太いペニスと処女の膣

PR

おーちゃんさんから投稿頂いた「太いペニスと処女の膣」。

私の太いペニスは、由美の膣口には大きすぎて、痛いのを我慢してもらうという程度では挿入できなかった。
そこで、由美が溢れるぐらい濡れるまで、乳首とクリトリスを愛撫してみることにする。

由美は私が公演するために訪れた札幌の音楽学校の生徒。
10歳以上も年下の彼女は、歌に対する思い入れが強く、人一倍練習熱心な生徒だった。

そういう娘は嫌いじゃないし、レッスン後も学校の先生や生徒さんたちとよく食事に出かけていた。
彼女は私に憧れに似た感情を持っていて、恋愛経験の浅いであろうことから、それを愛情と勘違いしていたようだ。
食事に行くようになって数回目からそれを感じた私は、由美を抱くチャンスを窺っていたが、東京と札幌ではなかなかその機会は訪れなかった。

ところが。。。

ある日、由美からのメールが。
「今度、東京に住む姉のところに遊びに行きます。時間があれば先生にも会いたい」
最終目的を隠しつつ、早速、ディズニーシーへのデートの約束を取り付けた。
デートでは、由美から手を握ってきたり、腕を組んできたり。由美の気持ちが私に向いているのがよくわかった。
ムラムラとした気持ちを抑えることができなくなったとき、帰りが遅くなった由美を心配したお姉さんから電話が。
この時は思いを達成できず、悶々としながらお姉さんの家に帰した。

次に札幌に行ったのは翌月の花火大会の日。私は花火がよく見える部屋を取り、由美を誘った。
窓辺に二人。
細くて背の低い由美とキスするには、うつむかれてては難しい。
”由美ちゃん”
顔を上げた由美を抱きしめると、優しくキスをした。そして背中に回した手に強く力を入れて
”由美ちゃんを抱きたい”
”先生。嬉しい。でも今日は心の準備ができていない”
”準備って??”
”ごめんなさい”
はぁぁ? なぜか由美は私を振り切るように部屋の隅に。

”どうした?”
”ごめんなさい。今日は帰ります。”
なんだっていうんだ?男の部屋までついて来て、セックスできませんだとぉぉ!
私はかなりムッとした態度で由美を帰した。
その夜は由美を無理やり犯す想像をして、オナニーをした。激しく興奮して、すぐ果ててしまった。

次に由美に会ったのは2週間後。
由美は私に会うのは嬉しくてしょうがないらしい。食事の最中も一人で喋りっぱなしだ。いや。これから起こることがわかっていて、自分を誤魔化しているのか?
食事の後、私の部屋に誘うとおとなしくついてきた。今回はちゃんと覚悟を決めてきているんだろう。そう思うと私のペニスは固くなってきた。
自慢のようだけれど、私のペニスは人並み以上に太い。長さは標準的だが、セックスの相手はフェラチオするのも苦労するほどだ。
由美はこの太さを受け入れられるのだろうか。きつい!大きい!でも気持ちイイ!といいながら快楽にのたうち回る由美を想うと、パンパンに張ったペニスは爆発しそうだった。

はやる気持ちを抑えられず、食事もそこそこに部屋に戻った。
そっと抱きしめると腕を回してきた。やっぱり今日はその気だ。
上を向かせてキスをした。柔らかい唇から微かな震えが伝わってくる。その唇を押しのけ、舌を入れていく
“くふぅ。んんっ。”
ぺちょっ。ちゅぅう。
由美の身体から力が抜けていく。そんな由美を強く抱き締め
“いいんだね。由美ちゃん”
“先生・・・。私、初めてなの”
ど、どっかーん!処女なのか?由美は処女だったのか!!

