黄色いブラが透けていた企業面接

PR

山口沙織さんから投稿頂いた「黄色いブラが透けていた企業面接」。

山口沙織(23歳)といいます。バストはCカップです。
就活中、面接時に起きてしまった「3P体験」を打ち明けます。

大学3年の夏でした。就活中。ある広告代理店へと、面接に行った時のことです。
リクルートスーツを着用し、髪の毛も一つに縛り、典型的な就活生姿の私。
受付で挨拶をすますと、応接室に通されました。

面接官は2名。藤田さん(40代)と早川さん(20代)という方でした。
長テーブルをはさみ、向かい合うようにソファーに座り、面接が始まりました。

「暑かったでしょう。ま、冷えたお茶でもどうぞ」
「ありがとうございます」
「そんなに、かしこまらなくていい。気を使わず飲んでくれ」
「お言葉に甘えさせていただきます」

炎天下の中を歩いてきたので、正直、喉はカラカラでした。スーツジャケットの中は、かなり汗ばんでいました。
ごくごくっ。――生き返る~。助かったあ――

しかし、このお茶に強力な『媚薬』が入れられていることを、この時は知りませんでした。

「山口さんは、あれだね……芸能人の佐々木希に似てるね」
「そうですか?ありがとうございます。初めていわれました」
「素敵な方だ。では、面接を始めましょう」

そこからは、形式的な面接でした。藤田さんも早川さんも笑顔で、 和気あいあいとした空気でした。

ただ……藤田さんがチラチラと、私の膝や脚を見ていたことは気になっていました。

――内定のためだ。このくらいは仕方ないか――

「学生時代は、何か部活動はしていましたか?」
「はい、テニスをやっていました」
「ほう、私も昔やっていたんだよ」
藤田さんは嬉しそうです。
私の隣に移動してきました。

――ううっ、距離近いな――

「どれ。手のひらを見せてごらん」
「はい」
「おお、これは確かにテニス経験者の手だ」
藤田さんは私の手を握りしめます。
「筋肉もしなやかだねえ」
次に、私の二の腕を触りはじめました。
マッサージするように揉んできます。
私はほんの少しだけ、変な気持ちになりました。

「暑いだろうに。ジャケットを脱いだらどうだ」
「はっ、はあ……」
戸惑いましたが、ジャケットを脱ぐことにしました。エアコンが入っているとはいえ、確かに暑かったのです。
しかし、ジャケットを脱ぐと、あることに気づいてしまいました。

――やばい、ブラ透けてる――

汗ばんだせいで、白のブラウスにブラジャーのカップがくっきりと透けています。
黄色のブラジャーで、小さな花模様が刺繍(ししゅう)されているものです。

ブラウスには、色だけでなく、花模様もくっきり透けていました。
藤田さんも透けブラに気づいたのでしょう。彼の目は、私のブラを舐めるように見ています。

「山口さん」藤田さんが私を呼びます。
「……はい」
「あのお、もしうちの会社に合格した場合……」
「はい」
「イベントの時に着用するユニフォームがあるんだが、それの採寸、今しちゃっていいかな?」
「えっ、今?」

――やった。これは内定もらえるやつだ――
心の中でガッツポーズしました。

服の採寸が始まりました。藤田さんは巻き尺で、私の体の長さを計測していきます。腕の長さ、肩幅、背中の長さ。

すると、「ここも失礼するよ」と、藤田さんは巻き尺で、私のバストのサイズも計ってきました。
「え!?」抵抗しようと思いましたが、せっかく内定の道が見えてきたので、抵抗しませんでした。

――ガマンガマン。内定さえもらえばコッチのもんなだから――

藤田さんは私の胸に手を当ててきます。わざとらしく何度も。
「山口さん、何カップ?」
「……ええっと………Cです」
「ほう、Cカップねえ」

――こんなこと、面接で訊くのかな――

巻き尺を使って胸を擦ってきました。 スリスリ、スリスリ。
「う~ん、このままだと計りづらいなあ。本多さん、ちょっとブラウス脱いでくれないか」
「はい?」
「すぐ終わるからさ。さっさと終わらせよう。ね?」
「……は……はい」

――社会人はこういうものなのかな――

疑念を抱きつつも、ボタンを外し、ブラウスを脱ぎました。上半身はブラジャー1枚です。

「なかなか可愛い下着だね」
「あ……ありがとうございます」
「黄色の下着が好きなの?」
「は、はい、まあ」
「いつも?」
「いえ、普段は白とかピンクですかね」

――何の質問だよ。スケベおやじ――

「じゃあ、バンザイのポーズしてくれる?計りやすいから」
「……はあ」
言われるがままにバンザイします。
藤田さんは私の背後にまわり、ブラの上から、バストを計ります。
「81センチあるね」
「あ……はい」
「Dカップでもいけるんじゃないかな」
「どうでしょうか」
失礼するよ、と藤田さんは後ろから胸をわしづがみにしてきました。
両手で胸を揉んできました。
「えっ!ちょっと」
私は嫌がりました。
「これも採寸なんだよ。それにしてもいい胸だ。Cカップとは思えない」
「やめてください」
私は彼の手を抑えようとします。
が、まったく制することができません。
「いい胸してるじゃないか」
ブラの上から、こねるように胸を揉んできます。
いやらしく揉みます。不覚にも、私はだんだん感じてきました。なぜだか、身体が火照ってくる。
声が漏れそうになるのを我慢しました。何で今日はこんなにも感じやすいのか……。

