドキして直視出来ないでいると
見守り隊が終わったときに
『また今日もコンビニですか?』と言われ
『ですね』と照れながら答えると
『実は朝食作ったら多すぎたのでウチで食べません?』と誘って頂けました。

奥さんの家に着くと、ご主人の車がちょうど出ていく時で
『いってらっしゃい』と二人で見送りました。
この時、あ…二人なんだ……とちょっと意識してしまったのは事実。

家に上がり、ダイニングテーブルに座っていると、一旦部屋に行った奥さんはすぐに出て来て、手際良く朝食を用意してくれました。

とても美味しく、旨い旨いと食べていると、ニコニコしながらこっちを見てる奥さん。
『コンビニのオニギリと比べられてもねぇ~』なんて、ちょっと小悪魔っぽい表情もまたかわいい。

食べ終わっても少し世間話をし、出勤の時間が迫って来ていたのでその日は帰りました。

四日目
同じように『今日も朝食あるよ』って誘って頂けたので、図々しくもまたお邪魔することに。
また同じタイミングでご主人を見送り、またダイニングテーブルで待っていると、奥さんは今日は少し長い時間部屋から出て来ません。
すると、昨日のニットのワンピを着て登場しました。
『あれ?それ昨日の……』
『そう!ニットのワンピ好きって、昨日誉めてくれたじゃん♪』と、クルッと回ってエヘヘと無邪気に笑っていました。

もう俺はドキドキして味なんてわからない感じで食べてると
『あれ?美味しくなかった?』なんて悲しそうな顔をするので、取り繕うように
『いやいや、めっちゃ美味いって!』とごまかしました。

そんな内に食べ終わり、今日の出勤時間を聞かれましたが、その日は休みだったので、昨日より多く話せるなぁって伝えると、奥さんは明らかに喜んだ表情を見せ、隣に座ってきました。

私がビックリしてドキドキが止まらない表情を見抜かれたのか
『変な事想像しちゃダメだぞー?』と、脇腹をツンツンされ
『してないしてない』と言いつつ奥さんをよーく見ると、昨日より明らかに胸が小さい気がしました。
微かにポッチもあるような……
きっとノーブラです。

視線に気付いたのか
『やっぱり男の人は巨乳がいいのかぁ……』と自分でギュッと胸を掴んで悲しげな表情をしていたので、本心で私は微乳好きだと伝えると
『フォローがうまいねぇ……』とまだ寂しげ。
大きさより、感度がいいのが何より好きな事を伝えると
『感度がいいって、どっからがいいとか基準ないじゃん。私感度がいいのかわかんない』と。
『ねぇ、確かめてみて!』と手を掴まれ胸に当てられました。

触った感触で、やはりノーブラ。
ニットの上から乳首の周りを優しくサワサワ
脇の下の方から下乳をなぞるように触り、そのまま谷間を上に通過し、上乳をなぞるように脇の下に戻る
スピードや強さを変えつつ、ちょっと乳首に近いところを通ったりしていると
『あっ…はぁん…ハウッ』と体をビクッてさせたりクネクネ動いたりしていたので
耳元で『感度、凄いじゃん』と言うと、その言葉で『あぁぁぁんッ』とビクビク!っと大きく体が波打ちました。

『ハァハァ…ねぇ……乳首…乳首……もう触って…』とおねだりされたので、乳首を軽くキュッと摘まむと、体がビクゥン!と激しく揺れ、椅子からずるっと落ちてしまいました。

慌てて抱き抱えてソファーへ寝かせ、両手で胸を揉み、揉みながら人差し指で乳首の先っぽをツンツン。

『あぁ…ダメ……それいい……』と、もう腰のクネクネが止まらない様子。
チラッと下を見ると、腰をクネクネしていたので、ワンピがめくれ上がりパンツがギリギリ見えるか見えないかくらいに。
片手で胸を愛撫しつつ、内モモをツツツ…と触ると、より大きい声で喘いで身体のビクンビクンが止まらない。
内モモの膝側から、どんどん上にツツツ…と触ると、自然と脚が開いて行きました。
同時にワンピが完全にめくれ上がると、下もノーパンだった事がわかり、しかも毛がありません。
『!!!!』
私は声に出ない驚きと、込み上げてくるムラムラを抑え切れず奥さんの上に被さり、激しいキスをしました。

『ングング……もっと……もっとチューしてぇ』と両手で首に手を回され、ずっとディープなキスをしながら、胸の愛撫を続けていると急に
『ングゥゥゥーーーー!』と今までに無いくらい激しくのけ反り、下の方で何か水っぽいの音がしました。

そう、乳首だけで潮を吹いたのです。

もう、完全に興奮状態の俺は、急いで全裸になり、いきり立ったイチモツを奥さんの顔の前に出すと
『あぁ……』と、とろけるような表情でイチモツを掴み口に含みます。

『おっきぃ…こんなの……口に入らないよぉ』と、少し苦しげに無我夢中でしゃぶりついてきました。
もう、私はSっ気を抑えられなくなり、頭を掴んで腰を少し振りました。

『ングッッ…ゲホッ……』と、本当に苦しそうな表情がたまらなく興奮します。
まだ腰を振りつつ、クリに手を伸ばして中指で優しく触ると
『ングゥゥゥゥゥゥ』と叫ぶような喘ぎ声と同時にまた潮を吹いたんです。