私のペニスで悦びの声をあげるのは、今日は無理なのか?
そもそもこの固くなって準備ができてるペニスは、処女の膣に入るのか?
これまでも処女に挿入するのは苦労してきたが、由美もなのか。
という思いが頭を駆け巡り、いらいらして
“それなら今日は入らないかもしれないよ!”
と冷たく言うと、
“黙っててごめんなさい”
“でも今日は先生と・・・”
由美。可愛いとこあるじゃない。
それなら頑張って挿入してみようか。

シャワーの後の由美を後ろから抱きしめてみる。小ぶりな乳房の感触が適度な弾力で伝わってくる。
バスタオルの上から乳首を探してもぞもぞしてると、
“あぁん・・”
??!!
こいつ、乳首が感じるんだ。そう考えると私の萎んだ仮性包茎のペニスは、被っている皮を押しのけ、ムクムクと起き上がってきた。
バスタオルをずらして乳首を露出させると、固くなった小ぶりのものがぷるんと出てきた。舌の先で擦りあげると
“あぁ・・い、いぃ。いやぁ”
処女とはいっても、身体はちゃんと反応してる。
これから挿入する部分はどうなっているのか。乳首を口に含みながら、クリトリスにタッチしてみると、若干盛り上がって湿ってきている。
“あぁ・・あぁうぅ”
ふふふふ。もしかしたらオナニーは経験済なのかもしれない。
”由美ちゃん。自分でする時はどこをいじるの?”
”そんなことしたことないです”
”そんなわけないだろ?こんなに感じてるし、膣の奥から愛液が溢れてるよ”
”い、いや。恥ずかしい。。”

ここまで濡れているのならもしかしたら私の太いペニスにも対応できるのかもしれない。上を向きつつあったペニスはこれから起こる快感に備えてがっちりと固さを増し始めた。
乳首を舐め上げていた舌をクリトリスに移動し、舌の裏で触れるように擦ると
”ああぁ~んっ!い、いぃぃっ”
”先生・・・。先生~っ!!”
少しづつ腰が浮いてきて、本気で感じているようだ。
さらにそっと膣口に指をあて、円を描くように愛撫を続けると、由美の愛液と私の唾液ですっかり膣はヌルヌルになってきた。挿入の時間が近づいてきたようだ。
初めて見るであろう男のペニスを由美の顔に近づける。
”由美ちゃん。見てごらん。これがいまから由美ちゃんのヌルヌルのおまんこの中に入っていくんだよ”
ペニスを由美に握らせる。由美は抵抗もせずに太い竿の部分を両手で支えると
”先生。すごい。固い”
”由美ちゃんに入っていくためにこんなに固くなっているんだからね”
”キスしてごらん”
由美はおそるおそる口をペニスに近づける。そして唇が亀頭に触れた。

”舌を出して舐めなさい”
小さい舌がおずおずと出てきて、尿道口を舐める
”そう。裏の方もちゃんとね”
そうして由美の頭を抑え、裏筋から根元のほうに押し付ける。
”袋も舐めて”
由美はおとなしく舐め続ける。そうすることが気に入られるために必要だと分かってるかのように。
ペニスが由美の唾液でぬらぬらしてきたところで、初フェラチオに挑戦してもらうことにした。
”由美ちゃん、じゃあ、全部口に入れてみようか”
由美の頭を亀頭の前に持ってきて、大きく口を開かせる。

”ほら。できるところまで入れてごらん”
思ったとおり初めてだ。歯が当たる。唇で挟むように歯が当たらないように、口の中に隙間ができないように、手ほどきする。
由美の口には太すぎるのか、張り裂けそうなぐらい口を開けている。
私は仰向けになって、由美を股の間に挟んで頭を掴んだまま、最高潮に勃起したペニスを口の中に押し込んだ
”ぐ、ぐふっ・・せ、先生・・”
苦しくなってペニスを口から出した由美だが、私は何も言わず頭をペニスに押し付け、再度口の中に挿入した。
そして今度は頭を上下に動かしながら
”頭をこういうふうに振って。口の中で舌でチンポを舐めて”
無理めの言葉にも 対応しようとする由美。そういうところがかわいい。
由美の両手はペニスを根元で頼りなくしごいている。そのソフトさが逆にエロさをそそる。
このまま続けて口の中に放出するのも気持ちいいのかもな、と考えていると、急に射精感が襲ってきた。