「山口さん、じっとしてくれ」
私の手首は巻き尺で縛られました。両腕を封じられた私。

背後から胸を揉む藤田さん。
「早川。いつか下着メーカーからも、仕事の依頼がくるかもしれない」
「はい」正面でソファーに座る早川さんが返事をしました。
「いい広告を作るためにも、この下着をよく見ておきなさい」
「はい」
早川さんはじっくりと私の胸を見ます。いやらしい目つきをしています。
「お尻の採寸もしよう」
藤田さんはスカートの上から、ねちっこくお尻を撫でます。
「いい弾力だ」
「やめてくださいよ」
「採寸してるだけだから」
お尻を撫でる藤田さん。

こんなことをされてるのに、 私は少しずつ呼吸が荒くなっきました。なぜだろう、身体が芯から熱くなってきている。
パンティーの中に冷たいものを感じました。―――私、たぶん……濡れてるかも――

「スカートも脱いじゃおうか」
「え!?」
「しっかり採寸しないと申し訳ないからな」
藤田さんはスカートのファスナーを下ろし、そのまま脱がせました。
下半身は、パンティーとストッキング姿。
「おおっ、パンティーも黄色じゃないか。ついでにストッキングも取ってしまおう」
「やめてください。これ採寸じゃないですよね」
嫌がる台詞とは反対に、私の胸はドキドキしていました。
「ジタバタしないの」
藤田さんは私の肩を押さえつけます。

「早川っ、おい」
「はい」と、早川さんは身動きのとれない私に近づきました。
「山口さん、あまり動かないでくださいね」
早川さんはストッキングを脱がせます。その顔はニヤついています。
「やめてください」
心臓の鼓動がドクドクと速くなっていきます。
「綺麗な脚してますね~」
ストッキングを取られ、私は下着姿になってしまいました。
――恥ずかしい――

「山口さんは彼氏いるのかな?」
背後から藤田さんがささやきます。
「答えなさい」
「……いますが、それが何か?それより、もうやめてください」
「彼氏いるんだね。どんなふうにおっぱい揉まれてるの?こんなふうかな?」
ブラの上から激しく胸を揉んできます。
胸を揉みながら、耳を舐めてきました。
「あっ……」
――やばい、声でちゃう――

下では、早川がパンティーに顔を近づけてきました。
「あれ?山口さん。染みができてますよ?ここ。ほら」
自分でも濡れてることは分かっていました。
「これは確認しなきゃ」
「やだっ……」
早川は、人差し指と中指で、パンティーの割れ目を愛撫してきました。

「湿ってますよお、山口さん。どうしたんですか」
早川の指の圧が強くなっていきます。割れ目をしつこくイジってきます。
――気持ちいい――
「ん……はっ……はん」
吐息を漏らしてしまいました。
「パンティーの中、確認してみますね」
「やめてっ」
早川はパンティーをずらし、中指をオマンコに挿入してきました。
――あっ、あん――
「あれ?山口さん、びちょびちょに濡れてますよ。スケベなオマンコだ」
オマンコに入った指は激しく上下します。
ぐちょぐちょぐちょ……
ぐちょぐちょぐちょ……
「いやらしい音ですねえ山口さん」
私は必死に声を我慢します。
――声だけは出すものか――

それでも、早川の手マンはどんどん激しくなっていきます。
くちゃくちゃくちゃくちゃ……
くちゃくちゃくちゃくちゃ……
――やばい――
「ああっ、あああん……あっあっあん」
我慢の限界でした。
喘ぎ声がとまりません。
「声でてるじゃないですか。オマンコぐっちょりですよお。いやらしい就活生だ」
手マンをする早川はイジワルに責めてきます。
気持ちいいポイントを知り尽くしてるかのように。

背後からは乳揉みと耳舐め。
下からは激しい手マン。
「ああああーーーーーーあっあっん」
私は気持ちくて、立っているのがやっとでした。

「パンツ脱がしちゃいますね」
早川は私の黄色のパンティーをずりおろしていきます。
「やめて恥ずかしい」
「こんなに濡れてくるくせに?これ見てみな」
早川は、脱がせた私のパンティーをつかんで、クロッチ部分を見せつけきました。
ねっとりとした愛液が染み付いていました。
「見ないで……」
「スケベ就活生め。ほら、脚を広げなさい」
早川は力づくで、私の脚を広げさせます。
「もっと気持ちくしてあげるからな」