『ねぇ……お願いします。このおっきいチンチンを入れてください…』と見上げでオネダリをしてきたので、ソファーの背もたれに手をつかせ、四つん這いの状態でこちらにお尻を突き出させると

『ここに……ここに……はやくぅ』と、自分でおまんこを広げてます。
私は、亀頭でおまんこを縦になぞり、亀頭をいやらしい汁でヌルヌルにしました。

『ここに欲しいんだ?やらしいねぇ』なんて少しいじめると、その言葉でも感じていて、体がビクン。

いざ、亀頭を当てがい、グッと入れようとすると、奥さんの体が前に動いて入りません。
『おっきいからゆっくり…お願い……』
私が出会った中でも初めてと思うくらいおまんこは狭く、ゆっくりゆっくり押し込むように挿入していきます。
イチモツにまとわりつくような中のヒダヒダがなんとも言えない。

『あっ…あん…すっ……ごい……おっ……きいいい』
『まだ半分だよ?ほら!』
『あぁぁぁん!すごぉぉぉぉい』
『根元まで欲しいのか?』
『ね、根元まで…根元までぇぇぇぇおねがぁぁぁい』
まだ全部入っていないのに、ブシャブシャと音を立てて潮を吹き、ガクッと崩れ落ちる奥さん。

『逝ったのか?まだ根元まで入ってないぞ?』
『ハァハァ…逝っちゃっ…凄いおっきぃよぉ……こんなの……したことない……』
『お望み通り根元までな!』
ここで一気にズン!っと突き刺すと、悲鳴に近い喘ぎ声をあげ、また逝ってしまいました。
奥は子宮がコリコリしていて亀頭に当たると何とも気持ちがいい。

最初はストロークを大きくゆっくりピストン。
少しずつ奥に奥にをメインに突いて行くと、もう何回逝ったかわからないくらい奥さんは感じています。

正常位に変え挿入するとき、入る瞬間をマジマジと奥さんは見ていて、実況し始めました。
『あ……すっごい太いのが……おまんこに……アッ…かったぁい……あぁ……カチカチでぶっといちんこがぁ……あぁぁぁぁ』
また、まだ途中なのに潮を吹いて逝ってます。
もう半分放心状態の奥さんの顔を掴み、ディープキスをしながら根元まで差し込むと、また絶叫。

『おかしくなっちゃう、おかしくなっちゃうぅぅぅ!』
『おかしくなりたいんだろ?これがいいんだろ?』
『お願い、もっとめちゃめちゃにしてぇぇぇぇもっとぉぉぉぉ』
『壊してやるよ、ほらほらほら』
『あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ』

もう、興奮はMAX。
目一杯に腰を動かし、パンパンと音が響く程に打ち付け、同時に乳首を摘まみながらピストンし

『うぅ……も、もう出る!』
『口に……口にほしい……』
もう、グッタリして蚊の泣くような声になっている奥さんからのオネダリだったので、逝く寸前で抜き、顔に掛けようとすると
抜いた時に今までより凄い量の潮がブッシャァァァァと出て、奥さんの顔にまで掛かりました。

その変態な顔を見下ろしながら、顔の目の前でイチモツをシゴき、舌をだらぁんと出した口にザーメンをぶちまけました。

自分でも久しぶりに見る位の量が出て、奥さんの口に溜まります。

『グフッ………ゴックン』
精子を飲み干した奥さんは、まるで死んだかのように大の字でグッタリ

俺はその姿を見下ろしていると
『シャ…ワー……使っても……いいよ……』と言われたので、お風呂を借りてシャワーを浴びました。

あがってリビングに行くと、まだあのままの姿の奥さんがいます。
シャワーに入るように促すと、またイチモツを握られ、しゃぶられ、2回戦に入ってしまいました。

今度は余裕もあるので、立ちバック・駅弁・対面座位・内面騎乗位など、体位をどんどん変えて、奥さんを突きまくりました。
どの体位でも潮を吹いて逝きまくり、最後はバックでお尻に放出しました。

精子を拭き取ってあげると、気を失ったかのように動かないので、寝室にあった毛布を掛けてあげて、私は身支度をして家に帰りました。

昼すぎに奥さんからLINEが入り
『あんなの初めてで、まだ疼いてるよ…… ねぇまたいつかしてくれる?』なんて言われたので、すぐに奥さんちまで飛んで行きました。

それからは……

今でも色んな体位や変態プレイを楽しんでいます。
スカトロ意外の事はもう全てやり尽くしたくらいです。
体の相性がこんなに合う人がいるなんて……

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. ポチ君 より:

    生で外だしするなら、ピル飲ませて中田氏しなくちゃ(笑)

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1355記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。