”由美ちゃん、そろそろこれを挿れてみようか”
先走り液が漏れてるペニスを由美の口から抜き取り、由美を仰向けに寝かせる。
そうそう。私のペニスは太いため、なかなか合うコンドームがないので、いつも生挿入だ。
もちろん、今回もそのつもりで用意していない。中だしは考えていないので、出すなら顔かヘソ。ま、処女だし、ヘソかな。最初の鼓動では顔まで飛んじゃうかもな。
そう思いながら由美の膣に手を這わせる。
”いいね~。由美ちゃん。フェラチオの最中も感じていたのかな?おまんこから愛液が流れ出て、お尻のほうまで垂れてきているよ。これだけ濡れていればこのちんぽも受け入れられるかな”
そうはいっても、処女にこのペニスは厳しいというのは経験済みだ。最初の一回で挿れられたことはない。

膣の緊張をほぐすため、両足を持ち上げて自分の足の上に乗せ、膣を顔に近づけると、舌先でまたクリトリスを、今度は速めに擦る
”いやっ。先生。恥ずかしいです”
”でも愛液がどんどん溢れているよ。恥ずかしいのも感じてしまうんだね”
”あっ。うぅぅ。い、いぃぃ”
”はぁぁ。ん、んっ”
舐め続けていると、由美のアナルが緩んできた。力が抜けて膣の奥も広がっているのだろう。そろそろ試す時だ

”由美ちゃん。挿れるよ”
由美の身体を下ろし、膝をたてさせ、上から覗き込んでみる
膣口に勃起した亀頭をあて、ぐっと押し込んでみる。と、きつい。
”い、痛ぃ”
小さい声で由美が言った。嫌がるとムッとされると思うのか、痛いのを我慢しているようだ。
亀頭をクリトリス、膣口、会陰部に擦りながら
”大丈夫だよ。最初はみんなそうだけど、すぐに由美ちゃんが快感に溺れるぐらい感じさせてあげるよ”
処女だろうがなんだろうが、私のペニスに魅入られてSEX好きになった女の子は何人もいる。由美もそのうちいいSEXフレンドになるだろう
由美の膣からは愛液が途切れない。これはいけるのではないか。
由美の肩を両手で抑え、ペニスの角度を膣の挿入方向に合わせると、ぐうっと由美に体重を載せてみた。
が、膣の入り口で亀頭がブロックされている。これでは挿れることはできない。

やむを得ない。前にも使った方法だが、処女膜を破ってしまう可能性があるけれども、指を挿入し、入口を広げる作戦にでた。
”ちょっときついね。指で広げるよ”
”え?先生??!”
足をM字に開かせ、陰唇を舐めながら、両方の人差し指を膣口に挿れてみる
”あ。あぁっ・・・うぅぅ”
由美は痛みと恥ずかしさで、手で顔を覆った。
指を横に広げていくが、ペニスを受け入れるまでの広がりを確保できない。
由美に力を抜くように言い、会陰部からアナルを舐める
”嫌ぁっ、先生、ダメぇ”
”あはぁぁう・・・い、あぁ・・”
痛みと快感の狭間で、由美は喘ぎ声を大きくあげた
そのとき、ぬるっと指が膣の中に入っていった。よし。これでもう一度チャレンジだな。

さっきと同じように由美の肩を抑えると、まずは体重を由美に預けた。
”ぐ、ふぅぅ”
90kgを支える38kgは辛いようだ。だがそのまま上からペニスを押し当てた
にゅるんんりゅる・・
亀頭の一部が入口を広げ、ぐわぁあっと締め付ける感触がきた。これはいける。
膝を腰の下に差し込み、さらにペニスを押し込んでいくと、
”あぁ~~っ!!!いっ!ああぁっ!!”
由美が眉をひそめ、痛みに耐える顔が強くなった。
ずりゅぅううっ
亀頭が通過すると、あとは全体を呑み込むだけだ
りゅりゅっ、にゅちゅぅぅ
由美の膣はかなりきつい。ペニスをしっかりと咥えて締め付けているのがわかる。