早川の人差し指と中指がオマンコに入ってきます。
Gスポットを的確に刺激する手マン。どんどん激しくなります。
「ああっああああっ、ああっあっんあっんあっん」
手マンの気持ちよさに我を忘れてしまいます。
手の動きがさらに加速した時、

ビシャーーーーーピュッピュッ

「うわぁ、シャワーみたいだ」
早川はにやけます。
私は潮をふいてしまいました。

頭が朦朧(もうろう)としています。

「スケベ就活生だ。おいおい、床を汚すなよ」
「……はぁ……はぁ」
「床を汚してごめんなさいは?」
「ご……ごめんな……さい」
私は完全に放心状態です。
――はぁはぁ……なんでこんなにも気持ちいいの――

私はソファーの上に寝かせられました。
「早川、お前から挿れてあげなさい」
「はい、ありがとうございます」
早川はスラックスと、トランクスを脱ぎました。
ギンギンに反り勃つチンコ。
――でかい――
早川は私の股を広げると、
ゆっくりチンコを挿入してきました。
「あっ……」
チンコが入ってきます。

――ううっ、おっきい――

奥まで入ると、早川は腰をふりはじめました。
「あっ、あっん、あん、あん」
――もうイッちゃうかも――
正常位でのピストン運動は続きます。
ソファーの音が軋みます。

「これも社会勉強だらかね」
私の黄色のブラジャーを剥ぎ取り、両乳を揉んできます。
私はもう全裸です。
「いいおっぱいしてるねえ」
Cカップの胸が上下に揺れます。

ペチャペチャペチャペチャ
「乳首も美味しいよ」
「あっ、あんあん」
「綺麗なピンクの乳首だねえ」
「あんあんあん、あんあんあん」
「オマンコもサイコーだ」
「あああああっ」
――ああ気持ちいい――

正常位でセックスをする横で、気配がしました。
藤田でした。
ボクサーパンツ1枚の格好です。
パンツからでも分かるくらい大きくなっています。
――あのオチンチンも欲しい――

「これは記念にしよう」
藤田は三脚を組み立て、ビデオカメラをセットしました。
「あっあん、……やめてください……あんあん……」
感じ過ぎて、うまく喋れません。

「早川、次は騎乗位にしなさい」
「はい」
次は、騎乗位でセックスに突入しました。
ソファーの上での騎乗位。
普段はしないセックスに、興奮はさらに高まります。
「いやしい腰つきだね」
「あん、あんあん、あっあん」
「ほら、もっと自分で腰動かして」
「あっあっあっあっ」
激しく上下に揺れる私。
――たまんない。カチカチのオチンチン、たまんない。早くもう一本も欲しい――

騎乗位の次はバックでした。
後ろから早川がチンコを挿入してきます。
「あっ……あん」
四つん這いの姿勢の前方には、藤田が仁王立ちしています。
パンツを脱ぐと、赤々と勃起したチンコが顔を見せました。

――でっかあ――

早川のよりも大きいなと思いました。
「ほら、しゃぶりなさい」
「はい」
お口いっぱいの勃起チンコ。
顔を動かして、フェラチオします。
「やらしいねえ山口さん」
薄気味悪い笑顔で、藤田は腰に手を当てています。
後ろからは早川のチンコ。
前からは藤田のチンコ。

――これが3Pかあ――

その思いが、快感を異常なまでに高めていきます。
「いいオマンコだ。あっイク、イキそうだ」
早川の腰の動きが速くなります。
「あっあっあっん、あああああっあんあん」
「イクぞ。いくいく」
「あああああっ」
「いくぅー……アアア!!」
「あんあんっ、ああああああああああああああああ」

早川は私のお尻の上に射精しました。
私も藤田のチンコをくわえたままイッてしまいました。

――ヤバイ……気持ちよすぎる―

早川がティッシュで精子を拭き取ると、
「次は私だな」
藤田がニヤつきました。
私の体を起こし、窓際まで連れていきました。
私はふらふらです。
ビデオカメラを持った早川がついてきます。
――えっ、何するの――

カーテンを閉めた藤田は
「外の景色を眺めなさい」
と、立ちバックの体勢で、チンコを挿入してきました。

「あ……あん」
チンコの大きさに、私は顔を歪めます。
「ほら、カーテンの隙間から顔をだして外を見なさい」
藤田は巨根をゆっくり出し入れします。

――おっ……おっきい――
あまりの大きさに、狂いそうでした。

「恥ずかしいか?」
「……はい」
「外では、みんな必死に働いてるんだぞ。それが、君って女は。昼間からこんなことをして」
「……ごめんなさい」

しだいにピストンは速くなります。
「うっ……あん、あん、……あっあっあっあっああん」
「オチンチンどうだ?」
「気持ちいい……です」
外には、通行人がたくさん歩いています。