私のペニスは太さはかなりだが、長さは標準的だ。なので、由美の中には根元まで挿入でき、しっかりと収まっている
”う。先生・・”
”由美ちゃん、ちんぽが全部入ったよ。わかるかい?”
”は、はい”
”由美ちゃんの中はすごく気持ちがいいよ。ほら”
といって、ペニスに力を入れたり抜いたりして少し動かしてみる
”あ。う。うぅぅぅ”
やはり痛いのか、私にしっかり抱きついている
肩を抑えていた手を背中から腰に回し、ゆっくりと動かした
”あ。い、いたっ”
”少し我慢して”
ペニスに伝わる快感に耐えられなくなり、痛みを我慢させて動かし始めた。
由美の膣は少し下向きの挿入角度で、ペニスのカリが膣壁にズリズリと擦られる。

“由美ちゃん、由美ちゃん”
ズリゅっ、くちゅっ、ぐぢゅっ
思わず名前を呼びながら、ピストン動作に没頭してしまった。
“先生!先生!!あぁっ・・・あぁっ・・・うぅぅ”
由美も声をあげている。
この娘はいいタマだ。このペニスを離せなくなるまで育てないと。まずは、中イキを分からせることか・・
会うたび、毎回、この太いモノで擦り続けたら、何回目ぐらいでイってしまうのだろう。
そのためにはオナニーを習慣づけとかなければ。
SEXに溺れていく由美を想像しながら抽送を繰り返した。
ぐちゅっ、ぐちゅっ、ずりゅぅっ
“先生!!いぃっ!あはぁぁう・・・!!”
痛いのだろう。しかし、私の気持ち良さをわかって我慢しているのだろう。
“由美ちゃん、気持ちいいよ。由美ちゃんのおまんこ、すごくエッチな音たててるよ”
じゅっ、ぐじゅうっ、ちゅうっ、ぐちゅっ
“あはぁっ、はぁぁっ、あぁあん”
喘ぎ声も、男を興奮させるタイプだ。私一人で味わうのはもったいない。

しっかりこのペニスを咥え込むようになったら、ハプニングバーにデビューさせるのもいいな。
“そう。そのまま抱きついていなさい”
“うぐっ、ぁ、あはぁぁん、、ぅ、、”
これは調教にも向いているかもな。仕込むなら最初が大事か・・・。
由美を私好みに仕上げていく方法は・・・
と、考えているうち、さっきのフェラチオで襲ってきた射精感がまたせり上がってきた。

“由美ちゃん、これから精子をだすけど、由美ちゃんの血と愛液のついたちんぽを、口で受け止めなさい。ほら、口を開けて”
“い、ぃ、ぇえ・・”
肯定とも否定とも取れない喘ぎ声だが、フェラチオで憶えたペニスのサイズに口を開けはじめた。
“そうだね。そう”
そういいながら、可愛い唇にキスをしてやる。素直じゃないか。とことん仕込んでやる。
処女を奪い、これからの調教を思うと、達成感で快感がさらに高まってきた。
“それじゃ、出すよ”
ずるるぅぅっっ。
膣からペニスを引き抜き、由美の口元に持っていく。
ぬらぬらしたそれは、血と愛液でピンクに見える。