「もっとオチンチンくださいは?」
「あっ……あん、もっと……オチンチンくだ……さい」
「もっと激しく突いてくださいは?」
「もっと……はげし、く、突いて……くだ……あっあっあんあんんん……さい」
「スケベな就活生さんだなあ」
――もうイキそう。壊れる――

「早川、ちゃんと撮れてるか?」
「はい、バッチりです」
セックスを撮影する早川は、いやらしく唇が曲がってます。

「ああん、ああん、ああん」
撮影されていることが、さらに私を淫らにします。
「あああああっ、あああああっ壊れるうううう、イキそう~」
絶叫です。
「ダメだぞ。まだイクな」
「イッちゃう、イッちゃう、あああああーーーーー」
「まだイクなっていってるんだよ」
「あああああっ……アアアアん」
私は頭が真っ白になり、
イッてしまいました。
もうぐったり……。

「まったくダメな女だな」
藤田は動きを止めました。
私の体を操作し、正座の体勢にさせました。

藤田は仁王立ちになり、
「ほら、私のもイカせなさい」
チンコを口にぶちこんできました。
お口マンコ。

彼はお口をオマンコのようにして、ピストンします。
「気持ちいいなあ。早川、私のスマホをとってくれ」
早川はスマホを藤田に手渡します。

「今夜はこの就活生でヌこうかな」
藤田は私のフェラチオを、スマホで撮影しはじめました。
「おいっ、手でしごきなさい」
「……はい」
私はお口でチンコの先っぽをくわえながら、手で竿をシゴキました。
「おおお……いいな……もっと激しくシゴいてくれ」
私は指示通りにします。激しく手コキを続けます。亀頭もチュパチュパいやらしく音を立てます。
「おっ、おおお」
藤田が感じてきました。

「彼氏にもこうやってしてあげてるのか?」
「……はい」
「真面目な顔して、やることはやってんなあ」
私はさらに激しく手コキをしました。
「うっ……ああ、ああ」
――変態オヤジめ、絶対イカせてやる――
「藤田さん、先っぽから、なんか出てるよ?」
我慢汁をつまんで、伸ばしり収縮して見せつけます。
――ジュパ。
私は唾液をだらーりと垂らします。チンコ全体になじませると、一気に高速で手コキを開始しました。

「おおおっ……気持ちいい、気持ちいい……あああああ」
手コキしながら、金玉を口で舐め舐めします。
「山口くん……そんなテクがあるのか……」
片方の手は、藤田の乳首をつまんでコリコリしてやりました
「ほっ……おおお、おおお」
乳首、チンコ、金玉――この三点責めに、藤田は喘いでいます。
「おおっ、あああああ、これはスゴい、スゴい、あああああっ。ダメだ、イキそうだ」
彼は腰を引きますが、私はスッポンのように離しません。

――イカせてやる――

手コキの速度をさらに速めます。
「あああああっ、あああああっ」
「ほら、早くイッちゃいなさいよ」
私はハスキーな声で責めたてます。
「ほらっ、イケイケ」
「あっ……あっ……あああああっイクっ、イクーー!」

ドピューーーッ

勢いよく精子が飛び出しました。すごい量です。私の胸にかかりました。裸体に精子がしたたれます。

「……はあはあ」
藤田は昇天し、膝をガクガク震えさせています。

チュッパチュッパ。

私はお掃除フェラをサービスしてあげました。
「あのお、藤田さん……内定くださいね」
藤田は、
「あ、ああ……」
脱け殻のような声で頷きました。

1週間後、内定の通知書がきました。もちろん処分しました。

後日知ったのは、その会社の担当採用は、媚薬を使った『就活生喰い』で有名だったそうです。
私の友人は、面接の途中で逃げ出したそうです。

ただ……、あの日の快感が、いまだに忘れられないのです。

彼氏とのセックスの時にも、藤田のチンコを思い出してしまいます。
「沙織、なんか最近感じやすくなったよな」
『そうかな?』
セックス中――
彼氏に腰を振られている時も、頭の中では、藤田の大きなチンコを想像しています。
「沙織のオマンコ気持ちいいよ。イクイク、イクよ」
『いっぱい出して』
「あああっーー!……イッちゃった。沙織も気持ち良かった?」
『うん、気持ち良かったよ。私もイッちゃった』
「愛してるよ、沙織」
『うん、私も』

(ごめんね、圭介。別にあなたでイッてるわけじゃないんだ、私)

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. R より:

    これは、読んだだけで興奮しました!

  2. 匿名 より:

    間違えていいねしちゃったんだけど、取り消せないのかな?

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1343記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。