根元を手で押さえ、亀頭を由美の口に押し付けていくと、由美はそのまま大きく口を開け、ペニスを飲み込んでいった。
今度は歯もあたらない。ちゃんと舌も裏筋にあててチロチロ動かしているようだ。
“うっ。うぅっ”
思わず声がでて、圧倒的な開放感を感じた。
どくっっ、どくっっ、どく、どくっ・・・・・・・
全てを由美の口の中に出し切って、由美の頭を押さえつけ、射精後の余韻を楽しんだ後、ペニスを引き抜いた。
“さあ、由美ちゃん。口の中のものは全部飲み込みなさい”
ふふふ。どうするのかな。由美は。
これを飲めるようなら、最高のSEXフレンド、いや、ペットになるな。
“ん、むふっ。ぐっ”
由美はあわててティッシュをとり、そこに精液を吐きだした。
む。だめだったか。
“口の中が痺れます。ちょっとだけ飲んじゃいましたけど”
“そうか。最初からは難しかったかな。”
“挿入は毎回、生でするから、飲む練習しような”
“・・・あ、ちょ・・っと”
と由美が抵抗しようとしたので、ここは躾どこだと、
“なに?なんて?”
“ね。こういうのが大事なんだよ。言う通りにしような”
さ。これでわかる。由美の従順度が。

“・・・はぃ・・”
た。やった。「はい」だと。はは。俺のものだ。こいつは。
“さあ。ちんぽをきれいに舐めて”
今度はペニスを口元に持っていかなくても、顔を寄せてきた。
ペロペロ、、れろぺろ、、
“ちゃんと咥えなさい”
むぐっ。ずゅるっ。ちゅばっっ。ずにゅるっ。
太いペニスを咥えるためには大きく口を開くしかなく、涎を垂らしながら舐めている。
“うん。いい娘だ。きれいになったか?”
ペニスを口からだすと、トロンとした目の由美がいた。私とのSEXの現実を知って呆然としているのか。
“ほら。足を広げてお尻を上げてごらん”
由美はもう、私の言うことに忠実になろうとしているのか、両手で足を抱えて膣をこちらに向けた。
“由美ちゃんのおまんこもキレイにしてあげる”
べっとりと付いた血と愛液をティッシュで拭いてから、膣の周りから舌を這わせた。
“あはぁぁ。あっあっ。先生。。あぁぁあん。んんっ。”
クンニが気持ちいいのか、舐めているうちにまた愛液が溢れてきた。

“由美ちゃん、気持ちいいのか?感じているの?”
“あっあぁっ。はぃ・・。感じています”
“そうか。またここに太いちんぽを挿れてあげるからね”
“うっ。くくぁっ。ぁああぁ・・”
オナニーを習慣づけるには、クリトリスでのオルガスムスを覚えさせないとならない。
そうすれば中イキも達成できるだろう。
由美が声をあげている間は、テクニックを駆使して舐め上げてやるか。
れろれろちゅうぅっ・・・
私は舌と指で由美を攻め続けた。
しかしこの喘ぎ声は効くな。射精したばかりだというのに、またペニスがムズムズしてきた。
フェラチオさせたら挿入可能な固さに回復するかも。
クリトリスを舐めながら、少しずつ身体を回転させ、ペニスを由美の顔の前に持っていった。

もう由美はなにも言わなくても、ペニスを手に取り、口に含んだ。
まだ柔らかいままのペニスは、由美の口に飲み込まれた途端、ものすごい勢いで固さを取り戻していった。
“ぉぉ。由美ちゃん。いいよ。そのまま。気持ちイイよ”
くちゅっ、くちゅっ
男のペニスを舐めることで性的興奮を感じるのだろうう。由美は乳首を私のお腹に擦りつけてきた。
クリトリスをねぶっていた舌を激しく動かし、片手で乳首をつまんでやる。
“もごぅ。あふうっっ。いぃ。先生ぇ・・”
由美はペニスを口から出し、歓喜の声をあげた。乳首を弄られるのを待っていたのだ。しばらく乳首をいじめてやるか。
片方の乳首は乳輪ごと口に含んで舌で乳首の先を擦り、もう一方は少し強めにつまんでねじってやる。
“あはぁぁん。先生ぁあぁ・・いい。気持ち・・ぃ”
固くなったペニスは膣口とクリトリスにあててゆっくり動かす。溢れ出た愛液でぬるぬると擦れている。
“先生、先生ぇ・・んんっ・・あはぁあぁ”
由美は私の頭を抱え、乳首に押しつけながら喘いでいる。背中を反らせ快感に没頭しているようだ。
ヌルヌルのペニスが妙に気持ちいい。由美の背中に手を回し、乳首を舐めながらペニスの角度を調整した。

そして受け入れ態勢が整っている膣に、そのまま一気に奥のほうまで突入させた。
“あがっ!だぁ・・んんっ・・あぁぁはぁ、んんっ!”
“うわはぁ。き、きつい。由美ちゃんのおまんこ、ちんぽを締め付けるよ”
“だ、あはぁあ。せんせい。。先生ぇぇ”
“いいよ。いいよ。由美ちゃん”
ペニスを抜き差ししながら、乳首を歯で軽く挟み、舌で舐め回していく。
私のペニスはもうこれ以上固くならないぐらいにガチガチになり、由美の膣の中を責め立てる。
“せ、先生ぇえ。だめぇ。ぁあぁああ”
”由美ちゃん。膣の中が柔らかいよ。すごく気持ちがいい。ちんぽを受け入れてくれて嬉しいよ”
”ああぁ。あはぁぁ。ん”
まだ挿入による快楽は得られていないが、乳首やクリトリスが感じることはわかっているようだ。

痛みから逃れようとする由美の身体を両手で押さえ、さらに抽送を続けていく。
”由美ちゃん。これがちんぽだよ。入っているのがわかるだろ?”
”わかる・・わかります。。あ、いぃい・・”
きゅうぅっと締め付けが強くなり、由美が身体を反らしだした。
これは男を悦ばす身体だ。由美の体勢が変わったせいで、ペニスの刺激も強くなり、また射精感が襲ってきた。
今度こそ飲ませてやる。
”由美ちゃん。いきそうだよ。今度はちゃんと飲んでくれるね”
いやいやと首を振る由美に気づかないふりをして
”いいね。口の中に全部出すよ”
ぐっちゅぐっちゅ・・ぐにゅっぐにゅっ。。
太いペニスを咥えこんでいる由美の膣は、引き裂かれそうに広がっている。
亀頭から根元まで出し入れを繰り返し、最後を迎える直前には根元まで挿入したまま奥の方でぐりぐりと擦りつけた。
”ぐ、ぐっ、だ、あはぁあぁぁ”
由美が背中に回した手に力が入り、爪を立てている。

ずりゅっ、ずりゅっ、ちゅぷっ
もうだめだ。射精する!
ペニスを抜き、由美の口に押し込む。
”ほら、由美ちゃん。頭を動かして。ちんぽを気持ちよくさせて”
由美の頭を持って前後に動かす。
由美はペニスの根元に手を添え、しごきはじめた。これはいい。オナペットのようだ。
”うっ。でるよ、でるよ。ほら、ほら”
どくっどくどくっ、どっくどっく
2回目だというのに驚くほど長い射精だ。
ペニスを口から引き抜くと、由美の鼻をつまんだ。
今度は吐き出さないように、息を止める作戦だ。由美の手もペニスを掴んだまま離さない。
”さあ、精子を飲んでごらん。わかるよね”
ほとんど脅迫だ。しかし由美は目をつぶると、ゴクッと喉を鳴らし口の中のものを飲み込んだ。

”ん。む”
指で由美の口をこじ開け、中に何もないことを確認する。
”うん。いいね。それじゃあ、ちんぽをキレイにしてくれないか”
と、またペニスを由美の口に押し付ける。
ちゅぅぅっ。じゅるぅぅっ
お掃除フェラだ。くすぐったいが、舌を使い丁寧に舐める由美の顔がかわいい。
”由美ちゃん。由美ちゃんのおまんこもこの口も、このちんぽを受け入れたね”
由美はこくんとうなづきながら、舌で袋のほうまで舐めにかかる。
これからこいつを開発していくのが楽しみだ。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1196記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。